ノート

ロスガー遺物ハンター

ESOロスガー > 実績

ロスガーの各地に落ちている遺物を手に入れて、オルシニウムにあるオーシマー栄光の館に飾ると、実績を達成します。

16個の遺物を飾ると、実績「ロスガー遺物ハンター」を達成します。
20個の遺物を飾ると、実績「ロスガー達人遺物ハンター」を達成します。

「ロスガー遺物ハンター」の実績は、「山からの冷たい風」のクエスト発生条件の1つに含まれています。

遺物の獲得場所

過去の目覚め」を完了すると、遺物の手掛かりが記された「館長による優先捜索遺物のリスト」を貰えます。

館長による優先捜索遺物のリスト

最初の憲章: 西部の山中で行方不明になったもの。

ドワーフライト: 伝説でランターンが一番最後に使われたのは、ニジャレフト・フォールズ周辺の探索においてである。

ウズビダクの兜: 古代にファルン峠で起きた戦闘のさなかに行方不明になった。

トリニマクの家庭用偶像: 私的な信仰に用いられる古代の小像。最後に目撃されたのはパラゴンの記憶近郊。

グスラグの仮面: 最後の持ち主は、ファルン要塞の族長の目。

フロストブレイクの聖杯: 噂では、ウルフォンの手下の一人によって回収され、要塞の塔の下に隠されているという。

アグラ・クルン: マラキャスの信徒が用いた血染めの盾で、ロスガーの荒野で行方不明になった。

ヌザヴァの金床: 持ち主は、モークルのスタイルを決定づけた伝説の鍛冶屋ヌザヴァ。帰国途中に氷の岸で行方不明になった。

サグボによるクランの地図: 破壊された歴史的文章を復元したが、オルシニウムへの道中で行方不明に。

ザンダデュノズの心臓: タイタンの聖句箱になり、「名誉の休息地」近くで行方不明になった。

バロス・ブラッドタスクの装身具: 「ワイルドボアー」が首にかけていた重い首飾り。現在「名誉の休息地」と呼ばれる場所の近くで行方不明になった。

獣の角笛: 破壊され、おそらく旧オルシニウムの遺跡かその近くに眠っている。

百人隊長の印章: パラゴンの記憶周辺で行方不明になった。

スコゾッドの腕当て: 死霊術師によって授けられ、彼の聖域に隠されていると考えられている。

水銀: かつてアージェント鉱山の奥深くから採掘された稀少金属。

黒い羽ペン: 伝説の吟遊詩人の筆記道具で、コールドパーチ洞窟にまつわる言い伝えがある。

ツェンガナズの目: 付呪したドワーフのアイテムで、ルキンダレフトの遺跡周辺で行方不明になった。

碧水晶の槌: クリスタルの塊から彫り出され、旧オルシニウムの遺跡で行方不明になった。

族長王の笏: オークの遺物で、現在の持ち主は下等で屈強なリークル。

マッド・ウルカズブルの氷の彫像: オーガの長老の1人によって作られた。

メモ: 長く失われたトラグ王の仲間の最高の遺物は、ロスガーの真の英雄にしか取り戻すことはできない。最も価値のある者のみには、準備が整った時に館長から接触があるだろう。

1:最初の憲章
2:ドワーフライト
3:ウズビダクの兜
4:トリニマクの家庭用偶像
5:グスラグの仮面
6:フロストブレイクの聖杯
7:アグラ・クルン
8:ヌザヴァの金床
9:クランの地図
10:ザンダデュノズの心臓
11:バロス・ブラッドタスクの装身具
12:獣の角笛
13:百人隊長の印章
14:スコゾッドの腕当て
15:水銀
16:黒い羽ペン
17:ツェンガナズの目
18:碧水晶の槌
19:族長王の笏
20:マッド・ウルカズブルの氷の彫像

③ウズビダクの兜と⑦アグラ・クルンは、「過去の目覚め」のクエスト進行中に獲得できます。

⑬百人隊長の印章は、パラゴンの記憶の内部から外部へ続く道を通った後、崖を降りる途中で入手できます。
※崖の下から上を見上げて、無理やり入手することも可能です。

⑱碧水晶の槌は、パブリックダンジョン〈旧オルシニウム〉の最奥の部屋にあります。
最奥の部屋に行くには、「鍛冶の炎と死者」のクエストを進める必要があります。

遺物の詳細

最初の憲章

最初の憲章

トラグ王は、単なる新たなオークの集落にとどまらないものとして、最初のオルシニウムを建設した。
文明と繁栄を誇る壮大な街を構想したが、オークの文化を反映、発展させた形を望んだ。
そのため、街の運営を規定する権利、特権をまとめ上げ、現在「最初の憲章」の名で知られる文書を作成した。

「最初の憲章」には、トラグ王がオークの暮らしにおいて最重要だと考えたことが書き残されている。
初代オルシニウムの崩壊後、「最初の憲章」は破壊されたと信じられていた。
しかし言い伝えでは、その文書は襲撃者の戦利品として現存しているそうだ。
襲撃者は沿岸への帰還途中に殺され、文書は西の山々のどこかで行方知れずになっているという。

ドワーフライト

ドワーフライト

ドワーフの遺跡は、ロスガーのどこよりも意外な場所にある。
オーシマーは鍛冶屋と職人の種族として昔から、ドゥエマーの発明品に魅了されてきた。

オーシマーの歴史と複雑に絡み合ってきたそうした遺物の1つが、不思議なドワーフライトだ。
民話によると、ウルボク・ルーインウォーカーが、秘密のドゥエマーの遺跡で炎の必要ないランターンを見つけた。
だが、そのランターンを所持した者には不幸が続いたらしく、ランターンを持って夕暮れの散歩をしていたウルボクは穴に落ち、首を折った。

ボックとシャビフク兄弟の逸話もある。
兄弟は悪名高いこのドワーフライトを使って、ニジャレフト・フォールズ周辺の探索を試みたが、それ以来、兄弟とランターンは行方知れずとなった。

ウズビダクの兜

ウズビダクの兜

ロスガーの歴史は戦争の歴史だ。
ウズビダクはファルン峠の戦闘のさなか、どこからともなく現れ、誰よりも名高い英雄となった。

ウズビダクの性別については諸説あるが、ウムサ主事は女性説を好んでいる。
ウズビダクの戦闘部隊はレッドガード兵の侵略からトンネルを防衛する任務を任されたが、敵が全軍を送り込んでくるのは想定外だった。

戦闘部隊は次々に倒れ、ついに立っているのは彼女だけとなった。
彼女は弓、斧、ナイフ、さらには素手でも戦い、トンネルは血まみれになった。
その日、1001人のレッドガードが亡くなった。
ウズビダクの兜は神の加護を受け、どんな攻撃からも彼女を守ったという。
しかし駆けつけたレッドガードの増援部隊は、彼女のひしゃげた兜の周囲に、レッドガードの死体が積み重なっている光景を目にした。

トリニマクの家庭用偶像

トリニマクの家庭用偶像

この第一紀後期の古代トリニマクの家庭用偶像は、初代オルシニウムの時代にもトリニマクを熱心に信仰していたオークが、家庭内の私的な信仰としても実際に存在したことを示している。

こうした小さな像は純金製で、トリニマクに捧げる野獣を様式化した形をしている。
家内安全と安らぎをもたらすもの、そして個人信仰の中心的存在として家の中に安置された。
この時代のものとしてトリニマクの印を持つ金色の熊、豚、ヤギ、さらにはホーカーまでもが見つかっている。

古代トリニマクの崇拝施設であるパラゴンの記憶の周囲は、長年に渡ってこれらの小像の産地となっていた。
現存する偶像を回収できる可能性が最も高い場所だ。

グスラグの仮面

グスラグの仮面

オークでおそらく最も有名な外交官は、第一紀の9世紀末から10世紀初めに活躍した石語りのグスラグだ。
雄弁な演説で、オルシニウムの攻城戦を10年以上引き延ばしたが、ダガーフォールへ向かう途中で亡くなったのは避けられない事態だった。

その交渉術とは別に、彼の魅惑の仮面の物語はそれ以上に興味深い。
言い伝えによると、仮面には、オークの容貌を観察者にとってもっと魅力的に変える力があったという。
だが、仮面の力にはそれ以上のものがあった。
大使と密偵は、グスラグの仮面を数世紀の間、外国でオーシマーの大義を促進するために利用した。

記録に残っている仮面の最後の持ち主は、謎に包まれたファルン要塞の「族長の目」だ。
矢が仮面を貫き、大密偵の額を突き刺したとき、仮面の力は消えた。
力が消えた後も、仮面は歴史的意義のあるアイテムとして残されている。

フロストブレイクの聖杯

フロストブレイクの聖杯

フロストブレイク要塞は、元々ロスガーの奥深くにあるブレトンの要塞で、兵士達が放棄して以来荒れ果てていた。
オークのクランがたびたび移り住んできたが、じきにこの遺跡にはブレトンの亡霊が取り憑いていると言って出て行った。

マラグ・クランを率いるガスツォグ族長は退散を拒否し、自分用に指揮官の兵舎を設けた。
彼は要塞の印が紋章として描かれたゴブレット、フロストブレイクの聖杯を愛用した。
というのも、この杯で飲んだものはすべて復活の力を持つと信じていたからだ。

他の族長達もこの伝統を続け、この古代の杯にまつわる偉大な伝説は高まっていった。
噂では、リーチの戦士長ウルフォン・アイスハートがこの地を引き継いだとき、気に入りのワインをこの杯で飲み、味がまずくなると言った。
すると要塞から外に吹っ飛ばされ、近くの雪の中に沈んだという。

アグラ・クルン

アグラ・クルン

盾夫人バグラールは初陣で、小さな体には大きすぎるほどの両手マトックを装備した。
だが残念ながら、戦闘のさなかバグラールは剣と盾を使うことになった。
より小さい武器を押しつけられ、顔を赤らめて戸惑い、それを見た他の戦士達に嘲笑された。

軽めの武器を手にしたバグラールは戦場で猛威を振るうようになった。
その剣は敵が一太刀返す前に数回突き刺し、盾はどんなものでも防ぐようになった。
こうしてトロール殺しの異名を勝ち取った。

バグラールは自らの腕前をマラキャスに感謝し、バラゴグの血の粛清の間、身を捧げて信頼に足る守護者となった。
盾は「血の盾」を意味する「アグラ・クルン」の名で有名になった。

ヌザヴァの金床

ヌザヴァの金床

金属細工師の初期クランの中で、最も尊敬された金属細工師の一人がモークル・クランホールドのヌザヴァだ。
篤く尊敬されたこの鍛冶夫人は、モークルの武器や鎧の特徴的なスタイルを決定づけた。

腕前を買われて引っ張りだこだった彼女は、要塞間の移動のお供として持ち運べる、旅用の特製金床を持っていた。
その金床に刻まれた精緻な彫り物は、秘密のルーンではないかと疑う者も少なくなかった。
彼女はそうした噂を一笑に付し、自分の技は魔力で高めるまでもないと言ったが、噂は消えなかった。

真偽はともかく、伝説ではヌザヴァの金床を使おうとした鍛冶屋の誰もが仕事中、事故に見舞われたという。
槌が壊れ、金属が粉々になり、誤って指を強打することさえあった。
ヌザヴァは異国への長旅から戻る途中、金床もろとも姿を消した。
氷の岸から彼女はすぐに帰ると伝言をよこしてきたが、彼女が現れることはなかった。

クランの地図

クランの地図

オーシマーの人々は、その歴史の大半において、記録を取ることを避け、伝統的な口述に頼った。
しかし初期オークの学者サグボ・グロー・ツットは口承の伝統を、かの有名な著書「13クランの歴史」にまとめた。
すでに原本は消失し、おそらく破棄されたが(サグボが述べた各クランの起源や領土について、同意しないクランもあった)、初代の要塞の場所が書かれた地図は現存している。

サグボによるクランの地図は、経年と水、エール、血の汚れで古びているが、深遠の暁紀の終わりに13の各クランが拠点を築いたと彼が信じていた場所を示している。
現存できたのは、経緯は不明だがブレトンの博物館の手に渡ったからだ。
クログ王は地図を購入したが、品物は届かなかった。

ザンダデュノズの心臓

ザンダデュノズの心臓

初代オルシニウム崩壊後の暗黒の時代、邪悪なタイタン、破壊者ザンダデュノズがロスガー南部を恐怖させた。
追い詰められたオーク達は、ザンダデュノズに仕え信仰を捧げる教団まで設立した。

ザンダデュノズの信徒は、このタイタンの名の下で異端者としての活動を行った。
同時に、他の戦士達のグループがタイタンを抹殺しようと集結した。
スルズ・グロー・ファルンは五十人団を率い、ロスガー南部を守るべく身を捧げた。

果てしない戦闘が数週間続いた後、スルズの部隊は教団に勝ったが、多大な犠牲を払った。
スルズは生き残ったわずか12名とともに、「名誉の休息地」に隠れたザンダデュノズを攻撃した。
炎に身を焦がされながらも、タイタンの胸から激しく脈打つ黒い心臓をもぎ取り、オークの英雄となった。
この心臓は聖句箱に姿を変えたが、オブリビオンからタイタンを呼び起こし、再びオーシマーを脅かす可能性があると言われている。

バロス・ブラッドタスクの装身具

バロス・ブラッドタスクの装身具

オルシニウムのワイルドボアーと呼ばれたバロス・ブラッドタスクは、ロスガーの敵と戦った。
特に、ブレトンとレッドガードの侵略軍と。

彼の伝説の装身具、槌をつけた重い鎖は突き刺してくる剣をそらし、レッドガードの攻撃から自らを救った。
しかし鎖は切れ、装身具は現在「名誉の休息地」と呼ばれる場所の近くで歴史の中に埋もれている。

獣の角笛

獣の角笛

ロスガーの呪術師である野歩きのズブルガトは、自らの少なからぬ力のすべてを野獣の角笛に込めていた。
オルシニウムを「トラグの愚行」と呼び、生涯の大半に渡って避けたが、攻城戦開始後まもなくして街に現れた。

野歩きとゴルカール王は互いをあまり好きではなかったが、王は獣の角笛を快く受け入れた。
ズブルガトは「月の周期ごとに1回までしか使ってはならない」と警告し、去って行った。
王は角笛で、熊やエチャテレなど多くのロスガーの野生動物を召喚して集め、街の壁を守らせた。

攻城戦の初めの頃、角笛は戦争の行方に大きな影響を与えた。
だが残念なことに、王が月の周期に3回使うことに決め、3回目を吹いた時、角笛にひびが入った。
角笛は今も旧オルシニウムのどこかに眠っていると言われる。

百人隊長の印章

百人隊長の印章

「オーシマーが世界中の目の敵にされた時代がある。我々は戦い、死ぬだろうが、名誉を捨てたりはしない。世界に対し、彼らが言うよりも優秀なことを示すだろう。そしてもしも滅びるならば、敵の喉をつかんだまま滅びるだろう」

この言葉の主は、帝国の百人隊長に叙せられ、皇帝に仕える栄光を勝ち取った初のオーシマーだ。

そのオークの百人隊長の名前は歳月に埋もれてしまったが、彼の印章はそう遠くない10年前、パラゴンの記憶周辺で見つかった。

スコゾッドの腕当て

スコゾッドの腕当て

オーシマーの伝説の中でも、偉大なスコゾッドの伝説ほど尊ばれ、恐れられている伝説は数少ない。
この偉大かつ強力な死霊術師は、不老不死なのか、何世代にも渡って存命した。
もちろんどの伝説も、偉大なスコゾッドについて1人のオークが見たり聞いたりしたものだ。
彼の隠れ家を探したと言う者は他に5人いるが、この謎の人物の痕跡は見当たらなかったという。

伝説の死霊術師の真実が何であれ、彼のさまざまな物語で、左腕に装着している貴重な腕当てについて語られている。
魔力はないが、美しく人目を引くという。
オーシマーの栄光の館にとっては、貴重な追加展示品となるだろう。

水銀

水銀

ロスガーの山々は、あらゆる種類の鉱物と鉱石に満ちている。
金、銀、鉄が大量に見つかる。
だが、この地とタムリエル以外では見つからない稀少金属がある。
その1つが入手困難な水銀だ。

水銀は錬金術師が称え、鍛冶屋が欲するが、つるつる滑るため、両者にとって実用的な価値はない。
今のところは。

水銀は重く粘着性のある金属で、治癒や寿命を延ばす効用があると考えられている。
また、ウェアウルフに悪影響を与える効果があるとも信じられている。
そのため水銀を注入したボルトは、どの戦士ギルドの武器庫でも貴重で大事な部品となっている。
ロスガーのアージェント鉱山は、かつて稀少金属の豊かな産地だったが、もう長年使われていない。

黒い羽ペン

黒い羽ペン

口承の伝統と物語に大きく依存してきた文化のため、オークの大半はものが書けない。
伝説の語り部のラゾサは、その例外として有名だ。

吟遊詩人のラゾサは、その時代最高の語り部であることに満足しなかった。
自分の物語が後世に残ることを確実にしたかった。
そのためハイエルフの魔術師に、ハグレイヴンからむしった黒い羽に付呪するよう頼み、黒い羽ペンを作らせた。

この黒い羽ペンで書くと、どんな物語でも忘れられることはなかった。
少なくとも伝説ではそう伝わっている。
ラゾサは、この付呪した羽ペンを見習いに譲った。
こうして受け継がれていった最後の持ち主は、コールドパーチ洞窟近くで失踪した。
洞窟は、黒い羽をむしられたハグレイヴンの住みかだったのだ。

ツェンガナズの目

ツェンガナズの目

ツェンガナズの目は、ギアのような車輪の上に備え付けられた大きな宝石で、言い伝えによると、第一紀の初めにオークの要塞を調べに来たドワーフによって作られた。
オーシマーとドゥエマーの衝突や敵対行為については、記録でも口承でもほとんど残っていないが、この目の伝説には、どんなことが起こりえたか、いくらかヒントが含まれている。

ある物語によれば、オークの呪術師である呪い作りのシュラグが、奇襲時にこの目をつかみ、呪いをかけた。
それからというもの、これを卑しい目的で遠くのオークの要塞を覗くために使うと、頭をおかしくさせる異様な光景が見えるという。

ルキンダレフトの遺跡周辺でシュラグが死ぬと、この目は歴史から消えた。

碧水晶の槌

碧水晶の槌

初代オルシニウムは、当初街というより武装キャンプだった。
やがてキャンプは村となり、村は街へと発展した。
わずか数年で、人と建物の集合体として無秩序に広がり、隙だらけで攻撃の絶好の的になった。

鍛冶夫人のモーツガは、トラグ王の多くの妻の中で最初の妻であり、最も偉大な妻だった。
街の周囲に石壁を建てて街の境とするために、熟練した石工を探した。
石工は熟練の職人であると同時に、記録的な早さで任務を遂行できる戦士や交渉人としての技量も備えていなくてはならなかった。
彼女はクスバーグを選出し、任務を任せた。

クスバーグは任務を言われたとおりに成し遂げ、旧オルシニウムの周囲に、今も残る堅牢な壁を建てた。
報酬として、クリスタルの塊から彫り出した、碧水晶の槌を賜った。
その印象的な彫刻は旧オルシニウムの遺跡の中にまだ残っていると信じられている。

リークル族長王の笏

リークル族長王の笏

「族長王」を自認する屈強なリークルが近頃、オルシニウム北東部を震え上がらせている。
彼が使う古代の笏は、かつてロスガー北部で繁栄したオーガク・オーククランの初代族長、クロスが作ったと博物館は考えている。
オークのクランにとって力と権威のシンボルであり、「族長王」も同様の使い方をしたらしい。

この歴史的な遺物が下等なリークルの手に渡っている間、オーシマーは安らげない。
下等なリークルがどんなに屈強でもあろうとも。

マッド・ウルカズブルの氷の彫像

マッド・ウルカズブルの氷の彫像

歴史が過去に追いやられることはない。
重要な出来事が起こるに伴い毎日作られる。
例えば、オーガの呪術師マッド・ウルカズブルの脅威について見てみよう。
このオーガの長老は残忍な獣の中で強いリーダーとして頭角を現し、ロスガー北部の荒野に小さな軍を編成した。

このいかれたオーガは屈強な仲間達を統率するだけでなく、雪と氷を操る魔法の持ち主であるという話が伝わっている。
そんな彼の目覚ましい能力の1つに、氷で自分の付呪複製を作りあげる力がある。
こうした彫像は最初子供の人形並みに小さいが、成長し、味方として戦ってくれるほど大きくなる。

現在の危機的状況を脱すれば、博物館は行事を祝うために喜んで氷の彫像を展示するだろう。
きちんと付呪する前に回収すると、彫像は小さく凍ったままになる。
ここ最近の危機的状況に対して絶好の遺物だ。

物語補足

ソロウのキス」を完了すると、トラグの腕輪が飾られます。

※「ロスガー遺物ハンター」の実績には含まれていません。

トラグの腕輪

オルシニウムに最初の街を建てたトラグ王は、「トラグの腕輪」と呼ばれる強力な遺物を持っていた。
言い伝えによれば、腕輪は魔力を持つブレスレットで、表面に宝石が散りばめられていた。
その力を用いてトラグはロスガーの未開の荒野を支配し、オルシニウムの最初の街を築いた。

古代の文書の断片に、その腕輪とトラグの祠と、ソロウのキスと呼ばれるものについて記されている。
著名な探検家レディ・クラリス・ローレントは、このわずかな情報を手がかりに、オーシマー栄光の館のために探検隊を率いて登頂し、遺物を探して回収することに同意した。

他の歴史的意義のあるものと同様に、博物館の中では決して何にも触らないこと。

山からの冷たい風」を完了すると、コールドウィンドの頭蓋骨が飾られます。

※「ロスガー遺物ハンター」の実績には含まれていません。

コールドウィンドの頭蓋骨

トラグ王は存命中、ロスガー最強の雪熊を味方につけた。
雪熊は幾多の戦場で王を騎乗させ、その速さと冷酷なまでの勇猛さで「コールドウィンド」の異名を取った。

しかし長い年月が流れ、コールドウィンドは弱っていった。
トラグ王は北の彼方に彼女のための巣を見つけてやった。
そこで雪熊は眠り、食べ、連れ合いを見つけ、その血統を継ぐたくましい子熊を数多く残し、ついには年齢には勝てず亡くなった。
トラグ王は巣の一部を墓に作り変え、忠実なる友人を埋葬して封印した。

ある日、彼女が復活するという噂が流れた。
再び目覚める兆しが、彼女の頭蓋骨に現れるという。
こんなことができるのはロスガーの英雄だけだ。
ただの伝説かもしれないが。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました