書籍

さやの剥離について

さやの外皮からの剥離について

フェルヴィディウス・サルン大司教著

与えられたすべての陥凹、またはアービスの外皮内のさやは必然的にアービスに含まれるものの、正しき到達はさやが外皮から離れてよいか、ムネモリの召喚によって決定する。星の孤児との性交において、嘆願するアレスティックは思考の器官を裏返しにするが、これは横から見た円は塔であるという真実を概括するハーリングディスクの行使である。同様に、包んでいるさやを中庸なる夜明けにねじ込むと(17の数まで) 、悪い時間と場所に運ばれる。

もちろん、到達主義では回転する力が枯渇した場合は再吸収が予測されるが、継続時間の欠如が結末の仮定までをも放棄するかも知れない。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました