書籍

ドゥエマー太古の物語 第11部

アズラと箱

マロバー・サル著

ニチェルバーは若いころは冒険心にあふれていたが、やがてとても賢い老ドゥエマーとなり、真理の探究や俗説の見直しに生涯をささげた。彼は実にいろいろな定理や論理的構造を打ち出しその名を世間にとどろかせていった。しかし彼にとって世界の多くはいまだなお不思議なものに満ち、とりわけエドラとデイドラの本質は謎そのものであった。探求の結果、神々の多くは人やエルフによる作り事であるという結論に達した。

しかしながら、ニチェルバーにとって神の力の限界以上の疑問はなかった。偉大なる存在がこの世全体の支配者なのであろうか? もしくは謙虚な生き物たちが自ら己の運命を切り開く力を持っているのだろうか? ニチェルバーは自分の死期が近いと予感し、最後にこの疑問に挑まなければならないと感じた。

彼の知人でアシーニックというチャイマーの司祭がいた。司祭がベタラグ=ズーラムを訪れた際に、ニチェルバーは彼に神の力の本質の探求に挑むつもりであることを話した。アシーニックは恐れおののき、そのような謎に手を出さないよう説得したが、ニチェルバーの決心は固かった。司祭は神への冒涜になることを恐れたが、最後には愛する友のため手伝うことに同意した。

アシーニックはアズラを召喚した。司祭が彼女の力への信仰を誓ういつもの儀式を行い、アズラが司祭には危害を加えないことを約束すると、ニチェルバーと彼の多くの教え子たちは召喚の間へと大きな箱を運び入れた。

「この地に降り立つアズラよ、あなたは黄昏と暁の神であり、神秘の支配者である」とニチェルバーは語りかけ、できるだけ従順な態度に見えるようにした。「あなたの知識は絶大です」

「そのとおり」とデイドラは微笑んだ。

「たとえば、この箱の中には何が入っているのかお分かりでしょうね」とニチェルバーは言った。

アズラはアシーニックの方に向き直った。険しい顔だった。司祭は急いで、「神よ。このドゥエマーはとても賢く、尊敬された人物です。どうか私を信じてください。これは貴方様のお力を試すためではございません。しかし、この科学者と疑い深い連中の念をはらすため貴方様のお力をどうかお見せください。何度私のほうから説明しても、彼はその目で確かめたいという信念を持っているのです」と釈明した。

「もしこのドゥエマーたちが持ち込んだやり方で私の力を示すのであれば、その力はこれまで行ってきたことよりも印象的な業となるであろう」とアズラは怒鳴り、そしてニチェルバーの目を真っ直ぐに見た。「箱の中には赤い花が1本入っている」

ニチェルバーは表情を変えず、箱を開けて中身を見せた。箱の中身は空だった。

教え子たちはいっせいにアズラの方を向くと、彼女は姿を消していた。唯一アシーニックだけが彼女が消え去る前に「神の業」を見た。彼はただ何もしゃべることが出来ず、震えているだけであった。彼は呪いがふりかかった、と確信した。しかし先ほど証明された神の力についての考えの方が呪わしかった。ニチェルバーは青ざめ、足元もおぼつかなかったが、彼の顔は恐れではなく喜びで輝いていた。疑問に過ぎなかった真実の証拠を見つけた、という笑顔だ。

教え子の2人は彼を支え、もう2人は司祭を支え、召喚の間から出て行った。

「私は長い年月をかけて研究してきた。数え切れないほどの実験をこなし、独学で何ヶ国語も学んだ。最終的な真実を私に教えてくれた技術でさえ、ただ食べていくためだけに努力する貧しい若者だった頃に身に着けたやり方だ」と賢者は言った。

ベッドに上がる階段に連れて来られた時、彼のゆったりとしたローブのたもとから1枚の赤い花びらが落ちた。ニチェルバーはその夜、息を引き取った、彼の死に顔は知り得たことに満足して穏やかなものだった。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました