スポンサーリンク
書籍

揺るぎなき者の会

エリンヒルのファラスタス著

インペリアル貴族の名士数人の求めにより、通常は私の専門外にある主題に踏み込むことになった。時事問題という領域だ。より正確には揺るぎなき者の会の台頭と、その政治的役割である。

慈善事業家のバカロ・ヴォロラス卿は、三旗戦役によって引き起こされた苦痛に巻き込まれた人々に救いの手を差し伸べるため、揺るぎなき者の会を発足させた。三同盟が衝突する中、戦場の背後で家族は離れ離れになり、子供は孤児となり、兵士は負傷し、飢餓が広まった。会はうち続く紛争に見舞われた人々に、援助と安全を与えるため全力を尽くしている。

ロングハウス皇帝の終焉につながったコロヴィア反乱の初期、地域お共同体の指導者たちが進みでて、ヴァレン・アクィラリオスの軍が帝都に進行した際、流出した難民たちの庇護者として活動した。藁のベッドが作られ、避難所が急遽建設され、シチューの鍋が配備された。血が染みついたチュニックやボロボロのベッドシーツから旗が紡がれ、窮乏する人々のための安全な隠れ家、そして救助の場であることが示された。このような善意と救援の非公式の集合体は、バカロ・ヴォロラス卿の存在がなければ、単なる歴史の一挿話でしかなかったかもしれない。栄華を極めたヴォロラス家は、レオヴィック帝に対する戦争によって深刻な打撃を受けた。バカロ自身も戦闘のために伴侶と子供たちを失った。悲しみに暮れる中、この貴族は巨額の私財をさまざまな種類の慈善活動に注ぎ込んだ。そして三旗戦役が始まると、彼は揺るぎなき者の会を創設して、最も必要とする人々に援助が差し伸べられるよう取り計らった。

会は負傷者のために治癒のテントを設置し、飢えた人々のために食料と水を配り、その他にもできる限りの援助を提供している。バカロ卿の言葉として「私の一族は常に、富は正しい仕事を育てるために用いられるべきだと信じている。我々は同盟戦争の暴力に巻き込まれた民たちを助けることを目的としている」との言が伝わっている。

この会は宗教組織ではないが、ステンダールの教えに着想を得ていることは確かである。治療院と食糧配給テントに加えて、会は戦争に巻き込まれた人々に対し、兵士と一般人を問わず同情と慈悲を示す活動に従事している。比較的小さな組織であるため、この会は基本的にシロディールの戦場付近で活動している。バカロ卿は最近、ハイ・アイルにある地所を治療院へと変え、自ら費用を受け持って特別に深刻な負傷者たちをこの地区に輸送し、治療と保養を受けさせている。

ゴンファローネ湾から日々、揺るぎなき者の旗を掲げた船がやって来る。それぞれの船は各地からの食料や物資など、戦争被害者のための救援物資を運んでいる。パクトであろうと、カバナント、ドミニオンであろうと、戦士のチュニックの色はこの会の船にとって無関係である。彼らは窮乏するすべての者に助けを与える。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました