クエスト

スイートロール・キラー

ESOゴールドコースト > サイドクエスト

前回クエスト

物語内容

「腕利き求む」を読む

アンヴィルやクヴァッチに貼られている「腕利き求む」のチラシを読みましょう。

腕利き求む
腕利き求む

「緊急事態。危険度高し。報酬は多額。この仕事は命懸けになる。特に高い能力を持つ冒険者のみ申し込むこと

詳細は、クヴァッチの宿屋へ来て、レマン・メヴァヴィウスというインペリアルを探して欲しい」

調べて来よう

レマン・メヴァヴィウスと話す

クヴァッチの宿屋「八大神の祝福」にいる、レマン・メヴァヴィウスと会話しましょう。

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

お前のはなかなか… 立派じゃないか。もちろん、武器のことだ。言葉を間違えたせいで、また施設から追い出されるのはごめんだ

通知の件で来たのか? もしそうなら、お前は私に近づいてきた最初のまともな候補者だ

ああ。掲示した通知のことを聞きたい

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

もう少し好奇心を抑えてもらいたいものだが。もちろん仕事のためだ。他意など決してない

殺人者を止める必要がある。「殺人者? どこに行けばいい?」と聞きたいだろうが、そんなに簡単な話ではない

どういうことか説明してほしい

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

ああ、そうしよう。この殺人者は行動に移るよりかなり前に殺人の意志を表明し、被害者に恐怖を植え付けていた

警告を受けたなら運命を避けられたのではないかと思うだろう。しかし残念ながら、全員死んだ

どのように殺人の意志を表明した?

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

想像しうる最も悪質なやり方だ。無害なスイートロールにメッセージを入れてきた! 今は私の仲間を狙ってきている。この巻物に、最近その菓子で脅迫された者の一覧が載っている。彼らと話をして、殺人者が襲ってくる前にどういう繋がりがあるのか突き止めてくれ

話をして調べてみる

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

この人物のつながりを見出せば、こいつらを殺そうとしている人物が見つかる。できれば被害者たちが生きているうちにな

私の代わりに頼む。報酬はきっと気に入るものだと約束する。提供するのは金だけじゃない

リストに載っている人の中に仲間がいると言ったか?

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

私は、ゴールドコースト貿易会社の立派な社員だ。地域に住む他の人達も含め、最も信頼している仲間が何人も、この腐ったスイートロールを受け取ったと聞いた。絶対に何とかするべきだと思ったんだ

殺人者とスイートロールのことはどうやって知った?

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

噂で聞いた。〈スイートロール・キラー〉のことは結構前から噂になっていたが、仲間の一人がこの美味しい焼き菓子を受け取って死んでしまった時、その繋がりに気づき始めた

ではスイートロールに毒が?

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

いや、まったく。ただ美味しいだけだ! そうではなくて、陰湿なのはその中に入っているメッセージだ。ベールに覆われた脅迫と差し迫った死の予言だ!

そのせいで売り上げが落ちている。我慢ならない

この仕事について、他に連絡してきた者はいるか?

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

ああ、数え切れないほどの物乞いと不信心者がやって来たよ! あの醜いオグリム愛好者達があのリストに載っていたなら、決して報酬を払ってまで頼んでいないだろう

一方、君はこの仕事にぴったりだ!

クヴァッチ衛兵か時の騎士団に頼まない理由は?

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

悪漢の代理人と修道戦士に? 願い下げだ! 仕事やら何やらで、金はもう使いすぎてるくらいだ

それにこのことは、ここだけの話にしておきたい。そのほうが… 親密な感じがするだろう。そうは思わないか?

[威圧] そんな話し方を続けるなら、殺人者以外の心配事も増えるぞ

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

本当にすまない! 怒らせるつもりはなかったんだ

アンヴィルの全ての金と、私のこの大きなものを持ってしても満足しない人もいるようだな…

何と言った?

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

何でもない! 何も!

わかった! 意味ありげな言い方はもうしないと約束する! 殺人者を捕まえに行く前に、他に何か聞いておきたいことはあるか?

リストに書かれた標的と話す

レマン・メヴァヴィウスに渡された「スイートロールの受取人」を読みましょう。

スイートロールの受取人

いわゆる「スイートロールの殺し屋」から脅迫スイートロールを受け取った同僚一人と、最近噂のあった何人かのリストだ。他にも受取った者がいるかもしれないが、私に何もかもやらせて報酬を貰おうというのは考えが甘い。

ドビアス: ゴールドコースト貿易会社の同僚。人が好すぎて損をするタイプ。商売にはまったく向いていない。標的にされたのはおそらく、人が好すぎてうんざりするからだろう。

ロウナ: 気の強い女で、最近結婚をしたがスイートロールの殺し屋のせいで夫を失った。そして今、殺し屋は彼女を標的にしている。せっかくいい女が独り身になったのに、死んでしまったら残念だ。

トゥインダル: 美しい目にふっくらとした唇、スプーンですくって食べたくなるような男だ。このハイエルフは多分誰かの心を奪ったに違いない。私の心も奪われた! 皮肉なことに、彼はパン職人だ。これ以上のスイートロールを作れる者がいるか?

ヤーミア: ウッドエルフの物乞い。日光にさらして腐らせたキノコ4種のシチューみたいな臭いがする。言わせれば、スイートロールの殺し屋がこいつを連れ去っても別に構わない。臭いも一緒に頼む!

クヴァッチにいる4人のスイートロールの受取人に、話を聞きに行きましょう。

スイートロールの受取人① ヤーミア

ヤーミアと会話しましょう。

ヤーミア
ヤーミア

私に言ってるの?

最近、脅迫スイートロールを受け取ったか?

ヤーミア
ヤーミア

一体どうしてそんなことを聞くの? 私はただの物乞いよ。わかるでしょ、物乞い。ああ、お金をくれない?

ねえ、変なことはしないほうがいいわよ。衛兵がそこらにいるから

手伝おうとしているだけだ

ヤーミア
ヤーミア

私が何をしたっていうの? みんな物乞いを無視する。存在しないかのように通り過ぎていく。でもあなたは違う。助けてくれるんでしょう

メモが入ったスイートロールを受け取ったのか、受け取らなかったのか?

ヤーミア
ヤーミア

もうあっちに行って、ほっといて! 問題はごめんよ!

でも知りたいのなら、受け取ったわ。恐ろしい予言をね。これで満足?

質問をしているだけなのに、なぜそう動揺する?

ヤーミア
ヤーミア

だって… ああ、気にしないで! これを言ったら大変な問題に巻き込まれてしまう

ねえ、ここにいたいのなら別の物乞いを邪魔して。もう行くわ… どこか他の所に。ほら、もうほっといて… じゃないと後悔するわよ!

ちょっと待て

ヤーミアはリンゴを投げ付けながら逃走します。

ヤーミア
ヤーミア

ついてこないで! こっちはリンゴの使い方だって知ってるのよ!

ヤーミアの追跡に失敗した場合

もう一度話しかけると、やり直せます。

ヤーミア
ヤーミア

放っておいてって言ったでしょ!

待て! 話がしたいだけだ!

ヤーミアを追い続けると、ラズム・ダーの元に逃げ込みます。

ヤーミア
ヤーミア

スイートロール・キラーです! 助けて!

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズが〈目立たないように〉と言う時は、こういう意味じゃないと思う

ヤーミアと会話しましょう。

ヤーミア
ヤーミア

かかったわね、スイートロール・キラー! 指揮官があんたをボコボコにしてくれるんだから!

ちょっと待って。どうしてラズは武器を抜かないの? 理解できないわ

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

密偵の仕事は、あのエルフの女性には向かないかもしれないとラズは考えている。何か厄介ごとが持ち上がりそうになった瞬間、彼女は火が付いたように絶叫して、ぐるぐると走り回るんだ

指南書にそんな技が載っていたとは、ラズの記憶にない

何が起こっている、ラズ?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

〈女王の瞳〉の仕事をしているだけだ。アピニア隊長の仕事が早く終わったから、ラズは家に帰る前に別件も調べることにした

ラズが何年も追いかけている件だとわかった

どんな別件だ?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

地元では〈スイートロール・キラー〉と呼ばれている、知っているだろう? 〈死を予言して顔を刺してくる奴〉という我々の呼び方よりいい

ラズが思うに、お前もこのことを調べてるみたいだな。情報を交換しないか? 助け合える

例えば?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラットマスターはそこら中で聞き耳を立てている。それにこの顔刺し野郎が誰なのかもわからない。計画を練る前に漏らしたくはないだろう?

ラズはそちらが調査を終え次第、もっと人目に付かない場所へ移動したほうがいいと思う

どこで会えばいい?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

仕事が終わったら我々の隠れ家に来て、ラズとエルフの女性に会ってくれ。付呪師の店を乗っ取ったんだ。そんなに豪華な隠れ家ではないが、最悪でもない

これは壮大な冒険になる。昔みたいに!

もう一度、ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

見習いはあまり上手な囮ではなかったな。とはいえ、お前を見つけた。だから、悪くはなかったとラズは言っておこう

仕事を終わらせたら話そう。お互いに有益な合意ができると、ラズは確信している

ヤーミアと会話しましょう。

ヤーミア
ヤーミア

待って。あなたたち、知り合いなの?

まあ、恥ずかしいわ

スイートロールの受取人② トゥインダル

トゥインダルと会話しましょう。

トゥインダル
トゥインダル

お前もか? 誰も私を一人にしておいてくれないのか?

私は考え事をするためにここに来たというのに、得たものといえば疑わしそうな視線と、いわれのない非難だけだ

非難? 受け取ったスイートロールの話か?

トゥインダル
トゥインダル

私がパン職人だと知っているだろう? つまり、私以外に誰がスイートロール・キラーの容疑者だと思う? 愚かな話さ

みんなに脅されて売り上げも下がった上に、そのスイートロールも受け取ったよ。中に入っていたメモには、私がもうすぐ死ぬという予言まで書かれていた

心配はしていない?

トゥインダル
トゥインダル

心配したら何か良くなるのか? 聞いた限りでは、この予言の菓子を受け取った者は明確な警告を受けた上で死ぬということだが

運命がそうはっきりと待ち構えているなら、私が避けられると思うか?

この殺人者の他の被害者の中に、知り合いはいたか?

トゥインダル
トゥインダル

何人かには会ったことがある。脅迫の焼き菓子を送っただろうと非難しに来たからな。まるでゴールドコースト中でスイートロールを作ることができるパン職人が私だけかのように!

彼らは逃げた。隠れた。他人を避けた。そして死んだ。一人残らずな

では、彼らと全く同じことをするのか?

トゥインダル
トゥインダル

いや、仕事があるし生活もある。少なくとも命があるうちはな。みんなが私のケーキとパイを喜んでくれる。あんなに美味しい菓子を売らないわけにはいかない

しかし、一体なぜ美味しい菓子の予言のことを気にするんだ?

ある人に雇われて、殺人者を探して止めようとしている

トゥインダル
トゥインダル

本気か? まあ、頑張ってくれ。本当に健闘を祈っているよ

まあ、私はいつもの仕事をやり続けるよ。スイートロール・キラーは誰にも止められないようだからな。もちろん、他に何か良い提案がなければの話だが…

  • いつもの仕事をやり続けるべきだ。人目の多い場所で。
  • 殺人者に見つからないように、習慣を変えるべきだ。
  • まだ調査を続けないと、どうするべきか助言はできない。

いつもの仕事をやり続けるべきだ。人目の多い場所で。を選択した場合

※トゥインダルはスイートロール・キラーの襲撃に遭います。

トゥインダル
トゥインダル

非常に個人的な決断に同意してくれてありがとう。さあ、尋問が終わったなら、静かな時間を過ごしたいからどこかに行ってくれないか。もうすぐ仕事に戻らないといけない

そしてすぐ、スイートロールの予言通りに悲惨な死に方をするだろう

殺人者に見つからないように、習慣を変えるべきだ。を選択した場合

※トゥインダルはスイートロール・キラーの襲撃を回避します。

トゥインダル
トゥインダル

運命に立ち向かえと言うのか? 確定している死を避けられると期待して、慣れ親しんだ習慣を変えろって?

まあ、一理あるかもしれないな。この時期のアンヴィルは最高だ。そして海賊達も美味しいスイートロールを喜んでくれる…

まだ調査を続けないと、どうするべきか助言はできない。を選択した場合

※もう一度会話をして、上記の2択から選ぶ必要があります。

トゥインダル
トゥインダル

私はもう少しここにいることにする。オーブンと冷却棚へ戻る前にゆっくりしたい

でも、いつかは仕事に戻らないといけない。スイートロールは勝手に出来上がったりしないからな

もう一度、トゥインダルと会話しましょう。

トゥインダル
トゥインダル

もういいだろう! 私は質問に答えたし、お前も言うべきことは言った。さあ、平穏な時間をもう少しだけ味わわせてくれ

何せ、最後になるかもしれんのだからな

スイートロールの受取人③ ドビアス・ソフス

ドビアス・ソフスと会話しましょう。

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

露店巡りは大好きだ。我々がゴールドコーストへの運搬を助けた品物を調べて回るんだ

自分の書類仕事と交渉の結果を経験することで、私はそれなりの喜びを得ているのさ

最近、脅迫スイートロールを受け取ったと聞いた

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

どうしてわかったんだ? 誰にも言っていないのに。まあ、貿易会社に送られてきたから、届くところを誰かに見られていたのかもしれない

ああ、スイートロールを受け取った。小さな箱に入っていた。最初は何とも思わなかったが…

それから?

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

一口食べて、中に紙が入ってるのを見つけた。メッセージが書かれていた。しかし最初はそんなに怖くなかった。あの言葉を見るまでは。「明日がお前のクヴァッチ最後の日だ」

数日間アンヴィルに行こうと思った。仕事のために

スイートロール・キラーに狙われているようだ

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

何? 本当にそう思うか? スイートロール・キラーのことはもちろん聞いたことがあるが、どうして私が狙われないといけない?

と… とりあえずいつも通りに生活をしようと思う。市場に残って、商人やお客の近くにいるようにするよ。そのほうが安全だろう?

他にこのスイートロールを受け取った人は?

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

一緒に仕事をしていたウッドエルフの商人がいた。ここからそう遠くない川に浮かんでいるのを見つけた

彼もこのメッセージ付きのスイートロールを受け取った。警告を無視して仕事を続けたんだ。そしてある日を境に、貿易会社へ現れなくなった

レマン・メヴァヴィウスと一緒に仕事を?

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

レマン? わ… 悪いがレマンとの関係についてはあまり話したくない

ああいう類の商人は私が最も忌み嫌う人種だ。強欲で、自分に甘く、金を貯め込むことしか考えてない

その殺人者を見つけ出して止めるために雇われた

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

そうなのか? それならだいぶ気が楽になるよ! スイートロール・キラーを止められる人がいるとしたら、あなたみたいな人に違いない

もう露店巡りはやめようかと思っているんだ。あなたが反対するなら別だが…

  • 市場巡りは続けたほうがいい。他の人達の側にいてくれ。
  • 殺人者を捕まえるまで、どこかに隠れていたほうがいい。
  • まだ調査を続けないと、どうするべきか助言はできない。

市場巡りは続けたほうがいい。他の人達の側にいてくれ。を選択した場合

※ドビアス・ソフスはスイートロール・キラーの襲撃を回避します。

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

素晴らしい助言だ! 市場が閉まるまでは市場にいて、その後はゴールドコースト貿易会社に行こう。あの場所は砦みたいに頑丈だから!

殺人者を捕まえるまで、どこかに隠れていたほうがいい。を選択した場合

※ドビアス・ソフスはスイートロール・キラーの襲撃に遭います。

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

今日は色々とうまくいきすぎていると思っていた。美味しいデザートと頭のおかしい殺人者に脅されることになるなんて!

ゴールドコースト貿易会社に隠れることにするよ。あそこは要塞みたいに頑丈だしいつも人がいるから。安全なはずだ!

まだ調査を続けないと、どうするべきか助言はできない。を選択した場合

※もう一度会話をして、上記の2択から選ぶ必要があります。

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

ああそうか。死が迫っていることを知らせておいて、自分の身は勝手に自分で守れって!

もしまたこの状況について考えることがあったら、戻って知らせてくれ。それまで私が生きていればの話だが

もう一度、ドビアス・ソフスと会話しましょう。

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

戻ってきたな。私が何をすればいいか分かったのか? こんな丸見えの場所に突っ立っていると、不安になってくる

もう一度、ドビアス・ソフスと会話しましょう。

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

荷物をまとめて、ここから出ていくよ。隠れる場所は知っているんだ

この件を解決してくれてありがとう。あなたは正真正銘の英雄だ!

スイートロールの受取人④ ロウナ

ロウナと会話しましょう。

ロウナ
ロウナ

あら、こんにちは! 足元に気をつけて。種をいくつか植えたばかりなのよ。また最初からやり直すのは嫌だわ

でも、私の愚痴を聞きに来たわけじゃないわよね。今日は何のご用?

最近、脅迫スイートロールを受け取ったと聞いた

ロウナ
ロウナ

スイートロール? どうしてそれを…?

うーん。ええ、スイートロールを受け取ったわ。夫も受け取って、その後行方不明になった。何のためにそんなことを聞いているの?

スイートロールの殺人者のことを調べるよう頼まれた

ロウナ
ロウナ

本当に? レマンに雇われたの? お優しいこと。レマンは夫がいなくなったときには何もしてくれなかったのに、今更気にしてくれる意味がわからないけど。どういうつもり?

運命は違う道を辿るかもしれない。あなたが現れることは予想していなかったから

レマンを知っているのか?

ロウナ
ロウナ

知っていると思っていた。実際にはそんなにわかっていなかった。つまり、彼のような人種は知ってる。人を利用して優しさにつけ込んでくる、嘘つきな詐欺師よ

それで、殺人者を止めるためにレマンに雇われたの? すごくおかしな話ね

夫について教えてくれ

ロウナ
ロウナ

私の夫? 中にメッセージが入ったスイートロールを受け取ったの。私と同じようにね。その恐ろしい予言に夫は怯えていた。それは確かよ

夫は武器をかき集めて書斎に閉じこもった。それでもなお、跡形もなく消えてしまった

死体もなかった?

ロウナ
ロウナ

なかったわ。血一滴すら残っていなかった。夫を悼むことすらできない

でも、夫はこのスイートロール・キラーに関連する連続殺人の被害者の一人に過ぎないわ。もう何ヶ月も続いているのに、今更突然レマンが気にしてくるなんて。なぜ気が変わったの?

手伝えることはあるか?

ロウナ
ロウナ

いいえ。私よりも、他にスイートロールを受け取った人達のほうがあなたを必要としているはずよ。私はアンヴィルに家がある。あなたが殺人者を捕まえるまで隠れていればいい。ただレマンには気を付けて。あいつは自分の利益を何よりも優先する人間よ

警告をありがとう

もう一度、ロウナと会話しましょう。

ロウナ
ロウナ

失礼なようだけど、私にはやることがたくさんあるの。また今度にしましょう

付呪師の店でラズム・ダーと話す

4人のスイートロールの受取人と話した後、クヴァッチにいるラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズの秘密の本部をお前に見せるのが待ちきれないな。用意ができたら付呪師の店の上にある部屋で合流して、スイートロール・キラーを潰す方法を考えよう

クヴァッチの付呪師の店に行くと、ヤーミアとラズム・ダーが待っています。

ヤーミアと会話しましょう。

ヤーミア
ヤーミア

あなたが過去にラズを助けたことを、彼が話してくれたわ

さっきは逃げだしちゃってごめんなさい。この〈女王の瞳〉とかいうのには慣れてなくって。あなたがあのおぞましいスイートロールのことを話したから、ちょっとびっくりしちゃったのよ。どういうわけか潜入調査がバレちゃったのかと思ったの

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

お前なら我々を見つけると思っていたぞ! ささやかだが、秘密の場所だ

あの付呪師は昔からの友人だ。付呪が失敗した時、助けてやったんだ。それでラズの毛の大部分が抜け落ちてしまった。情けない… しかし、今じゃ我々はこの素敵な会合場所を手に入れた

ドミニオンの〈女王の瞳〉がクヴァッチにいる殺人者のことを気にする理由は?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズはこういう殺しを前に見たことがある。被害者はもうすぐ死ぬという予言が入ったスイートロールを受け取り、数日後に殺される

あの殺人者は女王の側近を数人殺して逃げた。そのせいでラズの面子がつぶされた

同じ殺人者の仕業だと思うか?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

疑うなんて! ラズは完璧だとまだわからないのか?

ただ、同じ怪物の仕業ではないかと危惧している。幸運なことに、ラズの見習いがスイートロールを受け取った。罠を仕掛けられるということだ! ただ問題が一つだけある…

1つだけ?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

分かった。おそらく二つ以上あるだろう。ラズが心配なのは、この殺人者が贈り物を届けるために使っている伝令のネットワークだ。奴らはこれまで、どんな場所にでもメモを残してきた

ラズはこうした動きから、この殺人者が襲撃を行おうとしていると恐れている。それもすぐに!

それで、どうする?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

伝令を見つけ出して、街中に何を置いて回っているのか突き止める。殺人者の所まで、直接案内させることすらできるかもしれない!

外で落ち合って、一緒に奴らの後を追おう

見習いはどうする?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

見習い? ああ、そういうことか。彼女はここに残して行く。殺されてしまわないように願いながら

彼女は訓練中で、武器の使い方まではまだ教えていない。この前短剣を渡したら、自分の目をくり抜きそうになっていた

  • それがいい。扱えないのなら武器は持つべきじゃない。
  • 何か渡しておいたほうがいい。見つかったら戦えるようにさせておかないと。

それがいい。扱えないのなら武器は持つべきじゃない。を選択した場合

※ヤーミアはスイートロール・キラーの襲撃を回避します。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

同意してくれてラズは嬉しい。武器は安全に扱うべきだろう?

さあ、殺人者を探しに行こう

何か渡しておいたほうがいい。見つかったら戦えるようにさせておかないと。を選択した場合

※ヤーミアはスイートロール・キラーの襲撃に遭います。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

うーん、ラズはいい考えじゃないと思うが。まあ、あのエルフの女性には小型のナイフを渡しておこう。念のために

さあ、殺人者を探しに行こう!

もう一度、ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズがこれほど興奮した気持ちになるのは久しぶりだ。自分の手を何年もの間逃れ続けてきた殺人者に、もうすぐ引導を渡せるなんて

用意ができたら外で待ち合わせて、追跡を始めよう

ヤーミアと会話しましょう。

ヤーミア
ヤーミア

あなた、私をここに置いていくつもり? 私が殺しの標的になってるってことは知ってるんでしょ?

これってひどい計画だと思うの。スイートロールが嫌いになってきたわ

伝令の手掛かりを探す

付呪師の店から出た後、ラズム・ダーが話し始めます。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズは、開けた場所で動くのが嫌いなことを忘れていた

不審な伝令を南西の生け垣の迷路で見たぞ。なぜ街に生垣の迷路があるのかという謎は、後日に回そうじゃないか

生垣の迷路に行くと、迷路からエヴランが出て行きます。

エヴラン
エヴラン

失礼。悪いね。通らせてもらうよ

ラズム・ダー
ラズム・ダー

物を隠すのに絶好の場所だな! 像のようなものを探せ。隠し場所の目印になりそうなものだ

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

伝令は間違いなく何かを企んでいるな。街のそこら中にメモを隠しているんだ。生け垣の迷路はそういうことをするのに最適な場所だとラズは思う。何かの印の下に隠されているのではないか?

生垣の迷路を探索すると、像の下にある「疑わしいメッセージ」を発見します。

疑わしいメッセージ

美しき暗闇は、調査の次の段階のために配達場所を変えることを要求した。クヴァッチ周辺の新たな場所に、お前の発見物と巻物を置いてくるのだ。正確な地図のためには、以下に記された部分のすべてが必要だ。

次の伝令が届けられるように、お前の暗号を下部に置いておくこと。

- 狼の絶え間なき流れ
- 闘士の上の止まり木
- 永遠の騎士
- 道を見下ろす場所

ラズム・ダー
ラズム・ダー

暗号文? ラズは謎解きが苦手だ。お前が解いてくれ

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

じゃあここで暗号を解読して、メッセージをたどるわけだな?

ラズに何か考えが浮かんだら、喜んで教える

そう言えば、あの手掛かりはどういう意味だと思う?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

具体的にどの手掛かりのことだ? ラズにはわからない。でも警告しておこう。ラズは謎解きよりも殺しのほうが断然詳しい

「狼と永遠の騎士」の手掛かりについてはどう思う?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ああ、ラズはその手掛かりのことはわかると思う。簡単だ! 街の中で、騎士や狼に似ているものを探せばいいんだろう?

「止まり木」の手掛かりについてはどう思う?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

うーん。座る場所のことだろう。それに闘士。剣闘士か何かかもしれない

この街にどこか、剣闘士を見る場所はあるか?

「道を見下ろす」の手掛かりについてはどう思う?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ちょっと考えさせてくれ。うーん。見下ろすということは、どこか高い所のはずだ。建物の屋根とかか?

まあ、ジョーンとジョーデが鉤爪をお与えになったということは、どこかに登りなさいってことだ!

暗号のメモを解読する

「疑わしいメッセージ」を解読して、隠されたメモを探しましょう。

  • 狼の絶え間なき流れ … 付呪師の店の西にある噴水(濡れたメモ)
  • 闘士の上の止まり木 … クヴァッチ・アリーナの2階(アリーナのメモ)
  • 永遠の騎士 … 商人のサークルにある像の下(秘密のメモ)
  • 道を見下ろす場所 … 付呪師の店と宿屋を繋いでいる2階の通路(上方のメモ)
濡れたメモ

商人と自称している者に関して。

ドビアスは文書や契約書、その他の財務記録をゴールドコースト貿易会社から盗んでいる。彼が盗んだ情報で何をするつもりなのかはいまだ明らかではないが、彼の計画には利益もおそらく絡んでいるだろう。それだけで、彼の死を望む理由になるか? おそらく。

暗号の場所: 銀行の南。

アリーナのメモ

物乞いと自称している者に関して。

彼女は物乞いではない。本当のところ、彼女が何者かは定かではない。なぜ貧しい物乞いのふりをしなければならないのか。それも、あんなに下手な仕方で。私にはさっぱりわからない。しかし、彼女はなかなかハンサムなカジートと同行していたところを見られている。

暗号の場所: 大通りではない。

秘密のメモ

庭師に関して。

夫がスイートロール・キラーに殺されたと主張しているが、彼女に結婚歴があるという証拠はどこにもない。彼女は運命について話すようである。それもたっぷりと。彼女は間違いなく戦い方を知っている。彼女にスリを働こうとした盗賊の首を絞めているのを目撃した。

暗号の場所: 3つの道が出会う場所にある建物の中。

上方のメモ

パン職人に関して。

奇妙な男。ハイエルフの基準からしても奇妙だ。あまり多くの人を好きになるタイプではなく、人々もそれは同感であるらしい。しかしながら、彼のパン焼きの技術には疑問の余地がない。事実、人々は彼がゴールドコースト全体で最高のスイートロールを焼くと主張している。ぜひそのスイートロールを調べてみるべきだと思う。私が注文しよう。

暗号の場所: 大聖堂の東。

4つのメモを発見した後、ラズム・ダーが話しかけてきます。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

このメモが調査を命じた者に導いてくれる。手掛かりがあるはずだ。もう一度読め!

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

発見したメモによると、標的たちは全員、嘘つきの犯罪者だ。ただし、魅力的なカジートという部分は例外だな。実に賢い意見だ

まだわからないのは、このメッセージが誰のために残されたものかということだ。それを考えよう

これがどう繋がっているのか分かるか?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

それぞれのメモの下に書いてある走り書きは何かの説明のようだ。ラズが思うに、すべてを組み合わせれば何かの地図になると思う

まあ、普通の地図ではないが。役に立つかもしれない

でも、次にどこに行けばいいかは分かったのか?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

まあ、この手掛かりがあれば都市の大部分を除外できる。それに、本道以外に道の数はそんなに多くない

ラズは引き続きこの手掛かりについて考える。最後には何かに気づくはずだ

4つの隠されたメモを解読して、次の手掛かりを見つけましょう。

しばらくすると、ラズム・ダーが発言します。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズは天才だ! ラズは手掛かりの意味をつかんだぞ!

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

最初からずっと、ラズの目と鼻の先にあったのか!

しかし、考え過ぎでラズの頭は痛くなってきた

何か分かったか?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズは行き先がわかった! ずっと目の前にあったんだ

手掛かりが指し示している場所を知りたいか? パズルを自分で解きたいのなら、ラズは邪魔したくない

  • 行き先を教えてほしい。
  • 言わないでくれ。自分で解きたい。

行き先を教えてほしい。を選択した場合

ラズム・ダー
ラズム・ダー

南にある小さな家だ。時の騎士団の審判の塔の近くにある。大通りから外れた、人目に付かない所にある建物の1つだ

このメモを受け取った者がそこに隠れているに違いない。ラズの髭がそう言っている!

もう一度、ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

すべての手掛かりに合っている唯一の家は、街の南東にある。大通りから大きく外れたところだ

おいしいスイートロールを配る殺人者にとっては、素晴らしい隠れ場所だろうな

言わないでくれ。自分で解きたい。を選択した場合

ラズム・ダー
ラズム・ダー

素晴らしい! ラズもそのほうがいいと思う。ラズも女王の毎日の謎を解いている時に、小さなエルフが手伝おうとしてくるのが嫌なんだ

まあ、手助けが必要になったら言ってくれ。それまでは後について行って、どのように考えるのか見せてもらう

クヴァッチの南東にある「フェルムドの家」に入ると、ナリュー・ヴィリアンがいます。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

人が押し入った家に押し入るべきじゃないわ。あなたは名誉を気にしないの? ラズム・ダー

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ああ、なるほど! 美しき闇か! 待てよ、スイートロール・キラーはナリューなのか? お前を殺すのは忍びない

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

さて、確かに殺人者だけど、その名では呼ばれてないわ。で、そいつは何を? これは闇の一党に関係ないことよ…

ラズム・ダー
ラズム・ダー

うむ、ラズは戸惑っている。ナリューと話して、事の次第を明らかにしてくれ

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ナリューがここにいると知っていたら、花でも持ってきたんだが。あるいはワインとか。彼女は上質のワインが好きだと聞いているぞ。それとも新しい短剣かな?

正直に言ってくれ。ラズの毛はなめらかで輝いているだろう?

ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

もしあなたと闇の一党の仲間たちがあのスイートロールを送ったのなら、本当にがっかりだわ。私が脅しに寛容な人間じゃないってことぐらい、理解してると思ったのに

それに、きつい革服を着こなしながら、お菓子の誘惑に耐えるだけでも大変なんだからね

何の話だ、ナリュー?

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

私がゴールドコーストにいたことは誰も知らない。あなた以外は誰も。それなのに突然誰かが、私の名前が書かれたスイートロールを送ってきた。私がもうすぐ死ぬという予言が書かれたメモも付けてね

裏切ったみたいね。理由を言わないと刺し殺すわよ

そのスイートロール・キラーを探している。まだ街にいたことすら知らなかった

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

それで私の伝令の後をつけて、代わりに私を見つけたの? 脅迫スイートロールを受け取って以来ずっと、他の標的を調べてきた。誰が何のために私を殺そうとしているのか突き止めるためにね

と言うか、今度はどういう理由なのかをね

何か役に立ちそうなことはわかった? このことに関しては味方だから

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

脅迫スイートロールを受け取った人は、どういうわけか全員アンヴィルに移動している。頭のいい殺人者だとしたら、どうやらアンヴィルで行動を起こしそうね

実は今からそこに行くところなの。私を脅迫した者は生かしてはおけない

では、我々もアンヴィルに行こう

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

邪魔だけはしないで。まだ完全に信用したわけではない。でも以前一緒に仕事をしたこともある。そのことを利用してもいいかもね

ラズも同意見かどうか相談しておく。アンヴィルで落ち合いましょう

もう一度、ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

私は自分を脅したのが誰かを見つけ出し、そいつを殺して家に帰りたいだけ。それに、あいつらはひどいワインを出すのよ

あの猫と私だけで話さないとね。殺し合わずに済むように、基本的なルールを決めるの。その後、アンヴィルであなたと合流するから

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズはダイアウルフ並みの鋭い耳を持っている。この者はすべて聞いたよ

ナリュー・ヴィリアンのような奴に協力すると聞いたら、女王はおそらく顔をしかめるだろう。だがラズに言わせるなら「多いほど楽しい」。少なくとも、スイートロール・キラーを捕まえるまではな

ナリューのフォーチュンロール

アンヴィルでナリューとラズム・ダーに会う

アンヴィルに行き、ナリュー・ヴィリアンとラズム・ダーと合流しましょう。

ヤーミアがスイートロール・キラーの襲撃を回避した場合

アンヴィルに到着すると、ナリュー・ヴィリアン達が話し始めます。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

ラズ、そんなにその像をじろじろと見ていたら、目玉が頭から飛び出すわよ

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズは美しい人魚を鑑賞しているのだ。何とも… 大きくて、ナイスバディだ!

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

あの猫はいつもこうなの?

ヤーミア
ヤーミア

いえ、今日はまだマシな方よ…

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

人魚か… だが、今は仕事だ。そうだな?

殺人者の標的たちを集めておくべきだとラズは思う。全員を1ヶ所に配置して、罠を仕掛けておく。あそこにいる美しき闇も賛成するか、あるいはもっといい考えがあるか聞いてみよう

ヤーミアと会話しましょう。

ヤーミア
ヤーミア

私はまだ生きてるわ。だから大丈夫よ。でしょ? 指揮官が私に武器をくれなかったのは正しい判断だったみたいね。鋭いものには嫌な思い出がいくつかあるし

でも、他の人達と話したほうがいいんじゃない? 計画を考えるんでしょ?

ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

よし。みんないるわね。ここからが面白くなるのよ

ラズと私で取るべき選択について話し合ってきたわ。少なくとも、あいつが人魚を見つめていない間だけね。殺人者が誰なのか、知るのが待ち遠しいわ。そうすれば殺してやれるからね

殺人者を捕まえる方法を考えよう

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

もう考えてあるわ。ラズが見張れるように、ウッドエルフから離れるなと言われた。残りの標的を集めて、安全な場所に連れて行く

もう殺人者に見つかって早く片付けたいくらいなんだけど、あの猫はすごくしつこいわ

何をすればいい?

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

レマンのことは信頼してない。調査のためにあなたを雇ったと言ってるけど、何か隠していることがあるはずよ

ゴールドコースト貿易会社に行って、何でもいいからあの馬鹿について調べてきて。あいつのことを考えると耳がうずく。何か隠しているということよ

レマン・メヴァヴィウスを知っているか?

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

直接会ったことはないけど、ラズに聞いて詳しく知ってる

調査のために街で聞いて回って分かったんだけど、レマンはあなたを雇う直前、すべての標的と会いに行っていたみたい

そんなことは聞かされていない

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

多分、隠していることがたくさんあるはず。だからレマンを詳しく調べて貰いたいのよ。必要なら荒っぽい方法を取ってもいいけど、知っていることは全部吐き出させて

レマンは、スイートロール・キラーを止める鍵を握っているかもしれない

荒っぽい方法?

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

今ここであなたに試すのも楽しそうね。でも、とりあえず今はレマンについて調べて来て。喉にナイフでも押し当てるといいかも

レマンはスイートロール・キラーの標的全員に会ったみたいなんだけど、私の所には来なかった。その理由が知りたいわ

ヤーミアと会話しましょう。

ヤーミア
ヤーミア

あなた、レマンを追っているの? よかった! あいつより、さかりの付いたグアルのほうがまだマシよ!

あいつ、私が受け取ったスイートロールについて尋ねに来たと思ったら、私に手を出そうとしたのよ! でも急所に蹴りを入れてやったから、一週間は足を引きずって歩くでしょうね!

ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

ゴールドコースト貿易会社に向かいなさい。スイートロール・キラーについて、レマンが私たちに何を話さなかったのか突き止めるのよ。それが済んだら、エングラの宿で落ち合いましょう

まったく。この仕事の後、猫の毛を革服から落とすのに一ヶ月はかかりそうね

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズは可愛いナリューと一緒に行動する。残りの標的たちが宿まで安全にたどり着けるようにしておく

その間、お前はレマンを尋問してくれ。口を開かせるんだ。必要だと思うなら、どんな手を使ってもいい。ただし、どんな手かラズには教えなくていいぞ。いいな?

ヤーミアがスイートロール・キラーの襲撃に遭った場合

アンヴィルに到着すると、ナリュー・ヴィリアンとラズム・ダーが話し始めます。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

あなたの見習いはきっと逃げただけよ。殺し屋が来るんなら、その方がいいでしょう?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ヤーミアは雲行きが怪しい時、真っ先に逃げ出したりしない。誰かの後なら別だが。それに必ず戻ってくる。嫌な予感がする…

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

嫌な予感ならみんなしているわ。仕方がない。街中の目と耳に彼女を探させましょう。それで気が済むならね

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ありがとう。お前は冷徹な娼婦だと言われている… が、ラズはそう思わない

ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

ラズのウッドエルフの見習いがいなくなったの。ラズを安心させようとしてきたけど、多分スイートロール・キラーが動き始めたんだと思う

止めるのなら、素早く行動しないとね

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

どうしてラズはあのエルフの弟子に武器を与えてしまったんだ? 彼女はいなくなって、鋭い刃はただ床に転がっている。ナリューは彼女が逃げたんだろうと考えているが、ラズにはわかっている

ヤーミアを捕まえたのが誰にせよ、ラズはきっと見つけてみせる。そしてたっぷりと苦痛を味あわせてやる

スイートロール・キラーが標的を襲い始めたのか?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズは否定したいができない。ナリューとラズが他の標的達を探し出す。そして目が届くエングラの宿に匿うことにする

その間に、ラズはやっておいてもらいたいことがある

何をすればいい?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

最初に戻る。雇い主であるレマンに話をするんだ。ラズが思うに、あいつは何か隠している

ゴールドコースト貿易会社に向かって、何を隠しているのか探って来てくれ。必要ならば傷つけてもいい。ただヤーミアを見つけ出すまでは生かしておいてくれ

もう一度、ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズは可愛いナリューと一緒に行動する。残りの標的たちが宿まで安全にたどり着けるようにしておく

その間、お前はレマンを尋問してくれ。口を開かせるんだ。必要だと思うなら、どんな手を使ってもいい。ただし、どんな手かラズには教えなくていいぞ。いいな?

ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

ゴールドコースト貿易会社に向かいなさい。スイートロール・キラーについて、レマンが私たちに何を話さなかったのか突き止めるのよ。それが済んだら、エングラの宿で落ち合いましょう

まったく。この仕事の後、猫の毛を革服から落とすのに一ヶ月はかかりそうね

レマン・メヴァヴィウスを知っているか?

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

直接会ったことはないけど、ラズに聞いて詳しく知ってる

調査のために街で聞いて回って分かったんだけど、レマンはあなたを雇う直前、すべての標的と会いに行っていたみたい

そんなことは聞かされていない

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

多分、隠していることがたくさんあるはず。だからレマンを詳しく調べて貰いたいのよ。必要なら荒っぽい方法を取ってもいいけど、知っていることは全部吐き出させて

レマンは、スイートロール・キラーを止める鍵を握っているかもしれない

荒っぽい方法?

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

今ここであなたに試すのも楽しそうね。でも、とりあえず今はレマンについて調べて来て。喉にナイフでも押し当てるといいかも

レマンはスイートロール・キラーの標的全員に会ったみたいなんだけど、私の所には来なかった。その理由が知りたいわ

ゴールドコースト貿易会社でレマンを探す

アンヴィルのゴールドコースト貿易会社に行きましょう。

貿易会社の2階に行くと、レマン・メヴァヴィウスが倒れています。

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

これはお前のせいだ。お前なんぞを雇うのではなかった。私は何を考えていたんだ?

お前のせいで、殺人者は私を危険な存在だと判断した。私のスイートロールにメッセージを入れて送りつけ、毒の刃で私を斬ったのだ。私はもう死ぬ。お前のせいで

自分も殺人者に狙われたのか?

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

彼女のことは取引に行った遠征中に見つけた。幻視について話していた。運命の波を方向付けるため、幻視がどれだけ役立ったかについて。おかしな話だ。しかし確かに便利だ。わかるか?

標的に彼女を仕向けることができた。弓のようにな。彼女を解き放ち、死ぬのを見る

自分のためにスイートロール・キラーを働かせていたのか?

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

もう働いていない。当然だ。お前が私の名を出したからな。やるべきじゃなかった

彼女は裏切りを知っている。彼女を始末するためにお前を向かわせたと知っている。私が関与を隠していたことを。アンヴィルに着いて待ち構えていたスイートロールを見た瞬間に分かったよ

殺人者の正体と居場所を教えろ!

レマン・メヴァヴィウス
レマン・メヴァヴィウス

お前が会ったことがある人物。庭師だ。農舎を持っている… アンヴィルの南東に… しかし、しばらく戻らないだろう

私はもう死ぬ。お前のせいだ。わかっているだろうな… 報酬を渡すつもりはないぞ…

レマン?

レマン・メヴァヴィウスは亡くなります。

味方に警告する

アンヴィルの「エングラの宿」に行くと、ラズム・ダーとナリュー・ヴィリアンと、スイートロール・キラーの襲撃を回避した者たちが集まっています。

ドビアス・ソフスと会話しましょう。

※スイートロール・キラーの襲撃を回避している場合

ドビアス・ソフス
ドビアス・ソフス

あなたの助言を聞いて、他の者たちのそばにいることにしたよ。ここにいるあなたの仲間たちが私を酒場から引きずり出した時は、少し驚いたがね

もうだめかと思ったが、ここにいれば安全だ

トゥインダルと会話しましょう。

※スイートロール・キラーの襲撃を回避している場合

トゥインダル
トゥインダル

どうやら運命についてのお前の予告は正しかったようだ。私は普段の習慣を破ってアンヴィルに来たが、その〈殺人者〉とやらが現れる兆しはない

私がもらったこのスイートロールは誰か他の人物からの、ただの贈り物なのだろうか?

ヤーミアと会話しましょう。

※スイートロール・キラーの襲撃を回避している場合

ヤーミア
ヤーミア

誰かが付呪師の店の周りをうろついている音を聞いたような気がするけど、誰の姿も見なかったわ。殺人者だろうが誰だろうがね

ラズが私に武器をくれなかったことを考えると、多分そのほうがよかったんでしょうね

ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃を回避した場合

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

スイートロール・キラーめ! 標的と分かっていた人物は助けられたけど… 庭師のロウナがいない。跡形もなく消えてしまったわ

私、このお菓子に執着する狂人の予言に心底うんざりしてきたわ

スイートロール・キラーの標的の誰かが、襲撃に遭った場合

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

スイートロール・キラーめ! 標的のうち、安全なところまで連れていけたのは数人だけよ。残りの人たちを見つけるのは時間の問題でしょうね

私はあの予言にも、脅迫用のケーキにも、心底うんざりしてきたわ

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃に遭った場合

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

スイートロール・キラーめ! 標的と分かっていた人たちは全員消えてしまった。私以外はってことだけど

私はあの予言に心底うんざりしてきたわ。予告したことを自分で実現させるなんてね

ラズム・ダーと会話しましょう。

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃を回避した場合

ラズム・ダー
ラズム・ダー

喜ばしい知らせだ。殺人者の標的はほぼ全員発見した。いまだに失踪中なのはダークエルフの庭師だけだ。この悪党はラズが恐れていたほどの強敵ではなかったのかもしれない

だが、お前には他の知らせがある。そうだな?

スイートロール・キラーの標的の誰かが、襲撃に遭った場合

ラズム・ダー
ラズム・ダー

悲しい知らせだ。殺人者の標的を全員は見つけられなかった。ここの宿の中にいるので全部だ

殺人者がやったんだ。ラズの手はその重みを感じている。他の者たちは守れるといいんだが

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃に遭った場合

ラズム・ダー
ラズム・ダー

悲しい知らせだ。殺人者の標的の誰一人として見つけられなかった。全員消えてしまったんだ。ポンっと!

殺人者がやったんだ。ラズの手はその重みを感じている。今はただ殺人者を見つけて、ケリをつけてしまいたい

殺人者の正体と場所を知っている

ラズム・ダー
ラズム・ダー

本当か? ラズは感心した! 脅して丸め込んだのか? レマンだろう? 宿屋に行って飲んで騒いで、嫌なことを忘れるとするか?

ちょっと待て。レマンは女じゃないのか?

違う。レマンは殺人者じゃない。正確には。ロウナだ

ラズム・ダー
ラズム・ダー

庭師? ラズが見つけられなかったのも当然だな

でも時間を無駄にしている暇はない。殺人者の居場所を知っているのなら、今すぐに動くぞ。スイートロール・キラーを正義の苦いミルクへ沈めに行こう!

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃を回避した場合

宿の人たちはどうする?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズはアンヴィルの衛兵と話をつけた。思っていたより金が必要だったが、離れている間は彼らが面倒を見てくれる

スイートロール・キラーの標的の誰かが、襲撃に遭った場合

宿の人たちはどうする?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ここに残って見張るようナリューを説得したいところだが、肋骨の間を刺されるのはごめんだ

運が勇敢な者の味方をしてくれて、殺人者が戻って来る前に阻止できるよう願っておこう

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃に遭った場合

そうしよう。急ぐぞ

ラズム・ダー
ラズム・ダー

もしヤーミアを傷つけたら、ラズム・ダーと知り合ったことを後悔させてやる

もう一度、ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

街の南にある農場で落ち合おう。そこに庭師の殺人者がいるとお前は言っていた。そうだな? その方向にあまりたくさんの農場がないことを祈るぞ。無実の養鶏業者を間違って攻撃したら、恥ずかしいからな

ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

私の任務がどんな感じのするものなのか、これで分かったわ。いつも標的のことが頭に浮かんでいるなんてね

あなたがラズに話していたことは聞いたわ。その農場に行って、スイートロール・キラーの息の根を止めてしまいましょう

ヤーミアと会話しましょう。

※スイートロール・キラーの襲撃を回避している場合

ヤーミア
ヤーミア

この宿に私を置いていくつもりなの? しかも、どうせ武器はくれないんでしょ?

指揮官を信じて、あなたが戻ってきた時に私がまだ生きていて、彼と一緒にお祝いができることを祈るしかないわね

農場を調べる

アンヴィルの南東にある農場に行きましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ここは静かすぎるな。待ち伏せには絶好の場所だ

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

あら! だといいわね。戦いたくてウズウズしてたとこよ

ラズム・ダー
ラズム・ダー

お前の言うことは訳が分からない。誘惑したと思えば、次には襲っている。理解しがたい

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

分からないのは、それらを別物だと思いこんでいるからよ

ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃を回避した場合

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

何を待っているの? 殺人者を探して片付けましょう!

スイートロール・キラーの標的の誰かが、襲撃に遭った場合

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

この女の喉を掻き切って終わらせたいけど、行方不明の標的たちを探すのが先ね

ラズム・ダーと会話しましょう。

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃を回避した場合

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズはこの静けさの中に、悪意のある不意打ちが隠れているんじゃないかという気がする。早く進もう

スイートロール・キラーの標的の誰かが、襲撃に遭った場合

ラズム・ダー
ラズム・ダー

こういう状況で静かなのはまずいぞ。ロクなことにならない

ラズは標的たちがまだ生きていて、助けられる状態にあることを願う。気をつけて進め

他の人はどこだ?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

到着したときは静かで人影もなかった。怒られないように、建物の中はまだ調べていない。ラズはお前を待っていたかった。自分のパーティーを逃したい奴はいないだろう?

お前の準備ができ次第、調査を始めよう…

準備はできた

会話を終えると、運命を担う者の征服者たちが襲撃してきます。

運命を担う者の征服者
運命を担う者の征服者

運命の糸が交わった! 皆殺しにしろ!

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ああ、よかった。ラズは見つけたぞ

運命を担う者の征服者たちを倒すと、建物の中からロウナが現れます。

ロウナ
ロウナ

やめなさい! 多くの血が流れてしまった

あなたの勝ちよ。分かったわ。武器を収めて中に入りなさい

建物の中に入ると、ロウナと襲撃された者たちが横たわっています。

※全員が襲撃を回避した場合はロウナだけがいます。

ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

あの女に言いくるめられないで。私たちのうち、この建物から生きて出ていくのは一人だけよ。そして、それはロウナじゃない

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

あの殺人者の行動はまったく予想がつかない。気をつけるんだ。ラズが思うに、あの女は脳みそが漏れて、頭の中に溶けだしているんじゃないか

ロウナと会話しましょう。

ロウナ
ロウナ

あなたに見つけられることは分かっていたわ。運命が教えてくれたの。でも結末は定かでない。私たちの前には多くの道がある

スイートロール・キラーはさらに予言したのか?

ロウナ
ロウナ

私がどれだけその名前を嫌いなのか知らないようね。私は運命を担う者よ。未来に待ち構えているものを見て、そのために行動できる数少ない選ばれた者

私の標的は全員、大変な惨事を引き起こす可能性があった。それを阻止したのよ

被害者は邪悪だったから死ぬべきだったと言うのか?

ロウナ
ロウナ

善悪は私の幻視と関係ない。私が考慮するのは彼らの行動だけ。それぞれの行動が波紋を生み、その波紋が時間を経て広がる。最後には厄災が起こる

経済の崩壊、優れた指導者の死、女王に対する裏切り… 止めなければならなかった

商人、パン職人、〈女王の瞳〉の見習い。でもナリューについては?

ロウナ
ロウナ

彼女の運命は最悪だった。彼女の娘のせいで世界が焼け落ちる。あるいは可能性があった。未来は流動的なものだから

私の逃亡と死が見えたわ。今はどちらの可能性もある。そしてどちらもあなたの味方によって勝ち取られる。しかし、選択はあなた次第よ

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃を回避した場合

ただ殺してはいけないのか? 被害者はすべて救ってきた

ロウナ
ロウナ

これまではね

生かしてくれれば、他の運命を担う者を止めさせる。未来が変わる可能性はいつでもある。いつでも最善を願って、彼らが長生きできるようにする。でも今私を殺せば、仲間が彼らを見つけ出して殺すことになる。結局はね

スイートロール・キラーの標的の誰かが、襲撃に遭った場合

逃がす意味は?

ロウナ
ロウナ

もちろん彼らを救うためよ。ここから立ち去らせてくれたら、今彼らの血の中を駆け巡っている毒の解毒剤を渡すわ。私を殺せば彼らも死ぬ

選択はあなた次第よ。味方と相談し、結論が出たら教えて

もう一度、ロウナと会話しましょう。

ロウナ
ロウナ

どうぞ。あなたのお仲間たちと話してきなさい。それぞれ意見があるんでしょう

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

殺人者の口から戯言を聞いた。あの頭のおかしいダークエルフと交渉するなんてことを、どうして考慮しなければならないんだ?

標的になった人達の命を救うためか?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

まあ、そうだ、それもある

ラズは気が変わった。交渉するべきかもしれない。人々の安全のためならば何でもやるべきだ。狩りはまた別の日に続けられる

彼女は信頼できると思うか?

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃を回避した場合

ラズム・ダー
ラズム・ダー

尻尾で立ってバランスを取れる可能性くらいに信頼している。つまりゼロだ。試したから確かだ

しかし、運命を担う者達は標的を残らず始末するまでやめないはずだ。そこにはヤーミアも含まれている。ラズは許すわけにはいかない。だからラズは彼女を生かしておくべきだと思う

スイートロール・キラーの標的の誰かが、襲撃に遭った場合

ラズム・ダー
ラズム・ダー

いや、少しも

しかし、ラズは罪のない人達を救える可能性が少しでも上がるならそれがいいと思う。彼女は生かしておくべきだ

もう一度、ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズは気に入らないが、他に選択肢がない。あの殺人者をここから出ていかせないといけない

ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

あなたが検討しているだけでも信じられないわ。あの女の言ってることがどれだけおかしいか、聞いてたの?

意見は聞くまでもない気がする

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

もちろんそうでしょう。割れたマッドクラブみたいに頭がおかしい女よ! 運命がどうだとか未来がどうだとか。それに私について言ったことも。娘なんかいないのに。子供は嫌いだし! 起こりっこない

どう考えてもロウナは死ぬべきよ

彼女が標的にした人達はどうする?

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

どうするですって? 彼女は、また殺すわよ。そして私達を殺しに戻って来る。私達が世界を破壊すると思ってるんだから! 今数人救ったところで、後でどれだけ殺されると思う?

彼女を殺して、終わりにするべきよ!

もう一度、ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

考えることなんて何もないわ。あのダークエルフは死ぬべきよ

ロウナの運命を決める

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズも危険は理解している。だが、救える人々を死ぬに任せておくだと? ラズはそうしない。お前もそんなことはしないと思う

ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

難しい選択なのは分かってる。生死を決める決断はいつだってそうよ

でも彼女を逃がしてしまったら、また戻ってくるだけよ。もっと多くの人が死ぬ。あなたのせいでそんなことになってもいいの?

ロウナと会話しましょう。

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃を回避した場合

ロウナ
ロウナ

決断は下した? 今日、どんな運命がやって来るのか、選択したの?

私が標的にした者たちに自分たちの運命を変える時間を与えられるか、でなければあなたが私を殺して、彼ら全員を殺してしまうかよ。さあ、お願いだから教えて。じらされるのはもうたくさん

スイートロール・キラーの標的の誰かが、襲撃に遭った場合

ロウナ
ロウナ

ナリューは正しいわよ。運命を担う者たちは彼らを狙ってやって来るわ。一人残らずね。それが私たちの仕事だもの

でも、わずかにでもその人たちを救える可能性があるのなら、それに賭けない手はないわよね? そうでしょう?

何をするべきか決めた

ロウナ
ロウナ

じゃあ早く言って。じらすのはやめて。起こり得る運命のうち、どれを選ぶことにしたの?

  • ラズに同意する。運命を担う者達を止めるなら、お前を生かしておく
    ※スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃を回避した場合
  • ラズに同意する。解毒剤を渡せば生かしておく。
    スイートロール・キラーの標的の誰かが、襲撃に遭った場合
  • ナリューに同意する。死んでもらう。

ラズに同意する場合

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃を回避した場合

ロウナ
ロウナ

決定は受け入れるし、約束も守る。仲間を止めさせ、未来に何が起こるかは運命の流れに任せる

今のところはね

スイートロール・キラーの標的の誰かが、襲撃に遭った場合

ロウナ
ロウナ

決定は受け入れるし、約束も守る。ラズム・ダーの言う通り、解毒剤を渡すわ

もう2度とここに来るな

ロウナ
ロウナ

それは約束できない。運命の定めを担うのは私の責務であり、そのためにはどこにでも行く。でも今のところは、ヴァーデンフェルに戻るわ。運命を変える祠へと

興味深い。どうやら私達はそこで再会するみたいよ

会話を終えると、ロウナとラズム・ダーは建物から出て行きます。

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃を回避した場合

ロウナ
ロウナ

運命を担う者は、他の者の運命を定めましょう。あなたたちが守る人は無事よ。今はね

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

殺人者を見逃すっていうの? 本気なの?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

この人たちの時間を稼げるなら、それが一番いい。いいか、お前のためにもなるんだぞ、ナリュー

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

殺人者が死ねば皆のためになる。あの女を信用できるかなんて分からない!

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズはあの女がゴールドコーストを立ち去るのを必ず見届ける。それから付呪師の店で落ち合おう

スイートロール・キラーの標的の誰かが、襲撃に遭った場合

ロウナ
ロウナ

約束通りラズム・ダーを解毒剤の在り処に案内するわ

ラズム・ダー
ラズム・ダー

そしてラズは、お前をこの地から逃してやろう。だが次に会った時はそうはいかないからな

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

信じられない! どうしたら殺人者をそのまま逃がすなんてことが出来るの?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズは無実の者を死なせたくはない。お前はそんなにも冷たいのか、ナリュー?

ロウナ
ロウナ

心配しないで、アサシン。また会うわ

ラズム・ダー
ラズム・ダー

付呪師の店で会おう。この哀れな仕事が片付いたらな

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

私の味方をしてくれると思ったのに。私の先読みもたかが知れてるわ

ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

彼女を生かしておいたのね。そんなことをしないと思ってたのに。今日、救われた人は誰もいないわ。戦いを引き延ばしただけ

もう行って。私はどうせ、ヴァーデンフェルに戻らなければいけないし。この汚れた沿岸にはもううんざりだわ

クヴァッチの付呪師の店に行くと、ラズム・ダーとヤーミアが待っています。

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

嬉しい知らせだ。あのダークエルフは約束を守ったぞ。彼女は解毒剤を配り、我々は標的となった人々を助けた

お前の助けなしではできなかった!

しかし、スイートロール・キラーは逃がした

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ああ、ラズも納得はしていない。女王の側近を殺した者は、罰せられないままだ。それでもラズは、我々が正しい選択をしたと思っている

それよりも、あの運命を担う者達だ。ラズはそっちのほうが心配だ。どう思う?

また別の機会に考えればいいと思う

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズも同感だ! では見習いのエルフと一緒に家に戻って、彼女の訓練を続けることにする

ナリューと他の者が本当に安全になるのかどうかはわからないが。ヴァーデンフェルは、ますます危険な所になってしまったようだ

運命を担う者達が戻って来たら覚悟しないといけない

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ラズは幸運を祈ってるが、ヴァーデンフェルは管轄外だ

もし連中がドミニオンに姿を現せば、ラズが対処する。でもダークエルフの土地でなら? それは知ったことではない

クエストを完了する。

クエストを完了した後、ラズム・ダーとヤーミアが話し始めます。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

急げ、小さな見習い。それとラズのお気に入りのブラシを忘れるな。この美しい毛並みが絡まりでもしたら大変だ

ヤーミア
ヤーミア

こんなことをさせられるなんて聞いてないわ

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

もうラズは以前と同じようにスイートロールを見ることはできないだろう

ラズはとても悲しい猫になってしまった

ヤーミアと会話しましょう。

ヤーミア
ヤーミア

もう少しで死ぬところだったのに、そのお礼がこれってわけ! オーリドンに戻るからって、ラズは荷物をまとめろって言うのよ

武器を手に入れたらすぐに、あの偉そうな猫の皮を剥いでやりたいわ!

ナリューに同意する場合

スイートロール・キラーの標的の全員が、襲撃を回避した場合

ロウナ
ロウナ

決定は受け入れるし抗いもしない。ただ周りの人間を破滅に導いていることはわかっておくべきね。あなた達は全員、運命を担う者から狙われる。追われて殺される。未来は予言通りに起こる

あなたのスイートロールにはそう書かれてるわ

<ロウナを殺す>

プレイヤーはロウナを刺し殺します。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

まあ、そういうやり方もあるだろう

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

これでよかったのよ。死ねば誰も傷つけられない

ラズム・ダー
ラズム・ダー

だが、運命を担う者はどうする? ラズには、始まりとしか思えない

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

何とかする。何と名乗っていようが、奴らは一人少なくなった… 片づける相手も一人減ったわ

飲みに行くわ。クヴァッチの宿屋にきて。お別れはそこでしましょう

ナリュー・ヴィリアンは建物から出て行きます。

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ふむ、ラズの計画とはちょっと違ったが、今のところは全員無事だ

感謝するぞ。ラズはヤーミアの安全を確保して、これからはスイートロールに近寄らせないようにしよう

スイートロール・キラーの標的の誰かが、襲撃に遭った場合

ロウナ
ロウナ

決定は受け入れるし抗いもしない。起こり得る運命はすべて見たけれど、今はどうやってもあなたに負けることになっている

私が始めたことは仲間が完成させるけどね。間違いないわ。未来は運命を担う者達の手によって守られる

<ロウナを殺す>

プレイヤーはロウナを刺し殺します。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

よせ! 何のマネだ?

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

こうしなければならないのよ、ラズ。あの女を見逃せば、他の誰かに迷惑がかかる

ラズム・ダー
ラズム・ダー

こんなのは〈女王の瞳〉の流儀ではない。これではまるで闇の一党か、モラグ・トングだ

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

いい加減になさい、猫。今日は命を救ったのよ。私のも含めてね

もうしばらくクヴァッチの宿屋に滞在するわ。私が出発する前に会いに来て

ナリュー・ヴィリアンは建物から出て行きます。

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

そのダンマーの提案に一理あることは認める。だが、挑戦もしないのか? それはラズのやり方ではない

ラズはそろそろ女王のところへ戻る時かもしれない。遠い昔に我々の民を殺した者が片付いたということを、彼女に伝えよう

クヴァッチの宿屋に行き、ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

あら、誰かと思った! 私がさよならのキスもせずにいなくなると思ったの?

面白い服だ

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

色々あったっていうのに、最初に言うのがそれ? 言わせてもらうけど、着心地が良いしすごく似合ってるからいいのよ

これは私の組織の制服よ。故郷に帰る時には、相応しい服装をすることになってるの

故郷はどこなんだ?

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

ヴァーデンフェルよ。遠い所だけど、友達や家族がそこにいるから。再会できるのは嬉しいわ

それに、私の組織が仕事に関する大規模な計画を立てているらしいから。加わりたいと思うのは当然でしょう

運命を担う者達については?

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

スイートロール・キラーが言ったことは覚えてる。あの言葉には一生苛まれることになるでしょうね。でも、これは私の人生よ。生き方は自分で決める。その時が来たら、運命を担う者達はどうにかする

とりあえず、お礼が言いたかったの

もう少しいられないのか?

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

感傷的なことを言うのはやめて。お互い進むべき道がある。おっと、運命を担う者みたいな口調だったかな

とにかく、キスを一つだけ残していきましょう。本当にいいキスを一つね。もっと欲しかったら、ヴァーデンフェルまで会いに来て

クエストを完了する。

もう一度、ナリュー・ヴィリアンと会話しましょう。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

お客様に一つキスを送ろうと思ってね! でも今度会う時は、もっといいものをあげるって約束するわ

それじゃあね。このスイートロールを食べるところを見られたくないの。別にいいでしょ! あれだけのことがあった後なんだから、ちょっとおいしいものを食べたっていい!

関連資料

腕利き求む

緊急の要件。非常に危険。報酬は弾む。命の危険がある仕事。特別に実力のある冒険者のみ募集。

詳細を知りたい者は、クヴァッチの宿屋でレマン・メヴァヴィウスというインペリアルを探すこと。

ナリューのフォーチュンロール

暗闇がどれだけ美しくても、太陽が昇る時、暁はそれを破壊する。

アンヴィルの謎の人魚

アンヴィルはゴールドコーストに建設された時から、冒険と魅力にあふれた都市である。伝説と謎に富み、通りや酒場は世界中からの話題に満ちている。中にははるか彼方の地に起源を発しないものもある。それは建造物の土台に見られるどれよりも古い石から切り出されたアンヴィルの美と魅力の権化、アンヴィルの人魚である。

基本的なことに関する何の記述もなく、街の記録にも起源の記載が見つからないこの人魚は、真っさらな状態でおかれてきた。地元民と訪問者は一様に自分なりの解釈をしてきた。のどかに横たわり慎みのない姿態の彼女は、いくつもの名前と称号を持っている。いくつかはここに記すのにふさわしくない。悲しげな海水の乙女、足長の少女、しょっぱいセレナーデ、石の誘惑者など、他にもたくさんのあだ名があるアンヴィルの人魚は、彼女を眺める者に必ずと言っていいほど長く残る印象を与える。

その人魚のどこに我々はひきつけられるのか。なるほど城っぽい色の岩のなだらかなカーブは美しい姿を生み出しているが、芸術のために裸で横たわっているのか? その完全なる気高さは神々のため、タムリエルの王族、デイドラ公のために建てられた多くの石像と競うほどで、人魚はかつて正体不明の作者にとってそれに似たようなものだったと推測される。美しい人魚は実際のところ長きにわたって忘れ去られた神なのか、それとも隠された神の姿であるのか。さらに不名誉な噂になるが、古代の海の民の文明に現れたアズラではないかという噂もある。だがスロードがあのような美を生み出したとは考え難い。では何だろうか? ドゥルーか? いや、考えられるのは鱗とエラを持っていたシーエルフだ。

人魚が本当は誰を、何を体現しているのか、ほんの少ししかわかっていない。誰が作ったのか、または作らせたのかはさらに謎だ。誰がその巨石を慎重に掘り磨いてこの世にその美を生み出したのか、信用に値する記録はない。多くの者が人魚の起源を説明しようとし、また古い祖先がその設計に関わったと主張した。情報源がいかに信頼できようとも、さらなる調査により常にどの説明よりも古代にさかのぼる。実際、もっとも最近の考古学的研究では、人魚はアンヴィルのどの建造物よりもはるかに昔のもので、少なくとも何人かの称賛者が彼女の側に拠点を置き、その美しい姿の周りに街を築いたのだという。人魚は街中が彼女を見上げることになり喜んだか、それとも恥ずかしく思っただろうか。彼女の遠慮がちな表情を見た者は、答えることができたとしても謎は永遠に解けないだろうという。

それがアンヴィルで彼女が愛される理由だ。

レマンのフォーチュンロール

運命の聖なる教えに背く者は、労働の成果を味わえない。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました