スポンサーリンク
書籍

ザザズララへの手紙

最愛のザザズララへ

お前がこれを読む頃、ヤナビはもういないだろう。何年もの間、この者はお前の関心を買おうとした。砂糖や甘いバラを贈り、お前が外国旅行でタムリエル中を飛び回っている間、飼い猫に餌をやって世話をした。応接間や便所を鏡のように光るまで磨いた。それでも私の求婚を拒絶する。お前は明らかに、何よりも力強さを重視するのだな。

そして、この者はプレデター・メサに向かった。ヤナビが以前この計画を話した時、お前は嘲笑して私が臆病者だと思った。今、お前は自分が間違っていたことを知るだろう! 私がハーピーの羽と恐ろしき鳥の鉤爪を山のように持って帰ってきたら、お前も私のことを見直すかもしれない。

最も熱心な求婚者
ヤナビ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました