スポンサーリンク
書籍

ドルシラのメモ

家長: 悪態をつき、脅しを口にする。有益な情報なし。尋問中に死亡。

年長の男性: タズゴル族長はサソリ恐怖症とのこと。少しでも苦痛をやわらげたい一心で、口から出まかせを並べた可能性高し。尋問中に死亡。

年長の娘: 早々と折れ、これは有望かと思われたが、悲しいかな何も知らず。尋問中に死亡。

年長の息子: 尋問される前に自殺。ずさんな管理のあらわれ。忘れずに手かせ足かせを新しいものに変えること。

末の息子: 大広間の地下に秘密の入口があるとのこと。蔵書庫に通じている可能性あり。裏付けが取れるまで生かしておくこと。

朝の追記: 息子の話の裏付けが取れる。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました