書籍

アヴァリアンの巻物

「戦士の神の書: 3:24—アヴァリアンの戦い」から抜粋

そして火山は雷のような轟音を立てて噴火した。
大地は震え、空は灰に覆い尽くされた。
それでもアヴァリアンの意志はくじけなかった。
彼は敵を見つめた。溶岩と石でできた猛々しい神を。
トリニマクに祝福されし子、アヴァリアンは剣を抜き、山に突撃した。
山には溶岩が流れ、道を覆っていたが、熱で脚が焦げる間もないくらい俊敏に進んだ。
風のように素早く山へと飛び込み、野獣の心臓に剣を突き立てた。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました