書籍

すり切れて破れたページ

同僚のアバンは扉に手を押し当て青くしていた。
何週間にもわたり隠し通路、緩んだ石を探していたんだ。
彼は何らかの方法でそこへ入ったが、何も見つからなかった。
だが今度は、私がそこへ入る方法を見つけた。

1年前、ヘル・ラ要塞に入り込みたくてしょうがなかった。
もうずっと誰も中に入ったことがないと聞いていたからだ。
その扉にはかんぬきが掛かっていて、魔法で守られていた。
アンセイと彼らのシェハイの秘密が隠された扉だ。

今、アバンと同じ道をたどることを純粋に光栄に思う。
先人が残した名高い史跡を訪れることで、きっと心は揺さぶられるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました