スポンサーリンク
書籍

デッドランド案内

星を歩む者著

オブリビオンの全次元において、デッドランドより旅人を拒む場所を見つけるのは難しい。メエルーンズ・デイゴンの軍団が警戒し、スパイ、侵略者、脱獄囚に目を光らせている。おまけに恐ろしいモンスターが獲物を求めて徘徊し、しかも気候は恐ろしい噴火の続く火山地帯から、極寒の嵐が唸りをあげて吹きすさぶ荒野まである。そして大地もカミソリのように鋭い岩、ナイフのような岩棚、切り立った谷間を形成している。とは言え、この地において旅人は定命の者が滅多に見ることのできない光景を目にできる。命があれば。

デイゴンの領域への旅を生き延びるには準備が鍵になる。まずは旅に必要となる食料を全て詰め込め。デッドランドという地名は伊達じゃない。食料はほとんど見つからないし、見つかってもロクなものではない。運べるだけの水を運び込め。この世界の半分は溶岩の荒野で覆われ、残りは石で覆われた荒野だ。泉や池に出くわしても汚染されているか、定命の者が飲むのに適していない。

最も大事なことは訪問が終わった時、デイゴンの領域からどう抜け出すかを決めておくことだ。デッドランドへつながるポータルの多くは気まぐれで頼りにならない。旅人を招じ入れはするが、出口としての機能がないのだ。少なくとも3種の脱出方法を用意していなければ、デッドランドを訪れる準備ができているとは言えない。

デッドランドを訪ねる最も簡単な方法は、まず天空の籠、ファーグレイブまで行くことだ。この街の郊外にある広場には二つの常設ポータルがあり、それぞれデッドランドの異なった場所につながっている。このポータルは安定していて、メエルーンズ・デイゴンの軍勢が滅多に巡視しない辺境の地につながっている。ニルンや他の次元で見つけるポータルには気をつけることだ。要塞やダンジョンの真ん中に放り出されることがままある(しかも双方向ではない場合がしょっちゅうだ)。

さて、デッドランド本土の話に戻ろう。メエルーンズ・デイゴンの領域は地域に分かれている。ファーグレイブからの旅人によく知られている主要地域はバーンとセヴァーだ。バーンは火山性の荒れ地で、溶岩の川とデイゴンの軍勢がひしめく要塞が林立している。セヴァーは寒く、風が吹き荒れる石の荒野だ。大きな要塞の間には、強力な怪物と血眼になったスカベンジャーがたくさんいる。この二つの地域の間には名もなく険しい山岳地帯が連なり、通り道は少ない。

勇敢な旅人向けの旅程としては、ファーグレイブからバーン行きのポータルを使うことをお勧めする。ポータルのプラットフォームのそばを通る道を西に向かえ。この道は灼熱の渦の砦と呼ばれる陰惨な要塞に続く。その古びた塔を見ながら先へ進むといい。誰も歓迎してはくれないが。さらに北へ進めば、血の穴と呼ばれる悲惨な牢獄兼鉱山を過ぎる。ここでは破壊のデイドラ公の機嫌を損ねた多くの者が、惨めな一生が終わるまで労役に苦しめられている。彼らの仲間になりたくはないだろう。

高く、曲がりくねった道は血の穴の北にある丘を通り、切望の要塞という大要塞のある東へ続いている。この要塞はメエルーンズ・デイゴンの軍勢が詰める777の要塞でも随一のものだ。この一帯の警戒は厳重だから、遠くから眺めるだけにしておくべきだろう。上の丘を東に進み続けると、セヴァーにつながるトンネルがある。このトンネルは破壊の安置所の玄関先へと連れて行ってくれる。

ここで長居してはならない。この死んだように見える都市はメエルーンズ・デイゴンの本拠地だ。ゲートが開いていても、入ってはならない!

東へと下る道を進み、陰鬱なセヴァーの平原を横切ると、南北へ伸びる道にぶつかる。進むべきは南だが、気をつけろ。この道を永遠に徘徊する凶悪なハヴォクレルは、出会った者に挑戦し続けるよう命じられている。だが、やがて荒れ果てた不毛の地へと出るだろう。そこにある南に向かう道は、デッドランドのこの付近における安全な避難所に通じている。哀れなる者の尖塔と呼ばれる地だ。

哀れなる者の尖塔は、大きな聖堂の残骸の側に建設されている。この聖堂はメエルーンズ・デイゴンがずっと昔、ニルンからデッドランドへと引きずり込んだものだ。ここは追放者やスカベンジャーなど、デイゴンの目を逃れたい者たちの楽園となっている。どういうわけか、デイゴンの下僕たちは決してこの地に近寄ろうとしない。名誉を失ったわずかなデイドラと、迷い込んだ(もしくは逃げてきた)定命の者がmある種の集落を造り上げている。暮らしは厳しいが、旅人を休ませ、いくばくかの物資を調達するくらいのことはできる。

哀れなる者の尖塔から、道は東の高地へと続き、セヴァーの東へと伸びていく。ここには安全なファーグレイブへと帰れるポータルがある。だがメエルーンズ・デイゴンの世界をもう一目見ておきたいのなら、もう少々北へと進むと偽殉死者のフォリーがある。セヴァーの山間の恐ろしい谷間にへばりつく死んだ森、フォリーには、メエルーンズ・デイゴンを怒らせた者たちの魂が捕らわれているという。恐ろしいサイズの昆虫の腐りかけた死骸や、うるさいインプが森の中に潜んでいる。ここでも、長居は禁物だ。デイゴンの敵の石化した残骸を見たら、手遅れになる前に脱出すべきだ。

幸運を祈る、旅人よ!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました