クエスト

星読み

ESOクラグローン > ストーリークエスト

物語内容

クラグローンの危機を知る

クエストを開始するには、各同盟の首都に居る〈星読みのヘラルド〉に話しかけるか、クラグローンのベルカースとバンコライの門の掲示板に貼ってある〈緊急の警告〉を読みましょう。

〈星読みのヘラルド〉からクエストを受ける場合

各同盟の首都に居る〈星読みのヘラルド〉の話を聞きましょう。

・ダガーフォール・カバナントはウェイレスト
・アルドメリ・ドミニオンはエルデンルート
・エボンハート・パクトはモーンホールド

星読みヘラルド
星読みヘラルド

クラグローンに破滅が訪れる!
空から星が消えた!

誰も耳を傾けないのか?
誰も助けないのか?

星が消えた?
それはどういう意味だ?

星読みヘラルド
星読みヘラルド

私は星読みの見習いだ。
星がタムリエルにどのように影響するのか研究している。

少し前の話になるんだが、星座を観測していたとき三つの星座に異変が起きていることに気が付いたんだ。
その直後、クラグローンにあの不思議な軍勢が押し寄せてきた。

どうすればいい?

星読みヘラルド
星読みヘラルド

仲間の一人にハーラという女性がいて、今は彼女が敵の攻撃を止めようと頑張ってくれている。
だが、我々は戦う訓練を受けた兵士ではない。

この荷馬車は、クラグローンのベルカースという場所へ行くよう準備してある。
そこに彼女がいるはずなんだ。
直接話を聞いてくれないか?
お願いだ、どうか助けてくれ。

分かった。
できる限りの手助けをしよう。

星読みヘラルドが用意した荷馬車に乗って、クラグローンに行きましょう。

〈緊急の警告〉からクエストを受ける場合

クラグローンのベルカースとバンコライの門の掲示板に貼ってある〈緊急の警告〉を読みましょう。

緊急の警告
緊急の警告

「旅人への注意!
未知の戦士の部隊が西の荒野で隊商を襲っている。
東の道では精霊の大軍団が通る者を脅かしている。
軍の護衛が得られない者は、街から出ないように!」

<掲示内容をもっと見る>

緊急の警告
緊急の警告

「星の研究を行っている学者集団、星読みが有能な戦士をタムリエル中から募集しています。
手を貸してくださる方は、ベルカースの丘の上にある天文台にて、ハーラまでご連絡ください」

ハーラを見つけて援助を申し出よう。

星読みの天文台を訪ねる

クラグローンのベルカースにある、星読みの天文台を訪ねましょう。

〈星読みのヘラルド〉からクエストを受注した場合、ベルカースにいる〈土をける者スロン〉と話すと、天文台の場所を教えてくれます。

土をける者スロン
土をける者スロン

最初の砂の巨人を見るまで、星読みたちの予言を信じてなかった。
あの怪物は馬一頭を半分に切った。
あんなに走ったのは、リフテンの街で肉を盗んだ時くらいだぜ。

今は、しっかりと耳を傾けてるよ。

星読みたちを探している。

土をける者スロン
土をける者スロン

すっかりと人気者だな。
ついこの間までは、星座狂いのおかしな奴らとしか思ってなかったのに、今は彼らだけが状況を知ってるみたいなんだ。

天文台はあの丘の上にある。
すぐ分かるさ。

星読みの天文台に到着したら、中にいる星読み達と会話しましょう。

フェルドラサ
フェルドラサ

まだハーラと話してなかったら、話してね。
ハーラは一緒にセレスティアルの大蛇と戦う協力者を集めてるわ。

ナズデュラ
ナズデュラ

ハーラを心配してるの。
彼女はセレスティアルが現れてからずっと忙しく働いてた。
身体に悪いといつも注意するけど、聞かないのよ。

カエシルス・ブルシオ
カエシルス・ブルシオ

良く来た。
ハーラとまだ話してなかったら、話した方がいい。

ハーラと会話しましょう。

ハーラ
ハーラ

早く言って。
私達はもう限界だし、私は忙しいの。

何か事件が起こっているようだ。
手伝おうか?

ハーラ
ハーラ

ありがとう。
助けに来てくれたのに、ごめんなさい。

状況を説明してくれないか?

ハーラ
ハーラ

最初から説明するわね。
少し前に、三つの守護星座が夜の空から消えたの。
戦士座、魔術師座、盗賊座よ。

何があった?

ハーラ
ハーラ

分からないわ。
生涯を星の研究に費やし、私は星の話し声を聞いてきた。
でも、今は沈黙している。
不気味だわ。

分かっているのは、空から守護星座が消えた途端に、三人の強大な力を持つ者がクラグローンを攻撃し始めたことよ。
彼らはセレスティアルと名乗ってるわ。

セレスティアル?

ハーラ
ハーラ

分からない。
聞いたことのない名前よ。

三人のセレスティアルのうち二人は戦士と魔術師を名乗っているけど、三人目は奇妙なことに十三番目の星座、大蛇と名乗っている。
盗賊がどこにもいないの。

何をしてほしい?

ハーラ
ハーラ

星読みたちは学者よ。
今の脅威には対処できない。
戦士、魔術師…そして大蛇に立ち向かうには歴戦の勇者が必要よ。
できれば盗賊座も見つけ出せる勇者がね。

協力してくれない?
セレスティアルに立ち向かう、私達の切り札になってほしいの。

もう少し考えさせて。

ハーラ
ハーラ

もちろんよ。
でもあまり時間はないわ。
守護星座はタムリエルを何紀にもわたって守ってきた。
彼らの加護がなければ、私達はどうなってしまうことか…

もう一度ハーラに話しかけて、協力することを伝えましょう。

ハーラ
ハーラ

あなたの決断は?
助けが必要なのよ。

協力する。

ハーラ
ハーラ

ありがとう。
仕事はたくさんあるわ。
でもまずは、私達の正式な一員になってほしい。

星のサークルに入って、私たちの祝福を受け入れて。

ハーラ
ハーラ

今はクラグローンにとって困難な時。
星たち自身が私たちに背を向けているわ。

星読みの祝福を受ける

星読みの一員になるため、星読みの祝福を受けましょう。

ハーラ
ハーラ

さあ、サークルの中へ。

儀式のサークルを使うと、星読みの儀式が始まります。

ハーラ
ハーラ

天の星よ、この新しい光に意思を継がせよ。

カエシルス・ブルシオ
カエシルス・ブルシオ

星々よ、この者たちをお認めください。

オレンウェン
オレンウェン

星々よ、この者たちをお認めください。

ハーラ
ハーラ

その導きを永久に辿らせんことを。

カエシルス・ブルシオ
カエシルス・ブルシオ

ああ、彼らに力を。

オレンウェン
オレンウェン

ああ、彼らに力を。

ハーラ
ハーラ

その栄光より堕ちし者に救いの加護を与えたまえ。
我らが失われし守護星座たちよ。

カエシルス・ブルシオ
カエシルス・ブルシオ

ああ、彼らに祝福を。

オレンウェン
オレンウェン

ああ、彼らに祝福を。

星読みの儀式の最中、異世界に転送されます。

目の前にはフードを被った女性の幻視がいます。

盗賊
盗賊

話をさせて。
怖がらなくていい。
私は味方よ。

盗賊と会話しましょう。

盗賊
盗賊

許してね。
私の居場所を知らせず、連絡する方法はこれしかなかった。
今も、〈スケールドコート〉という大蛇の信者達が私を探してる。

何者だ?

盗賊
盗賊

私はセレスティアルの盗賊。
大蛇が解放されてタムリエルに出現した時、他のガーディアンと一緒に現れた。

一人ずつ、大蛇はみんなを閉じ込めた。
最初は戦士、それから魔術師。
私にも同じことをするつもりよ。

大蛇が他のガーディアンをコントロールしているというのか?

盗賊
盗賊

そう。
クラグローンを攻撃しているのは彼らの意志ではないの。

よく聞いて。
大蛇の本質は混沌よ。
現実の秩序を破壊しようとしている。
クラグローンだけではすまないわ。

どうやって彼を止める?

盗賊
盗賊

私の力だけでは足りない。
他のガーディアンを解放しなければいけない。
私はできるだけ手助けをするけど、大蛇は私を探している。
他の者と同じく私が捕まれば、すべてが終わるわ。

ガーディアンをどうやって解放する?

盗賊
盗賊

ハーラと星読みたちが援護するわ。
彼らの知識を使って、〈スケールドコート〉を探してみて。
彼らがいれば、大蛇もそこにいる。

でも、誰にも私と会ったなんて話さないで。
大蛇の密偵があちこちにいるの。

お前は本当に盗賊の星なのか?

盗賊
盗賊

ある意味ではそうね。
星座の絵を見て〈あれは盗賊だ〉とか〈あれが戦士だ〉と言えるくらいには。
いずれにせよ、私は盗賊。
もしくは盗賊として見られている。

ガーディアンについて教えてくれ。

盗賊
盗賊

十二個の星座のうち、守護星座の役割は、小さい星座を大蛇の破壊的な行動から守ることよ。

戦士と魔術師が大蛇に支配された今、彼らの守りにはほころびが出来ている。
つまり、タムリエルも危ないの。

ハーラを知っているか?

盗賊
盗賊

知らなかったら驚くわ。

星読みたちはあまり自覚していないけど、星を観測する者として古い伝統も受け継いでいるの。
彼らの献身は届いているわ。

盗賊
盗賊

もっと教えられたら良かったけど。
もう大蛇の陰謀を暴けるのはあなたしかいない。
出来るだけ質問には答えるわ。

ポータルを使って元の世界に戻りましょう。

元の世界に戻ると、星読みの儀式が完了します。

ハーラ
ハーラ

あなたは天の星に認められた。
これであなたも私たちの一員よ。

ハーラと会話しましょう。

ハーラ
ハーラ

星たちはあなたを認めたわ。
手遅れじゃなければいいけど。

預言書の何冊かには、星たちについて書かれている…しかし預言さえ、この展開は予見してなかった。

どこから始めればいい?

ハーラ
ハーラ

街を出る前に仲間を集めることね。
戦士、魔術師、大蛇の軍勢に立ち向かうためには、信頼できる友が必要よ。

何か新しい発見をしたら、私のところに戻ってきて。
その情報を元に、セレスティアルを倒すための戦略を練ってみるから。

クエストを完了する。

今後の行先を聞く

クエスト完了後、ハーラに今後の行先を聞きましょう。

ハーラ
ハーラ

大蛇が北の山地に勢力の大半を集めて、自らその内に籠ったそうよ。

都合がいいわ。
この機会に脅威について情報を集めて、防衛計画を立てましょう。

セレスティアルの戦士について何が分かっている?

ハーラ
ハーラ

戦士座は守護星座の一つで、他の星を大蛇座から守る役割を担っている。

けど、最近出現したセレスティアルの戦士は味方じゃない。
彼はアンカ・ラーと呼ばれる、悪しき古代のヨクダ戦士を率いているわ。

アンカ・ラーについてもっと詳しく教えてくれないか?

ハーラ
ハーラ

彼らは古代人で非常に危険、ということしか分からないわ。

ダガーフォール・カバナントの基地から、興味深い噂を聞いているわ。
アンカ・ラーと同じ時期に出没した勇者が西にいるらしいの。
そこから探したほうがいいかもしれない。

クラグローンに現れた戦士を調査するにはどこから始めたほうがいいか?

ハーラ
ハーラ

私達の仲間で、エロルドという者がこの件について古代ネードの文献を調査してるの。
彼はセレスティアルの急な出現について、何か分からないか調べてる。

エロルドは頭が良いけど、戦いはからっきしなの。
彼の援護をしてくれると助かるわ。

セレスティアルの魔術師について話したい。

ハーラ
ハーラ

魔術師座、戦士座、そして盗賊座は守護星座として知られているわ。
だけど膨れ上がっている精霊の軍勢とか、クラグローンで増えている魔法の事件を考えると、魔術師は大蛇の手中に落ちてしまったようね。

魔術師が精霊を召喚している?

ハーラ
ハーラ

精霊は元々エリンヒルの街にいる召喚師たちによって、クラグローンをダークアンカーから守るために召喚されていたの。

だけど今は別の主人に従ってるようね。
そして確実に増えている。

どうすれば彼らを止められる?

ハーラ
ハーラ

さっぱり分からない。
精霊を召喚した召喚師たちも消えているの。

だけど精霊は、ダークアンカーを倒すために召喚されてる。
ドルメンを調べれば手掛かりがあるかもしれないわ。

魔法の事件とはどんな事件?

ハーラ
ハーラ

不思議なことよ。
説明するのが難しいわね。
砂漠の中央に大きな呪文の痕、スペルスカーがあるの。
そしてベルカースに二人のハイエルフが現れ、どちらも自分が魔術師だと主張しているわ。

まるで、魔術師が大蛇と戦おうとして敗れたかのようにね。

ハイエルフたちの言葉には真実が入っていると思う?

ハーラ
ハーラ

完全に否定はできないけど、彼女たちの主張を調査する時間がとれていないの。
あなたが調査してもいいけど、罠には気をつけて。
大蛇がおびき寄せてるのかもしれないから。

その女性達は、ベルカースのクロスローズ酒場にまだいると聞いているわ。

星読み達の話を聞く

クエスト完了後、星読みの天文台にいる星読み達から話を聞きましょう。

カエシルス・ブルシオと会話しましょう。

カエシルス・ブルシオ
カエシルス・ブルシオ

星読みに歓迎するよ。
今は恐ろしい時だから、あなたみたいな味方がいると安心するんだ。
他の星読みと話すといい。
何人か、手伝ってもらいたいと思う。

何者だ?

カエシルス・ブルシオ
カエシルス・ブルシオ

大したものではない。
何の変哲もない、星を追いかけている年寄りの学者だ。

いつの時代にも助けが必要な時、星が英雄たちに力を貸していると信じていた。
でも今は、星たちが助けを必要としている。
世界が終わるのではないかと心配だ。

星座のことでもっと詳しく知りたい。

カエシルス・ブルシオ
カエシルス・ブルシオ

もちろん。
星座は全部で十三個ある。
戦士、魔術師、そして盗賊の三星座が他の星座を守護している。

この三つがタムリエルを見守っている。
よそよそしくて冷たいが、慈悲の心があると俺は思っている。

13番目の星座は?

カエシルス・ブルシオ
カエシルス・ブルシオ

大蛇座だ。
元の星座は十二だったが、いつしか大蛇座が夜の空に姿を現すようになった。

神出鬼没で、季節ごとに気まぐれに現れては、他の星座に害を与えている。

ハーラのことをもっと教えてくれないか?

カエシルス・ブルシオ
カエシルス・ブルシオ

彼女は星にとても詳しい。
最近こちらにきたばかりで、その前は人里離れた場所に住み、古代ヨクダの占星術の伝統を学んでいた。

彼女は豊富な知識を持っていて、良い助けになっている。

彼女は新しい住人にしては、かなりの権力を持っているな。

カエシルス・ブルシオ
カエシルス・ブルシオ

クラグローンに来る人の多くは、平穏な学びを求める者だからな。
ハーラがあの時兆候を見たのが幸いだった。

彼女がいなければ、問題が起こった時にベルカースも制圧されていただろう。
他のクラグローンと同様にな。

ナズデュラと会話しましょう。

ナズデュラ
ナズデュラ

私たちの仲間になってくれてよかった。
出来る限りハーラの手伝いをしてるけど、今は学者より戦士の方が必要よ。
彼女を安心させてくれると嬉しいわ。

あなたは何を星読みにやっていた?

ナズデュラ
ナズデュラ

私は新入りだけど、できるだけのことをしてる。

セレスティアルが現れて以来、人々はハーラに答えを求めていた。
私は会合の手配や手紙の返信とか、小さなことを手伝った。
ハーラに、もっと重要なことに集中してもらえるように。

なぜここに来た?

ナズデュラ
ナズデュラ

私は他のオークたちと一緒にハンマーフェルに来たの。
族長の一人が新しい妻を探していたから。
私は選ばれなかったけど、その夜の宴会には招待されてた。

その時、アイアンオークが襲撃してきたのよ。

何があった?

ナズデュラ
ナズデュラ

考えたくもない。
あれは戦いじゃないわ。
惨殺よ。
私がいつ失神したかは覚えてないけど、目が覚めた時にはアイアンオークたちも次々と死んでいったの。

その時立っていたのはただ一人。
空に手を広げていたハーラだけだった。

ハーラがアイアンオークを殺した?

ナズデュラ
ナズデュラ

分からない。
不可能だと思うでしょう?
私に言えるのは、彼女が私を見つけて、ここへ連れてきてくれたってこと。

だから私はハーラに恩返しがしたいの。
彼女のためなら何でもするわ。
星読みが私の家族になったのよ。

フェルドラサと会話しましょう。

フェルドラサ
フェルドラサ

もう一人新人がいるのはいいわね。
私は星読みと勉強のために来た、ただの見習いよ。
こんなに恐ろしいことになるなんて思わなかったわ!
だけど、この機会にセレスティアルについて何か学べるかも。

ムハイ・アトナルクと会話しましょう。

ムハイ・アトナルク
ムハイ・アトナルク

この蔵書庫は立派だろう?
まあ、昔ほどではないらしいが。
過去の英華を極めた姿がどんなに素晴らしかったとしても、現在に存在している素晴らしさに勝る事はないだろう。

ハーラのことをもっと教えてくれないか?

ムハイ・アトナルク
ムハイ・アトナルク

彼女は奇妙だよ。
ある日、砂漠から出てきた。
星が空から落ちて大蛇が解放され、警戒していない世に出てきたという予言を叫びながらね。

今の状況を予想してたのか?

ムハイ・アトナルク
ムハイ・アトナルク

誰もこんなことが予測できるもんか。
砂漠の戦士達が攻撃し、精霊が主人に刃向い、奇妙で形なき怪物が現れ…

だが、ハーラは何かが起こることを感じていた。
彼女のおかげで、ベルカースを守るための準備ができた。

偶然にしては奇妙だ。

ムハイ・アトナルク
ムハイ・アトナルク

我々は危険な時代に住んでいる。
偶然と破壊は紙一重だ。
私?
私は疑問を抱くには年を取りすぎている。

星読みたちについてもっと教えてくれ。

ムハイ・アトナルク
ムハイ・アトナルク

昔の栄光の話などを話したいが、そんなものはない。
長年我々のような者はたくさんいた。
気難しく、退廃的で、偏狭な奴らがね。

ハーラがいなければ、我々も同じ運命を辿っていた。

セレスティアルについて何を知っているのか?

ムハイ・アトナルク
ムハイ・アトナルク

セレスティアルに纏わる話はたくさんあるが、一つも真実ではない。

空から降ってきた星?
古代文明が作り出したガーディアン?
シェオゴラスが仕組んだデイドラのいたずら?
どれだろうな。

観察するのが仕事なんじゃないのか?

ムハイ・アトナルク
ムハイ・アトナルク

破壊と損害から、知っているわずかなことを守るのが私の仕事だ。
計り知れない不思議を調べ、答えを求めておかしくなるのは別の者の仕事だ。

次回クエスト

ストーリークエストを進めるためには、「戦士の呼ぶ声」と「元素の軍勢」の2つをクリアする必要があります。

「毒された石」と「打ち砕かれし、忘れ去られし」は必須ではありませんが、物語を補足してくれます。

※「毒された石」と「打ち砕かれし、忘れ去られし」はグループ推奨のクエストです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました