書籍

現実とその他の虚実

幻惑と変性を混同するのは簡単である。両方の魔法の分野がそこにないものを創造しようとする。違いは自然の法則にある。幻惑はそれにとらわれないが、変性はとらわれる。ゆえに変性の方が弱い魔法であると示唆しているようだが、これは真実ではない。変性は誰の目にも明らかな現実を作り出す。幻惑による現実は術者と相手の心の中にしかない。

変性を習得するには、まず現実は虚実であるということを受け入れる。そのようなものは存在しない。我々の現実とは、より偉大な力が気晴らしに我々に押し付けた認識にすぎない。この力を神と呼ぶ者もいれば、神を越えたものだと言う者もいる。魔術師にとってはどうでもいいことだ。肝心なのは否定しようのない方法で表現された訴えだ。それは屈辱的にならずに執拗でなければならない。

変性呪文をかけることは、現実を放置するより要求どおり変えた方が楽であると、偉大な力を説得することである。この力に感情があると思ってはならない。我々の推測では、それは風や水のようなものだ。永続的だが思慮深くはない。風や水の管理と同じように、あからさまな抵抗よりも流用の方が簡単である。呪文を微妙な変化として表現すれば、成功の可能性は高まる。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました