スポンサーリンク
書籍

ユーラクシア女王からの手紙

カルシヴィアス隊長、

今頃はホール・オブ・コロッサスの遺跡までたどり着いているものと思う。憤怒の石板が忌まわしい異母兄の手にある今、遺跡の場所を探すには他の手段に頼るしかない。幸運にも、我々はリンメン王宮の資源を自由に使うことができる。アブナーに先駆けて隠された場所を発見できたのもそのおかげだ。ここから、私がお前とチームのために用意した計画を厳密に、一点のずれもなく実行せねばならない。

正確な命令を繰り返しておこう。お前が戦場では即興を好むことを知っている。その誘惑に逆らって、言われた通りにやってもらいたい。

* 遺跡へ入れるようにしておき、アブナーの到着を待て。憤怒の石でホール・オブ・コロッサスに入る我が異母兄を誘い込め。

* アブナーが憤怒の石を遺跡の境目まで持ってくれば、悪魔の武器が入った宝物庫を開錠する仕掛けが作動するはずだ。

* その後は、アブナーや奴の同行者たちがどうなろうと構わぬ。とにかく宝物庫へ行き、邪魔な異母兄よりも先に武器を確保せよ。

私は石板の仕組みや古代の宝物庫が開くまでにかかる時間については、ごく表面的なことしか知らないことを覚えておけ。宝物庫が開いたら、最後のガーディアンのようなものがいて、戦う必要があるかもしれない。それまでに兵士や死霊術師を使い果たさないように。

お前が頼りだ、カルシヴィアス。私を失望させるな。

リンメン女王ユーラクシア

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました