書籍

好色なアルゴニアンの侍女 第1巻

ESO書籍文学

(一部)

第4幕、第3シーン、続き

尾を上げる者: とんでもありません、旦那様! ただお部屋の掃除に来ただけです。

クランティウス・コルト: お嬢ちゃんはそれだけのために来たのかい? 私の部屋へ?

尾を上げる者: なんの事だかわかりません、ご主人様。私はただの哀れなアルゴニアンの侍女です。

クランティウス・コルト: そうだな、おチビちゃん。たくましい足に整ったシッポ、いい侍女だ。

尾を上げる者: 恥ずかしいです、旦那様!

クランティウス・コルト: 恐れる事はない。私と居れば安全だ。

尾を上げる者: 旦那様、お部屋のお掃除を済ませなければなりません。さもなければ奥様に叱られてしまいます!

クランティウス・コルト: 掃除だと?それではこれを掃除してもらおうか。ほら、俺の槍を磨け。

尾を上げる者: とても大き過ぎます! 一晩中、掛かるかもしれません!

クランティウス・コルト: 愛しい子よ、時間はたっぷりとあるぞ。たっぷりとな。

第4幕、第3シーン、完

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました