スポンサーリンク
書籍

多くの糸

アマフィが見える、司祭のふりをしている
その心は黒く、高みに昇ることはない

水は甘いとオラヌは言うだろう
月の下、彼女は心安らかに留まる

ガード固き盗賊、マグパイを探せ
南にあるのは彼女の死、安らかでなかったと願いたい

ブファサは、いつも騒がしく喧しい
彼は自信に満ち、誇り高く家へ向かうだろう

美しきセレイズは木々の下で静かに眠る
破滅の石の砦にて

幸福なるヒージャーを、私はいつも思い出す
学校ではきっとうまくやれただろう

老グラスティアは今や無言で、丘の上にただ一人
彼女を悩ます風も、風車が挽く穀物もない

ダンサーはいつでもスリルを求め
盗賊たちと共に隠れるが、その善し悪しは知らぬ

ファロは無口で背の高い、寂しい見張りを見つけた
特別な眺めだが、それだけではない

ケスタは秘密を明かさない、だがいつも見ている
彼女は塔を見張る。遠くから、高くから

ジャロは私を驚かせた。街へ戻ったのだ
断頭台で冷たくなった。憐れみは覚えない

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました