書籍

グイレーンのドゥエマー建築

グイレーン・マリリー著

(編集部注: 以下はグイレーン・マリリーによる、後期ドゥエマー建築についての時代遅れではあるが楽しめるように書かれた論考である。進入路と防衛の第二帝国様式について説明した章と「4つの試練」の共通の公式な表現法について述べた章から引用されている。この本ではテルヴァンニが4つの試練の表現技法を、塔の進入路と防衛の美的な要素として取り入れたとも書かれている)

「パターンの試練は観察者に、実行前にパターンを検証して分析し、多くのパターンが微細あるいは隠されていることを理解することを要求する」

「無秩序の試練は観察者に、パターンが見つからなかったときに体系的に進めていくことを要求する。観察者が多くのすべきことがあるのに特段の秩序が見つからないとき、手続きとしてすべきは、すべての物を把握して整えて、その物にどのようなことをいつ行なったのかを覚えておく。たとえば、観察者はある物の最初の位置と同時に新しい位置を覚えておかなければならない。

「回避の試練は観察者に障害を検証し、自分の資源と能力を比較することを要求する。障害があまりにも困難な場合は、その困難を避けて通る道を探す」

「対立の試練は観察者に障害を検証し、自分の資源と能力を比較することを要求する。障害があまりにも困難な場合は、その困難を避けて通る道を探す… ただし、避けて通る道が見つからない場合には、障害と直接向き合うこと」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました