スポンサーリンク
書籍

定命の歌

書記フォルサルゴールと教師センデル・オマヴェルを見事に狩り、定命の言葉を学んだことで、新たな定命の概念を獲得した。それは定命の歌だ。

それは定命の者が彼らのみに分かる内なるリズムに合わせて、高低様々な音を生み出す奇妙な現象だ。音はどうやら定命の者が好む順序に並べられているようだ。その時、さらに学ばねばならないと悟った。

私はオーブを呼び出した。スヴァクハートという彼らの土地の北部に住まう定命の者を探すためだ。我が魔法と偵察によれば、歌作りで知られた者のようだった。ゆえに私は彼を追い、彼が寝ているうちに気づかれないよう、定命の者が定期的に飲む毒で酔わせた。

歌の知識が私の精神を駆け巡った。岩を飲み込む溶岩のように。音の流れ、様々なテンポ、その魅力に弱い獣を大人しくさせる効果など。歌は実にくだらないものと思えるが、ニルン中にあまねく漂っている。

定命の者は歌の作り手を尊敬し、名誉ある地位に置いている。だが、彼らに食物のため跪くことを強要してその社会的地位を低下させてもいる。こういった矛盾は、定命の者の暮らしの非論理性の好例だ。

さて、ドレモラを呼んで記述させよう。歌というものを試してみたい。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました