クエスト

蛙のトーテムの帰還

ESOマークマイア > サイドクエスト

物語内容

落とし物の詩

沼を探検していると、ロマンティックな詩が書かれた紙を発見します。

ロマンティックなアルゴニアンの詩

君は水の中で肥料をまき
私は上から見る
リルモスは私の下で息をする
でも私の目は君だけを追う

南西の空が誘っている
ゆらゆら揺れる君の尻尾も誘う
君はその手で水をかき分ける
私の手は君のためにトーテムを彫る

全ては変わっていくけれど
私にとって、一つだけ変わらないもの
それは君の卵を抱く望み

─チャル・マート

詩と蛙のトーテムを届ける

詩の側に落ちている蛙のトーテムを拾って、リルモスにいるチャル・マートに届けましょう。

チャル・マート
チャル・マート

お前の足取りには決意が見える。
目には好奇心が。
何を探しているのか教えてくれ、ビーコ。

この蛙のトーテムと詩をなくさなかったか?

チャル・マート
チャル・マート

ああ、そうだ。
私は幾季節も前にこれを掘った。
これで愛するクド・ナカルを説得し、部族の次の絆の儀式に参加してもらおうと思っていたんだが、見せる前にトーテムをなくしてしまった。

もちろん、それは私がまだ女性だった頃の話だ。

以前は女性だったのか?

チャル・マート
チャル・マート

ヒストの限りない贈り物は、我々の多くの側面を変化させる。
性別もそのうちの一つだ。

機会があれば、体験してみることを勧めるよ。

では、男性になったのでクド・ナカルと絆を結べないのか?

チャル・マート
チャル・マート

一週間前に話をしていたら、そういう話になっただろう。
だが運命の定めで、最近クド・ナカル自身にも変化があったんだ。

この手紙とトーテムを持ってきてくれてありがとう。
愛する者たちへのいい贈り物になるはずだ。

クエストを完了する。

チャル・マート
チャル・マート

次の絆の儀式が決まったら、私はこの贈り物をクド・ナカルに贈る。
私はただ詩を推敲し、彫刻を洗練させて、すべての準備を整えよう。

アルゴニアンの絆の儀式のことを詳しく教えてくれ。

チャル・マート
チャル・マート

儀式は共に卵を産むことを選んだ者たちを結び合わせる。

肌の乾いた者たちの多くはこれを結婚にたとえるが、完全に同じではない。
結ばれたつがい同士は常に敬意を払うが、恋愛感情は厳密に言うと必要とされないのだ。

絆の儀式はどんな結果を伴う?

チャル・マート
チャル・マート

各部族によってそれぞれ伝統は異なるが、共通する部分もある。

木の番人がヒストの前で儀式を行う。
結ばれたつがいは健康と多産の祝福を受ける。
そして、その…結ばれ始める。

相手をどうやって選ぶ?

チャル・マート
チャル・マート

場合による。
感情的なつながりをもとに判断されることもあれば、単に物理的な魅力によることもある。

政治的なつながりを強化するために、この儀式を利用する部族もいる。
例えば、ブライトスロートがそうだ。

この場合は?
なぜクド・ナカルと絆を結びたかった?

チャル・マート
チャル・マート

ああ。
私たちなら似合いの子供ができるだろうと思ったんだ。
それだけだよ。

では、なぜクド・ナカルと絆を結ばなかった?

チャル・マート
チャル・マート

私はもちろん結ぶつもりでいたとも。
彫刻を作り、納得のいく言葉を綴るのに何日もかけた。
贈り物が完成するまでクド・ナカルに見られたくなかったから、私は村の外で作業をしていたんだ。

そこで、私のキャンプはボグブロートに襲われた。

では、逃げたのか。

チャル・マート
チャル・マート

そのとおり。
儀式までにもう一つトーテムを彫る時間がなかったから、機会は失われてしまったんだ。

だがお前のおかげで、もう一度チャンスが与えられた。
感謝の背骨を立てよう、ビーコ。
私の未来の子供たちもそうするだろう。

後日談

チャル・マートとクド・ナカル

後日リルモスを訪ねると、チャル・マートとクド・ナカルを見かけます。

チャル・マート
チャル・マート

ああ、ディーク・ビーコ!
また会えてよかった。

見ての通り、時間を無駄にはできない。
クド・ナカルは可愛いだろう?
私の望みは、2人で一緒に美しい子をたくさん作ることだ。
お前がいなければ、その望みは不可能だった!

クド・ナカル
クド・ナカル

では、チャル・マートが話していたのはあなたのことね。

感謝の言葉を述べたいわ。
あなたの介入がなければ、愛する者は私に気持ちを話してくれなかったかも知れない。
今は、次の季節に絆を結ぶことを考えている。

次の季節?少し早いように思える。

クド・ナカル
クド・ナカル

早い?ハッハッハッ!

どうして?
チャル・マートのことは子供の頃から知っていた。
ずっと好きだったけど、彼の好意を持ってくれていたかどうかはわからない。
今は彼の意思で結ばれる季節を待つばかりよ。

なぜ自分の感情を認めない?

クド・ナカル
クド・ナカル

私たちの部族では、伝統的に女性からそのような関係が始まる。
今ではこんな姿だけど、古い習慣はなかなか忘れられない。

でも、少なくとも私たちは一緒にいる。
太陽の祝福を受けてね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました