スポンサーリンク
クエスト

リバーホールドの誘拐

ESO北エルスウェア > サイドクエスト

物語内容

雷足のミジクと話す

リバーホールドにいる、雷足のミジクと会話しましょう。

雷足のミジク
雷足のミジク

雑多な市場で起きる偶然の出会い。予測を裏切り、予告もない… これこそ、この世にも奇妙な事件の解決に必要なピースなのかもしれない

雷足のミジクだ、以後お見知りおきを

ああ。調査と言ったか?

雷足のミジク
雷足のミジク

正確に言えば、誘拐の調査だ。身代金もその他の要求もなく、明らかな容疑者もいなければ動機もない。失意の父親と、行方不明の若い女性がいるだけだ

だからミジクが雇われた、わかるだろう? 他のあらゆる者が失敗した時、私は姿を現すんだ

では、人探しを頼まれたのか?

雷足のミジク
雷足のミジク

その通り。この者はイシュの娘、ジンシアを探している

しかし、ミジクの調査は行き詰まってしまった。若い女性の安全がかかっていることだし、なるべく早く解決したいんだ

調査の手伝いをしよう

雷足のミジク
雷足のミジク

偶然の出会いに思えるが、一緒に調査する運命だった、ということか。この者はついている。だろう?

まずはイシュと話したほうがいい。彼が新しい情報を持っていないか確かめてくれ。彼の家は市場のすぐ南にある。行けば分かるさ

調査官について教えてほしい

雷足のミジク
雷足のミジク

雷足のミジクは行動するカジートだ。この者は能力を自慢するのではなく、行動によって能力を証明したいんだ

もちろん、機会が来ればの話だが

ずいぶんと自信があるようだ。助けは必要か?

雷足のミジク
雷足のミジク

ミジクは調査能力に自信を持っているが… この職業につきもののある種の… なんというか… そう、「憂慮すべき状況」に手を焼いているんだ

…告白しよう、とても大柄な人々に、とてもとても鋭いダガーで脅迫される、そんな状況が苦手なんだ

誰かに脅迫されたのか?

雷足のミジク
雷足のミジク

少なくとも今回の調査では、そんな目に合ってはいない。月に感謝を、ってところかな

争いごとは君の専門分野、そうだろう? 君の勇敢さとこの者の抜け目のなさ、あとは少しの手がかりさえあれば、この謎は万事解決だ

なるほど。ところで、その面白い名前についても興味がある

雷足のミジク
雷足のミジク

いい名前だろう? 雷足のミジクだ! 悪党どもも、このブーツの音を聞けば恐れおののく! ってな

調査官に似合った名前とは思えないが…

雷足のミジク
雷足のミジク

いや、まあ… 確かにそうかもな。内密の調査には向かない、かな

顧客のイシュについてもっと知りたい

雷足のミジク
雷足のミジク

中流家庭の慎ましいカジートだ。1人でいるのが好きな変わり者だが、敵はいないし借金があるわけでもない。事件の標的になる理由が見当たらないんだ

つい数日前の真夜中、そんなイシュの娘、ジンシアが連れ去られた

身代金の要求はないのか?

雷足のミジク
雷足のミジク

ない。おかしな話だろう?

ミジクがイシュのことを知らなかったら、脅迫目的だと考えただろう。あるいは、イシュに対する復讐か。だがあれほど優しいカジートに、誰が残酷なことをしたいと思う? 動機が見当たらないんだ

そして、街の衛兵は役に立たないのか?

雷足のミジク
雷足のミジク

衛兵はイシュの主張を完全に無視している。娘は家出しただけだと考えているみたいだな

率直に言って、これはとてもおかしな話なんだ。いいか、この者がイシュから聞く限り、ジンシアはとてもよくできたカジートの子だ。父を心配させる子だとは思えない

イシュと話す

リバーホールドにあるイシュの家に行き、イシュと会話しましょう。

イシュ
イシュ

愛しいジンシアの件で来たのか? 彼女は見つかったか?

ミジクと一緒に娘を探している。詳しい情報があると助かる

イシュ
イシュ

ああ、もちろん

ジンシアは真夜中に連れ去られた。身代金は要求されていないが、怖いんだ! もし万が一があったら… この者の娘はとても美しいジャ・カジートだ。犯人が彼女を売り払いやしないかと気が気じゃない!

目立つ特徴はあるか?

イシュ
イシュ

ジンシアはな、長く艶やかで最高級の絹のように柔らかい毛並みの持ち主でな。瞳は明るい黄色で、ちょうど… そう、蜂蜜の月のようなんだ。目印はあと… そう、黄金のネックレスをいつも着けてる

疑わしい相手はいないか? もしくは、目撃していそうな人物はいないか?

イシュ
イシュ

容疑者なんて思いつかないよ。待て、目撃していそうな人物か… ふむ

この辺りに、歌や踊りで食べている宵っぱりのウッドエルフがいる。そいつならジンシアが連れ去られた夜に怪しいものを見たかもしれない

分かった。ウッドエルフの歌手と話して見よう

イシュ
イシュ

あのウッドエルフの名は… メ、メ…ル? ああ、そうだ。楽士メルとか称していたな。彼女はいつも、街の北端にある砂の庭園の近くにいる

イシュは成功を祈ろう。この者と猫たち、皆で祈るよ

良ければ、この件についてもう少し質問がある

イシュ
イシュ

この者が愛するジンシアを探すためか? 何でも聞いてくれ。このイシュが答えよう

ウッドエルフの歌手について詳しく聞きたい

イシュ
イシュ

メルはしばらく前にリバーホールドに来た。歌って踊って、それで金を受け取って生活している。彼女が鳴らす太鼓の音で、イシュは何度も起こされた

でも、時々は話をすることもある。変わり者かもしれないが、基本的には優しい子だ

変わり者?

イシュ
イシュ

メルにはちゃんとした家がない。馬小屋で眠って、公園の噴水で水浴びをしていることがよくある

だが、イシュも偉そうなことは言えない。誰にだって変わったところはあるよ

ジンシアについて詳しく聞きたい

イシュ
イシュ

ジンシアは頑固な子で、確かに少し甘やかされてもいる。イシュは娘を溺愛しているんだ

街の衛兵達は何もわかってない、だから「家を出たんだろう!」とか「ただの迷子だ!」とか好き放題言うんだ。実に愚かな者たちだ、なぜあんなに思いやりがないのだ!

心配するな。ミジクと一緒に諦めず調査する

イシュ
イシュ

ありがとう、本当にありがとう! 輝く月があなたの道を照らしますように!

イシュはジンシアが帰った時のためにごちそうを用意しておこう、魚がいいな、あの子の好物だしな。この者にはあの子が満足げに喉を鳴らす音が聞こえるようだ!

リバーホールドにいる、雷足のミジクと会話しましょう。

雷足のミジク
雷足のミジク

やあ。イシュとは話せたか? この者はもっと情報がほしい

夜遅くまで起きているウッドエルフを探せと言われた。何かを見たかもしれない

雷足のミジク
雷足のミジク

大した手掛かりじゃあないが、ないよりはマシだな

ああ、あのウッドエルフか。楽士メルだろう? 彼女はよくリバーホールド周辺に来ているから、日々の生活で色々と見ているだろう。おっと、毎晩の生活、というべきかな

彼女に何を聞けばいい?

雷足のミジク
雷足のミジク

怪しい人物や異常な出来事、普段目にしないものについて聞こう。何かが彼女の注意を引いているはずさ、月が望むなら、な

この者が最後に見た時、楽士は北西にある砂の庭園に向かっていた

楽士メルと話す

リバーホールドの北西の庭園に行くと、楽士メルがいます。

楽士メル
楽士メル

驚いた! お客さんね!

楽士メルと会話しましょう。

楽士メル
楽士メル

ごきげんよう! 楽士メルよ、以後お見知りおきを。あなたは演奏にきたの?

イシュの娘の誘拐について調べている

楽士メル
楽士メル

イシュ? ああ、あのたっくさんの猫を連れたカジートね?

あの変わり者のおじいちゃんは、私に言わせればちょっとお間抜けで、ハチミツをかけたジャガみたいに大甘な人。でも娘さんのことは可哀そうに思うわ。誰もそんな経験をすべきじゃないもの

この調査の役に立ちそうなことを知らないか?

楽士メル
楽士メル

タジッリと話してみるといいわ。彼女はたちの悪い連中と付き合ってる。いつも怪しい目つきをしてる奴らよ

彼女は最近、馬屋の陰でずっと息を潜めてる。私が言いたいこと、わかるわよね?

では、馬屋に行こう

楽士メル
楽士メル

ふむ、大いに結構。あー、あと、次の夜会の娯楽を探してるなら私に声をかけてね! 後悔はさせないわよ

タジッリについて詳しく聞きたい

楽士メル
楽士メル

彼女は顔の広い賭博師よ。まあ、そのことについて悪く言うつもりはないわ、仕事だものね。でも最近、彼女の行動はどんどん怪しくなっているの

ぶっちゃけ、最近のリバーホールドじゃよくある話なんだけどね

よくあるとは何がだ?

楽士メル
楽士メル

怪しい行動。見覚えのない連中がいつ見ても街をうろついてるんだもの

そりゃ、私だってみんなが寝る時間を過ぎてもいろいろやってるわ。でもそれは私が音楽家だから。仕事でしょ? でもね、あの新顔連中はどこからどうみても吟遊詩人じゃないわ

馬屋の裏を探す

リバーホールドの馬屋の裏を探すと、「タジッリのメモ」を発見します。

タジッリのメモ

旧友のアナグマがまた昼寝をしているらしい。訪ねない? 旅は思ったより甘いかもしれない。

T

メモを読んだ後、雷足のミジクがやって来ます。

雷足のミジク
雷足のミジク

こっちに来るのが見えたぞ。何か見つかったか?

雷足のミジクと会話しましょう。

雷足のミジク
雷足のミジク

馬屋だって? 突然馬術に目覚めたのか?

隠しメモを見つけた。賭博師のタジッリが書いたようだ

雷足のミジク
雷足のミジク

ふむ、暗号のようだな。昼寝するアナグマ、か。待て、聞き覚えが…

ああ、そうだ! 眠るアナグマはリバーホールド南にある岩石層のことだ! 甘い旅という文はミジクには理解できないが

その岩石層を調べてみる価値はあるだろう

雷足のミジク
雷足のミジク

その通り。場所を君の地図に記そう。先に行ってくれ

後は… そうか、そろそろ言っておいた方がいいな。この者はなんというか… そう、暴力的な状況を得意としていないんだ。面倒事が持ち上がったら、その時は君の技術を頼らせてもらう。いいだろう?

よし。眠るアナグマに行こう

もう一度、雷足のミジクと会話しましょう。

雷足のミジク
雷足のミジク

眠るアナグマ、か。…ふむ。ミジクには、体を伸ばしたウサギのように見える

眠るアナグマに行く

雷足のミジクと一緒に、リバーホールドの南西にある「眠るアナグマ」を探索しましょう。

木枠箱を調べると、「スクゥーマの瓶」を発見します。

スクゥーマの瓶

タムリエルのほとんどで非合法になっている、中毒性の高い薬物

雷足のミジク
雷足のミジク

スクゥーマだ。放浪者どもは密売人に違いない!

貴品箱を調べると、「黄金のネックレス」を発見します。

黄金のネックレス

小さなネックレス。優美な喉に似合うだろう

雷足のミジク
雷足のミジク

あのネックレスはジンシアのものだ!

2つの手掛かりを発見した後、雷足のミジクが走っていきます。

雷足のミジク
雷足のミジク

来い、ここを離れて話をしよう

雷足のミジクに追い着いた後、会話しましょう。

雷足のミジク
雷足のミジク

行方不明の娘、隠されたメモ、それにスクゥーマ密売の一団か。事件はどんどん複雑になっているな

密売人はイシュをどうしたい?

雷足のミジク
雷足のミジク

はっきりとはわからないが、イシュが何かを隠している可能性はあるな

だが、優先すべきはメモを書いた賭博師の調査だ。タジッリだったな? どこかで聞き覚えがある名前なんだ

どこから探し始める?

雷足のミジク
雷足のミジク

タジッリは賭博師なんだろう? なら地元の酒場で見つかるさ。ミジクはすぐに向かい、できるかぎり情報を拾っておく

では、〈消えた後悔〉で合流しよう

分かった、そこで会おう

宿屋〈消えた後悔〉に行く

リバーホールドの宿屋〈消えた後悔〉に入ると、リデザが話しかけてきます。

リデザ
リデザ

話があるわ。今すぐ!

リデザと会話しましょう。

リデザ
リデザ

確かに、あんたと雷足はなかなかのペアね。あんたたちの探偵ごっこはよくできた娯楽作品みたいだったわ

でもね… あんたたちは今、乱しちゃならない砂場に踏み込んだの

それは脅しか?

リデザ
リデザ

いいえ、これは警告。友好的な、ね

あなたがイシュの娘を探していると聞いたんだけど、それってとっても可笑しいわ。彼女が何年も前に街を去ったことは、リバーホールドの人なら誰でも知っていることよ

何年も前? イシュには数日前だと言われた

リデザ
リデザ

イシュは老いてボケたってこと。彼には娘が1人いて、その子はもう何年も行方不明。これが事実だもの

あなたの相棒にこのことを教えてやりなさい。そして調査を打ち切って。今すぐにね

ミジクに伝えよう

宿屋の2階に行くと、タジッリがいます。

タジッリと会話しましょう。

タジッリ
タジッリ

ムーンシュガーのように美味しそうな人。気を付けて、油断するとタジッリになめられるわよ!

宿屋の2階の客室にいる、雷足のミジクと会話しましょう。

雷足のミジク
雷足のミジク

今日は輝く月が我々を見守っているぞ

タジッリとギャンブルで勝負することになった。あの女の注意は逸らしておくから、彼女の家に潜入して手がかりを探してほしい。家は酒場からすぐ北だ

その前に、見知らぬ者が話しかけてきた。イシュの娘は、数年前に街を離れたと言っていた

雷足のミジク
雷足のミジク

ふむ。疑ってかかるのは好きじゃないが… そいつは怪しい

その者の言葉が本当なら、なぜイシュはミジクを雇う? タジッリはなぜあのメモを書いた? なぜ密売人のキャンプで黄金のネックレスが見つかる?

分からない。また、調査を止めて欲しいとも言っていた

雷足のミジク
雷足のミジク

ふむ… なるほど。そいつは調査を混乱させたいだけかもしれない。この件から手を引かせるために、な

止められたからと言って、今さらやめるわけにはいかない。罪もない若い女性が危険にさらされているんだから。妨害者の件は置いて、タジッリを調べよう。彼女が仕事を切り上げてしまう前に

分かった。タジッリの家に向かって手掛かりを探そう

会話を終えると、雷足のミジクはタジッリに会いに行きます。

タジッリ
タジッリ

こんにちは、スイートミート。タジッリとゲームでもする?

雷足のミジク
雷足のミジク

もちろんだ! この者は自分でも認めるが、あまり腕は良くない

タジッリと会話しましょう。

タジッリ
タジッリ

あらあらぁ、もーっと可愛い子が来たわ。あらあなた、まだいたの?

雷足のミジクと会話しましょう。

雷足のミジク
雷足のミジク

急いでタジッリの家に向かうんだ。この者がいつまで彼女を引き留めておけるか分からない

タジッリの家を調べる

リバーホールドにあるタジッリの家に侵入すると、パフィッラの声が聞こえてきます。

パフィッラ
パフィッラ

タジッリ? あなたなの? 食料が必要だわ。食べる物がもうほとんどないの。それから、たまにはちょっと部屋を掃除してくれない? 2階が散らかりっぱなしよ

2階の床にある隠しパネルを調べると、「タジッリへのメモ」を発見します。

タジッリへのメモ

タジッリ

青い大蛇は森の側を這う
四つ角の模様は品物を示す
輝くことはないが、道を印す
今日街を離れる予定

R

タジッリの家から出た後、雷足のミジクがやって来ます。

雷足のミジク
雷足のミジク

シーッ! こっちだ

雷足のミジクと会話しましょう。

雷足のミジク
雷足のミジク

何か面白いものを見つけてくれたんだろうな? これ以上タジッリの注意を逸らし続けられん。本当に無理だ

またメモを見つけた。これには詩が書いてある

雷足のミジク
雷足のミジク

青い大蛇、四つ角の模様… これは推測だが、この詩は密輸品の受け渡し場所を記しているんじゃないか? 密売人はよく品物を丸見えの場所に隠すと言われるしな

そうだ、最初は眠るアナグマだった。今度は青い大蛇。この暗号は別の目印を指している違いない

青い大蛇とは近くの川か?

雷足のミジク
雷足のミジク

それだ! 川は交易品が行き交っている、密輸品にはうってつけの場所だ

川沿いを探して、印がついた樽や木箱を探そう。ジンシアへつながる何かが見つかればいいんだが

分かった。川の周囲を調べ始めよう

雷足のミジク
雷足のミジク

ミジクは認めよう、この事件は少々… 想定外の方向へと進んでいるようだ。正直に言うと、少し不安だ

なぜ密売人がイシュを狙う?

雷足のミジク
雷足のミジク

妙な話だよな? 密売人達はとても巧妙なやり口で動いている。大して裕福でもないカジートをあえて標的にする理由がないんだ

イシュにもう一度話を聞くべきか?

雷足のミジク
雷足のミジク

この者もそう思うが、その前に密売人が隠している物を調べよう。メモによると、品が街から出荷されるのは今日だろう? なら、積荷の中にジンシアがいるかもしれない

密売人の隠し場所を探す

リバーホールドの南にある樽を調べると、「サマーセットワイン」を発見します。

雷足のミジク
雷足のミジク

面白そうな印だな、そうだろ?

サマーセットワイン

厳密には合法な品だが、このワインは関税が高すぎて密輸されることが多い

雷足のミジク
雷足のミジク

サマーセットのワインか? 違法ではないが、重税がかけられた品さ。ミジクが思うに、真っ当な方法でリバーホールドに入ったものじゃないな

リバーホールドの南西にある樽を調べると、「マンモスチーズ」を発見します。

雷足のミジク
雷足のミジク

あれが探している印か?

マンモスチーズ

この珍味は刺激臭と酸っぱい味で知られている

雷足のミジク
雷足のミジク

うわ! そのチーズが合法なら禁止すべきじゃないか? ひどい臭いだ!

リバーホールドの南東にある木枠箱を調べると、「シルクのスカーフ」を発見します。

雷足のミジク
雷足のミジク

この先に印がある

シルクのスカーフ

素敵なシルクのスカーフ。若い女性が好みそうだ

雷足のミジク
雷足のミジク

密売人がこんな洒落たスカーフを着けるか? 恐らくジンシアのものだろう

リバーホールドの南東にある樽を調べると、「腐ったムーンシュガー」を発見します。

雷足のミジク
雷足のミジク

メモにあるとおり、四つの角がある印だ

腐ったムーンシュガー

腐った臭いがする、黒ずんだ色の粉

雷足のミジク
雷足のミジク

この樽は甘い匂いだが… 腐臭もするな。中身は何だ?

暗き月よ! 腐った密売ムーンシュガーだ。誰かが食べたら危険だ

腐ったムーンシュガーを発見した後、雷足のミジクは去って行きます。

雷足のミジク
雷足のミジク

イシュに密売人を知らないか聞いてきてくれ。それから酒場で落ち合おう。話すべきことがたくさんある!

イシュと話す

リバーホールドのイシュの家に行き、イシュと会話しましょう。

イシュ
イシュ

どうした? 愛しいジンシアについて、何か知らせがあるか?

このネックレスとスカーフを、密売人の野営地の近くで見つけた

イシュ
イシュ

密売人の野営地? ああ、暗き月よ

そうだ、ネックレスとスカーフはジンシアのものだ。奴らは… 密売人はあの子を売ってしまったのか? ああ頼む、ジョーンとジョーデの名にかけて、違うと言ってくれ!

密売人に狙われる心当たりはあるか?

イシュ
イシュ

いいや、あるわけがない! イシュはずっと真面目に、正直に生きてきた

この者のジャ・カジートを必ず見つけてくれ、お願いだ。あの子は幼くて純粋だから、きっときっとパパがいなくて怖い思いをしているに違いない。ジンシアが傷つけられたら、イシュはどうしたらいいんだ!

ミジクとジンシアを探そう。解決に近づいている

イシュ
イシュ

輝く月が、あなたを見守りますように

たくさん猫がいるな

イシュ
イシュ

そうか? イシュが思うに、年月を経て家族が増えたんだろう

猫をみたら相手をせずにはいられないだろう? どうだい、あの小さな顔、あの小さな手足は。この者と猫たちは相思相愛なんだ。この子たちが求める見返りなんて、愛情と食べ物、そしてお腹を撫でられることくらいだ

ジンシアも猫が好きだったのか?

イシュ
イシュ

もちろんだ! メドウィックとは少し仲が悪かったかもしれない、メドウィックの方が年長で、ちょっかいを出されると怒ることがあったからな

あとは、ここだけの話だがタク・タクはたまにジェコジート… ダメな子 になる。きっと妬いているんだろう

宿屋〈消えた後悔〉に行く

宿屋〈消えた後悔〉の2階に行くと、リデザと雷足のミジクがいます。

リデザ
リデザ

警告したはずよ、雷足

それに、厄介者が増えたみたいね

リデザと会話しましょう。

リデザ
リデザ

言ったでしょう? 最初のは警告。今のは脅迫よ

2人とも街を去りなさい。もう調査はやめて、余計な物事に首を突っ込まないことね。荷物をまとめて出ていきなさい

イシュの娘を見つけるまではダメだ

リデザ
リデザ

まだやってるの? 言ったはずよ、イシュの娘は何年も前にリバーホールドを去った、それがすべてだって! あの人は空想の虜になった、ただの勘違いカジートなの!

よりにもよってそんなことで、私の仕事を邪魔する気?

では、密売人の指導者なんだな?

リデザ
リデザ

私が何者かなんてどうだっていい。今はあんたをどうするかが問題

歩いてリバーホールドを出るか、バラバラにされてから出るか。選びなさい

わかった

リデザは消え去っていきます。

雷足のミジクと会話しましょう。

雷足のミジク
雷足のミジク

なるほど、君の見知らぬ友人はならず者リデザのようだな。そいつはよかった

ならず者リデザ

雷足のミジク
雷足のミジク

とりあえず、評判の人物… とだけ言っておこうか

まだ命の危険はあるが、ようやく犯人を突き止められたな。あの女の後を追うぞ

計画はあるのか?

雷足のミジク
雷足のミジク

我々は調査官だ、そうだろう? ならば、我々がすべきことはひとつ。手がかりを探すんだ。彼女を追えばイシュの娘に辿り着けるかもしれない

ひとまず、ミジクは当局に警告してくる

分かった。消えた場所を探ろう

リデサを追跡する

宿屋の1階に行くと、キレナバが話し始めます。

キレナバ
キレナバ

新鮮なシュガークローだったのに! 一体誰がぶつかったの

宿屋から出ると、雷足のミジクが話しかけてきます。

雷足のミジク
雷足のミジク

そこだ! リデザがシュガークローのゼリーを踏んだに違いない。跡を追ってくれ。この者は衛兵に警告する

リバーホールドに点在する足跡を辿って行くと、密売人の拠点の入口を発見します。

密売人の拠点を探索すると、リデザが話しかけてきます。

リデザ
リデザ

警告したわ! 爪を出すわよ!

こいつを殺して!

リデザの手先「マッド・ミナーラン」「危険なるダンリル」「切り落とす者チーダシ」を倒しましょう。

探索を進めてリデザに追い着くと、拠点の出口から衛兵隊長カヒリ、イシュ、雷足のミジクが現れます。

リデザ
リデザ

邪魔するんじゃない!

衛兵隊長カヒリ
衛兵隊長カヒリ

ならず者のリデザをついに捕えた!

イシュ
イシュ

おい、娘は見つかったか? どこにいた?

リデザ
リデザ

あんたの娘ならここよ! 老いぼれ!

イシュ
イシュ

リデザ? お前がジンシアを盗んだのか? おお、かわいそうなイシュのジャ・カジート!

衛兵隊長カヒリ
衛兵隊長カヒリ

ふん! 羨ましいのか? 父親のペットを盗むぐらいだからな

リデザは衛兵隊長カヒリに拘束されます。

イシュと会話しましょう。

イシュ
イシュ

ああ、ジンシアを見つけてくれるなんて! このイシュはとてもとても嬉しい、ようやく家族が再会できるんだ!

なぜジンシアが猫だと伝えなかった?

イシュ
イシュ

どういう意味だ? このイシュは大切なジンシアについて、思いつく限り詳細な情報を与えた。あんたに大切な娘がカジートだと言ったことがあったか?

まあ、そんなことはどうでもいい。ジンシアが無事だったから、ミジクには報酬を払うよ

娘のリデザについて話してほしい

イシュ
イシュ

リデザは母親と同じように欲深く残酷になってしまった。イシュがそんな娘を受け入れられるか? 私を苦しませた娘だぞ?

リデザはリバーホールドの衛兵に裁かれるべきだ。当然の報いだよ

リデザと和解するつもりはないのか?

イシュ
イシュ

彼女が和解を望むなら、イシュは和解しよう。この者が望むのは、家族との静かな暮らしだけだ

リデザがその一員になりたいなら別に構わないが、彼女が決めることだ

リデザと会話しましょう。

リデザ
リデザ

ならず者リデザがこれで終わると思う? 私が街に出るのは時間の問題。…そうなったら、くれぐれも背後に気を付けることね

なぜジンシアを誘拐した?

リデザ
リデザ

…リバーホールドに戻ったとき、父に会いに行ったの。母と私が家を出てから随分経っていて、きっと… 感傷的になっていたのね。間違いだったわ

父は私だと分かりもしなかったんだもの。馬鹿でしょう?

それでジンシアに嫉妬したのか

リデザ
リデザ

あの猫に? まさか! 私はただ、父を苦しめたかっただけ

父はいつもペットに夢中で、私と母を一切顧みなかった。あの人にとっては、あの小さな家族がすべてだったの

嫉妬しているように聞こえる

リデザ
リデザ

…あんたの言う通りかもね。父親に反抗してグレただけかもしれないわ。まったく何をやってるんだか

衛兵隊長カヒリと会話しましょう。

衛兵隊長カヒリ
衛兵隊長カヒリ

初めて街を訪れたときの雷足は、どうにも怪しい奴に見えた。厄介事を解決するより、呼び込みそうな奴だと思ったんだ

だがあなた方のおかげで、ならず者リデザを捕まえられた。感謝する

リデザはリバーホールドを長く悩ませているのか?

衛兵隊長カヒリ
衛兵隊長カヒリ

いや、そう長くはないよ。だがリバーホールドのような街を混乱させる事件は、あっという間に大事を招く。芽の内に摘めて本当に良かった

リデザがエルスウェア各地で面倒を起こすようになってからは、もう随分経つ

カビが生えたムーンシュガーを見つけた。ミジクはかなり動揺していたようだった

衛兵隊長カヒリ
衛兵隊長カヒリ

カビが生えたムーンシュガーはそれ自体は、カジートを病気にする程度だ。だが問題なのは、そのムーンシュガーが精製され穢れたスクゥーマになった場合だ

残念だがよくあるんだ。カビの生えたムーンシュガーはとても安いからな…

では、密売人たちはカビが生えたムーンシュガーからスクゥーマを作っていたのか?

衛兵隊長カヒリ
衛兵隊長カヒリ

おそらくは

しかし、あれを売るのは卑劣な行為だ。穢れたスクゥーマは、私が見た中でも最高に恐ろしい反応を引き起こす。何日も鮮やかな悪夢と恐ろしい痛みが続き、その後で苦痛に苛まれて死ぬこともよくある。本当に恐ろしいものなんだ

雷足のミジクと会話しましょう。

雷足のミジク
雷足のミジク

どうやら我々の調査は成功に終わったようだ。ミジクが想定していた幕引きとは少し違ったが

では、リデザがイシュの娘で… 彼の猫を盗んだのか?

雷足のミジク
雷足のミジク

今考えればつじつまが合う。イシュの娘は何年も前に街を去ったと言われただろう? リデザは自分のことを言っていたんだ

しかし、ずっとイシュのペットを追っていたとはね…

密売も阻止できた

雷足のミジク
雷足のミジク

その通り! リバーホールドから卑劣な密売人がいなくなったのは、我々の献身あってこそ、だな。このまま戻って来ないことを願いたいな。そう思うだろう?

ミジクは報酬を受け取りに行かなければ。〈消えた後悔〉で落ち合おう

分かった、宿屋で会おう

会話を終えると、雷足のミジクが話し始めます。

雷足のミジク
雷足のミジク

酒はミジクのおごりだ! も、もちろん金をもらい次第だがね

もう一度、雷足のミジクと会話しましょう。

雷足のミジク
雷足のミジク

ミジクはイシュから報酬をもらえばいい。それにカヒリ隊長は気前がいいかもしれない、そうだろう?

いつでもいいから〈消えた後悔〉に向かってくれ。この者とそこで会おう

雷足のミジクと話す

リバーホールドの宿屋〈消えた後悔〉の2階に行き、雷足のミジクと会話しましょう。

雷足のミジク
雷足のミジク

家族は再会し、密売人は打倒され、リバーホールドの誰もが感謝してる。即席チームの成果としては悪くない、そうだろう?

しかも、ミジクはたっぷりとボーナスを貰えた。気前のいいカヒリ隊長おかげさ

取り分を分けていいのか?

雷足のミジク
雷足のミジク

もちろんだとも! 約束通り、君の取り分だ。ミジク1人では、この事件を決して解決できなかっただろう

一緒に仕事ができてよかった。また気軽に声をかけてくれ、な?

クエストを完了する。

雷足のミジク
雷足のミジク

街は安全、顧客は満足、事件は見事に解決。そしてなにより、五つ爪と組めた。これ以上望むことはない

次はどうする、雷足?

雷足のミジク
雷足のミジク

調査は大成功したことだし、ミジクは何かに困った客がもっと現れると期待しているんだ

今は大変な時代だろう? ドラゴン、暴君、死霊術。最近のエルスウェアの困難には終わりがない。しかもこれらは氷山の一角だ

どういうことだ?

雷足のミジク
雷足のミジク

権力者には優先事項がある。市井の人々の些細な問題は、後回しにされがちなんだ

だから市民同士が助け合わないといけないのさ。ミジクがやらねば誰がやる? ってことだよ

まあ、それが仕事だろう

雷足のミジク
雷足のミジク

その通り。その通りだが、ミジクにとっては仕事以上のものなんだよ。言うなれば、ミジクの情熱そのものなのさ

だからこの者は、雷足を名乗ってる。正義の名の下に働けないなら、こんな仕事辞めてやる。誓ってもいいぞ

リバーホールドに住んでいるのか?

雷足のミジク
雷足のミジク

ミジクは調査のために様々な場所に行く必要があるから、特定の街を故郷と呼べない

だがリバーホールドはいいところだ。居心地のいい酒場があって、困っている人もいる。ここにいると仕事も生活も安定するってことさ

リバーホールドで他に調査した事件はあるのか?

雷足のミジク
雷足のミジク

実を言うと、1件だけだ

吟遊詩人が酒場で飲んでる間に、フルートを盗まれたんだ。他の音楽家が嫉妬して盗んだと断言していた

事件は解決したのか?

雷足のミジク
雷足のミジク

そんなの一瞬さ。結局、フルートを盗んだのは酒場の主人だった

その吟遊詩人はどうしても音程が取れなくてね、酒場から客足が離れてしまったんだ。ミジクは吟遊詩人に他の酒場を探すよう勧めた。みんなが幸せになる方法を見つけたってことさ

クエスト報酬

  • 経験値(大)
  • ゴールド(大)
  • 調査官の重荷
調査官の重荷

ミジクの心根は正しいが、胃はそうでもない。

[分類] 防具 ➔ 重装鎧 ➔ 胴体 ➔ 墓堀の呼び声セット

物語補足

雷足のミジクと同行している時の発言

雷足のミジクと同行している時、戦闘時に雷足のミジクが話し始めます。

戦闘開始時の発言

雷足のミジク
雷足のミジク
  • うう
  • 気分が…
  • はあ!
  • 暗き月よ

戦闘終了時の発言

雷足のミジク
雷足のミジク
  • こんなのはもう止めないと
  • ミジクは… 大丈夫だ
  • ああ、すまない。この者は無事だ

リバーホールドから離れる時の発言

※雷足のミジクが同行を止めます

雷足のミジク
雷足のミジク
  • 歩き手、後でな!

後日談

アダインリルと話す

リバーホールドの歴史の館にいる、アダインリルと会話しましょう。

クエスト完了前

アダインリル
アダインリル
  • 街の新しい調査官とは会ったか? 雷足のミジクと自称している
    はっ。そんなおかしな名前を聞いたことあるか? 本当に事件を解決できたら右足のブーツを食べてもいい。約束だ
  • なぜリバーホールドのような静かな街に、調査官が必要なんだ?
    しかも雷足のミジクは、〈消えた後悔〉に居着いて事件を解決しようとしている。何と愚かな

クエスト完了後

アダインリル
アダインリル
  • ここリバーホールドで、密売人が穢れたスクゥーマを売っていたらしい!
    まだ雷足にいなくなってもらっては困るな。他の隠れた問題がリバーホールドにあるかもしれん
  • 聞いたか? リバーホールドで、雷足が密売組織を壊滅させた! 今でも信じられん
    あいつにも多少は調査能力があったんだな

アネクイナの後継者

当クエストを完了している場合、北エルスウェアのストーリークエスト「アネクイナの後継者」に雷足のミジクが登場します。

イシュとジンシア

イシュの家に行くと、ジンシアが帰宅しています。

関連書籍

タジッリの日記

リバーホールドはタジッリの新しい始まりになるはずだった。もう酒は飲まず、賭博もせず、密輸もしない。堕落した生活は全部センシャルに置いて、心機一転するつもりだった。ようやく悪徳から自由になるチャンスのはずだった。

そうしたら母が一緒に引っ越してきた。母と一緒に、絶えることのない泣き言や文句、侮辱もついてきた。タジッリは本当にそれを着ていくのか? タジッリは本当にシュガークローをもう1つ食べたいのか?

だからまず、タジッリの憂さを少しでも軽くするためにちょっと飲む。それから家を出るために、少し賭博をする。すると当然、かなりの借金ができる。するとさらに飲酒、さらなる賭博、さらなる借金につながる。

それで、今や密輸に逆戻り。なぜならタジッリは借金を返し、家を守らなきゃならない。タジッリが絶望的な状態になってきた時、リデザが姿を現したのは幸運だった。運ではないのかもしれない。リデザはどうしてか、分かっていたのかもしれない。

いくつか仕事をするだけ。それでおしまい。リデザがリバーホールドから取れるだけの金を搾り取るのを手伝おう。そうしたらタジッリには、もう借金の心配が要らなくなる。

ルディファング

鋭き爪のザイレバ著

ルディファングについてまず言っておくべきことは、私たちが単なるごろつきや盗賊、詐欺師や殺し屋ではないことよ。その全部だからね。私たちはこの月に見捨てられた地で正義を保とうとする、全ての者にとっての災厄になる。それで満足してる。

道徳心があるなら、捨ててしまいなさい。善行をしろとしつこく言ってくる、倫理というちっぽけな良心はもう必要ない。必要なのは周囲に先駆けて進み、頂点に達するためなら何でもする意志だけよ。そうでなければ生き残れない。

私たちの主な資金源はエルスウェア内外での密輸よ。砂糖の売人とシロディールに行ってもいいし、小さな街で盗賊のリデザと協力してもいい。運が良ければ、私と一時的に仕事をするかもしれない。いずれにせよ、遠からず財布にはゴールドが流れ込むでしょう。ただ質問をしないように。細かい部分は知らなければ知らないほどいい。

ああ、それからもう一つ。この役に立つ案内をここまで読んだなら、もう出ていくことはできない。少なくとも、生きてはね。だから新しい生活に慣れなさい。それも急いで。

関連リンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました