書籍

影の道

ソリス・アデュロによる翻訳

見習いとして、諸君は常に自らの力の源泉を覚えておかなくてはならない。
我らの主人の気まぐれ一つで、力が奪われてしまうこともあるからだ。
諸君は多くの他の勢力に誘惑されるだろう。
それらの多くは我らが父に似た仮面を被っている。
彼らは父が持つ顔と同じぐらい多くの名を持つ。
諸君が影のルーンを引き出す時、思い出すべきは父の全ての顔であり、彼らの顔は一つとして思い出してはならない。

また、光なくして影はないことも忘れてはならない。
光がなければ虚無があるのみである。
我々は父の顔を崇拝するが、避けられないものに向かって進む労力を払うのは我々の定めではない。
太陽は血を流す黄身であり、我々はそれを飲むのである。

それまでの間、我らの鱗が黒くあり続け、影の席に仕えられるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました