古遺物

マークマイアの古遺物

ナガの頭蓋骨の罠

タイプ:お宝
難易度:初級
手掛かり:最初から所持

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

何かの罠だな。
動物用か人間用かはわからない。
ナガだから後者だろう。
どうやらクロコダイルの頭蓋骨を作り直して、作動させた者の胴体に食いつかせたのか。
この大きさを見てくれ。
こんな大きさのクロコダイルを見たことはない。

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

私の記憶が正しければ絶滅種ね。
ヘルストローム・クロコダイルが絶滅したのは、第二帝国がブラックマーシュに進軍した直後の第一紀2828年。
「大炎上」と呼ばれる環境災害の間よ。
いなくなってよかった。
今のクロコダイルでも大きすぎるのに!

アマリエン
アマリエン

これほど長く残ったのは驚きね!
きっとデッドウォーター族の仕事よ。
死体の飾り付けと剥製に関して、ブラックマーシュで右に出る部族はいない。

族長の石のズル・ヴァート

タイプ:お宝
難易度:中級
手掛かり:ナガの頭蓋骨の罠を発掘

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

なんと美しい石彫だ!
アルゴアニンはあまり死にこだわらないが、墓標で死を記念することは好む。
トカゲの言葉ではこれをズル・ヴァートと言う。
アルゴアニンが死ぬと、一族の者が墓標を立てて追悼する。

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

レジナス、もう一歩だな。
アルゴアニンが墓標を作るのは、死者をボグブライトとして蘇らせないためだ。
だが注意すべきはそこだけじゃない。
面白いのは材質だ。
アルゴアニンが石を使うことはめったにない。
このズル・ヴァートは明らかに古代のものだ。

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

そう、アルゴアニンが数千年も前に石細工をやめていることが、この墓標をとても珍しいものにしているの。
どうやら昔も今も、アルゴアニンの埋葬の風習には似通ったところがあるようね。
本当に残念。
この考察を聞いても、アルゴアニンは肩をすくめるだけなんだから。

ヴァッカ・ボクの太陽の器

タイプ:お宝
難易度:上級
手掛かり:族長の石のズル・ヴァートを発掘

アマリエン
アマリエン

アーリエルにかけて、このクリスタルの器を見て!
輝きを湛えたカットのせいで見難いけど、太陽の光を集めているみたい。
目を細めないと見えない!
貴重な石でマグナスの力を使ったアルゴアニンの部族の伝説がある。
このまばゆさだけでも物語が本当だと思える。
ただ、器にしたのが信じられない。
武器でも宝石でも鎧でもなく、器よ。
きっと素晴らしいものを容れたのね。

マークマイアのアンティーク地図

タイプ:家具
難易度:初級
手掛かり:雑貨商人から購入

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

ここの岸は姿を変え続けるから、確かなことは言い難い。
でも、この地図はブラックマーシュの南のものだと思う。
特にマークマイアの辺りね。

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

そうだな、ヴェリダ。
そして、ここの岸と地形に関する意見も正しい。
ブラックローズ監獄とリルモスの場所を目印にしよう。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

ブラックマーシュの地図を正確に描くのはほぼ不可能に近い。
インペリアルの地図製作者に聞くといい。
この神に見捨てられた地から無事に戻れる者も少なく、戻った者は常に失望している。

ニッソの魂の番人

タイプ:家具
難易度:上級
手掛かり:マークマイアの全てのドロップ

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

アルゴアニンの遺物には果てしない魅力を感じる。
特に「石の巣」時代のものに。
これは器のように見える。
アルゴアニンが絡む時に憶測は禁物だ。
だが、これはヒストの樹液の儀式に使われたと十分に考えられる。

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

もう一度見ろ。
死刑執行人の斧を何度も見てきたから、古い血は見ればわかる。
アルゴアニンはシシスを崇拝する。
彼らはかつて闇に帰依した司祭の一団を擁していた。
ニッソと呼ばれる者たちだ。
これは彼らの見事な作品に見える。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

ブラックマーシュにしばらく行っていないようですね。
無の代弁者の伝統はかの地の南部と中部で今でも盛んです。
実際に会ったことだってあります。
愛想はよかったのですが…血の儀式をやりかねません。

姿なき者のお守り

タイプ:秘術装備〈ワイルドハントの指輪〉の欠片
難易度:熟練
手掛かり:洞窟のボス・ワールドボス

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

正直に言うわ…これが何なのかまったくわからない。
目を細めたら顔に見えなくもないけど、形が妙で金属が緑っぽいことを考慮すると、ワイルドハントの遺物と言えそうね。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

私の記憶が正しければ、ハントでは形のはっきりしない存在が出現するそうです。
ボズマーの歴史書によると、儀式で変身させられたウッドエルフは「偉大な苦悶する舌は、唇や歯に囚われない」そうです。
不気味ですね。

アマリエン
アマリエン

スポンサーリンク
星霜物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました