クエスト

黄昏の蔵書庫

ESOコールドハーバー > サイドクエスト

前回クエスト

物語内容

囚われた仲間たち

魔術師ギルドに雇われたダンジョン探検家や学者の一団が、黄昏の蔵書庫に閉じ込められています。

キレス・ヴァノスと協力して、囚われた仲間たちを救出しましょう。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

罠に飛び込むなんて、信じられないわ。

いつも通り、私たちが助けるしかないのね。

何を考えてる?

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

この魔法は魅惑と幻惑を合わせた物よ。
私の兄弟を含め、他の学者達も餌食になったわ。

このままにしてはおけない。
何とか目を覚まさせないと。

計画はある?

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

私に考えがあるわ!

下に降りて彼らを正気に戻すのよ。
私はデイドラにまた閉じ込められないように見張ってるわ。
レイノーが何か言ってきたら、私の所に来て。

気をつけて。
幻惑魔法は厄介よ。

この魔法は学者だけに効くようだ。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

そうね。
でも下には他にも発動している魔法があるかもしれない。
監視窓をよく見て、それぞれの房の詳しい情報を覚えておいて。

デイドラは理由があってあのノートを持ち続けているはず。
準備は常に万全でないとね。

キレス・ヴァノスによると、黄昏の蔵書庫の中は幻惑の魔法が発動しているそうです。

幻惑魔法を見破るため、デイドラが残したメモと、上階から見える牢屋の様子を確認しましょう。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

蔵書庫に向かう前にまた部屋を見てごらんなさい。
幻惑の呪文が発動しているのなら、できる限り準備した方がいいわ。

囚人:レイノー・ヴァノス、ダンマー、男性

メモ:ドゥエマーのアーティファクトの専門家。
黄色のクリスタルとハルメアス・モラの目の旗の部屋に拘禁。
幻に対してとても懐疑的だがドゥエマー由来の機器を所持している可能性あり。
慎重に調査すること。

囚人:レディ・クラリス・ローレント、ブレトン、女性

メモ:貴族にして探検家。
青のクリスタルとメリディアの十字の旗の部屋に拘禁。
幻の呪文に耐性があると思われる。
慎重に観察すること。

囚人:テレンジャー、アルトマー、男性

メモ:有能な魔術師。
アズラの星の旗と青のクリスタルの部屋に拘禁。

牢屋と囚人のメモを調べ終わりました。

黄昏の蔵書庫を探索して、幽閉された仲間達を助け出しましょう。

黄昏の蔵書庫
定命の者が住む世界の蔵書庫は、知識と学識が詰まった場所であり、真実を求める者はおそらくそれを見つけることができる。
しかしコールドハーバーの蔵書庫は、洗脳のために存在しており、そこで見つかるものは、モラグ・バルが言うところの“真実”だけだ。
キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

気持ち悪い場所ね!
頭の後ろで何かがうずくのを感じるわ。

レイノーと学者たちを見つけて。
急ぐのよ!
呪文が変化してここに閉じ込められる可能性があるわ。

攻略情報

赤丸が印されている部屋に本物の仲間がいます。
それ以外の部屋にいる偽者に話しかけると襲撃されます。
テレンジャーは正解の部屋にメモを残しています。

レイノー・ヴァノスを救出

幽閉されているレイノー・ヴァノスを探しましょう。

偽者のレイノーに話しかけた場合①

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

〈レイノーは何も言わない〉

大丈夫なのか?

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

ハハハハ…大丈夫かって?
ああ、問題ない。
だが俺は君の探してる奴じゃない。
全員解放するわけにはいかんよ。
もう我々の物だからな。

貴様か?
ここで死んでもらおう!

偽者のレイノーに話しかけた場合②

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

〈レイノーは何も言わない〉

大丈夫なのか?

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

お前のようなどうでも良い奴が、なぜ俺の状態を気にする必要がある?

勝手に蔵書庫に入り、我々の所有物を持ち去ろうとする奴が。
その罪、死を以って償え!

本物のレイノーに話しかけた場合

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

〈レイノー・ヴァノスはこちらを無視している〉

聞こえるか?

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

何だ?
ああ、ごめん。
この本があまりにも興味深くて。
話すのは後でいいかな?

ここを出て行ったほうがいいぞ。

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

今読んでいる最中だ。
他の奴を邪魔してくれ。
レディ・クラリスかアル卜マーの発朋家だったら、お喋りの相手になってくれると思う。

  • [説得]周りを見てみろ。これは普通の蔵書庫ではない。頭を操られているぞ。
  • 姉を呼んできた方がいいか?

[説得]周りを見てみろ。これは普通の蔵書庫ではない。頭を操られているぞ。を選択した場合

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

何のことを…いや、待て!
言う通りだ。
ここにはデイドラの魔力が感じられる。
頭の後ろがむずむずするような感覚…すぐに他の者を助けないと!

レディ・クラリスを探してくれ。
思い出した。
彼女は我々が魔法にかかる前、何かに気づいたようだった。

ここは大丈夫か?

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

たぶん大丈夫だろう。
まだ魔法の影響を感じるけどね。
念のため、キレスと一緒に遺跡の外のキャンプまで戻るよ。

他の人が心配だ。
魔法の影響を受けていないようだから、レディ・ローレン卜を探してくれないか?

ここでは何があった?

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

レディ・ローレン卜、テレンジャーとー緒にこの蔵書庫を探検しようと決めたのさ。
ここで見つかるかもしれない知識は、どんな危険があっても有用だ。
でも、ー歩踏み込んだ瞬聞に魔法の影響を受けた。

避難したほうがいい。

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

ありがとう!
キレスとー緒に遺跡の外のキャンプに向かうことにする。
レディ・ローレン卜と発明家が見つかったら来てくれ。

キレスとレイノーは、遺跡の外のキャンプに避難しに行きます。

姉を呼んできた方がいいか?を選択した場合

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

どうでもいい。
ドゥエマ一の転送理論が読みたいんだ。
邪魔をしないでくれ。

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

静かに本を読みたいだけだよ。
他を当たってくれ。

レイノー・ヴァノスは聞く耳を持ちません。

キレス・ヴァノスの所に戻り、この問題を解決する方法を聞きましょう。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

戻ってきたのね。
でもレイノ一が見当たらないわね。
どうしたの?

兄弟を見つけたが、本に集中してしまっている。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

私が何とかするわ。
レイノーが本に没頭した時に何をすればいいのか知っているから。
こんな時のために計画は立ててあるわ。

行きましょう。

キレスはレイノーの魔法を解放する方法を知っているようです。

キレスと一緒にレイノーの所へ戻りましょう。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

レイノーを迎えに行きましょう!

レイノーの所に戻ったら、キレスとレイノーの会話を見守りましょう。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

レイノー?
本から離れて!
この酷い場所から出るわよ!

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

放っておいてくれ。
僕は忙しいんだ。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

もういいわ!
レイノー、これはあんたのせいだからね!

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

キレス!
何をするんだ?
えっ… 待った。
どこだここは?

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

いつものことよ。

キレスはレイノーを殴って、デイドラの魔法から解放しました。

レイノー・ヴァノスと会話しましょう。

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

ぼんやりしてるんだけど…僕の姉妹に叩かれたのか?

ここは大丈夫か?

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

たぶん大丈夫だろう。
まだ魔法の影響を感じるけどね。
念のため、キレスと一緒に遺跡の外のキャンプまで戻るよ。

他の人が心配だ。
魔法の影響を受けていないようだから、レディ・ローレン卜を探してくれないか?

ここでは何があった?

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

レディ・ローレン卜、テレンジャーとー緒にこの蔵書庫を探検しようと決めたのさ。
ここで見つかるかもしれない知識は、どんな危険があっても有用だ。
でも、ー歩踏み込んだ瞬聞に魔法の影響を受けた。

避難したほうがいい。

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

ありがとう!
キレスとー緒に遺跡の外のキャンプに向かうことにする。
レディ・ローレン卜と発明家が見つかったら来てくれ。

キレスとレイノーは、遺跡の外のキャンプに避難しに行きます。

レディ・ローレントを救出

幽閉されているレディ・クラリス・ローレントを探しましょう。

偽者のレディ・ローレントに話しかけた場合①

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

喋ってるときにはちゃんと聞いて!

ここから脱出する。

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

可愛いわね、でも、私はあなたの考えている人ではないわ。
どう殺してあげましょう?

偽者のレディ・ローレントに話しかけた場合②

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

喋ってるときにはちゃんと聞いて!

ここから脱出する。

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

帰る?
でもここは私の家よ。
そして、ここからはあなたの家。

それとも、あなたの墓になると言った方がいい?
とにかく、哀れな命を終わらせてあげる!

本物のレディ・ローレントに話しかけた場合

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

〈レディ・ローレントには聞こえないようだ〉

レイノーが心配していた。

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

レイノ一が?
なぜ?
何て興味深い…あら、ここはどこ?

ここのみんながデイドラの魔法にかかっていた。

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

そう。
あなたもこの入り組んだ罠のー部なのかを間きたいところだけど、幻覚ではないようね。

でも魔法は感じるわ。
また私の頭の中に入り込んで来ようとしている。
変な感覚ね!

この遺跡について何か知っているか?

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

うーん…何か発見できたのは覚えているけど、詳しくは思い出せないわ。
魔法の効果からもう少し回復できれば、もっと思い出せるかもしれない。

待って。
この遣物に没頭する前に、テレンジャーが何か言っていた。

テレンジャーは今どこに?

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

正確には知らないわ。
でも近くにいるはずよ。
彼はすごく賢いの。
そして、かっこいいの!
私の…友達のスティボンズに似てるわ。

何があったか覚えているか?

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

まず蔵書庫を見て回ることにしたのよ。
絶対何かすごいものが発見できると思っていた。
レイノーがすぐ魔法にかかって走っていった。

そこからはあまりよく思い出せない。

安全な場所に向かってくれ。
テレンジャーを探してくる。

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

ありがとう。
もうここを出るわ。
私には…探さないといけない人がいるから。

発明家テレンジャーを救出

幽閉されているテレンジャーを探しましょう。

偽者のテレンジャーに話しかけた場合①

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

今は忙しい。
後でまた来るがいい。

魔術師ギルドと一緒に到着した発明家か?

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

いや、全然違うな!
発明家はもう見つからないさ。
そしてここからは出られないぞ!

偽者のテレンジャーに話しかけた場合②

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

今は忙しい。
後でまた来るがいい。

魔術師ギルドと一緒に到着した発明家か?

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

本物とは違ったか?
この偽装もよくできていると思うんだがな。

しかし、バレたからには死んでもらう!

正解の部屋

テレンジャーが書いたと思われるメモを見つけます。

これが読めるなら開けること

このメモは保護の魔法をかけて、デイドラに見えないようにしておいた。
もしこれを読んでいるなら、デイドラではないということだ。
信用していいだろう。
クラリス、あなたであることを祈る。
それか前途有望なレイノーか。
まだ2人ともこのひどい場所に閉じ込められたままなのかどうか、心配だ。

ここの魔法は強力だ。
自分の魔法よりも強い。
単純な幻覚に掛かってしまうなんて、思いもしなかった。
何か思い切った手段を使わなくてはいけない。
下で貯蔵庫を発見した。
思考に支障が出ないよう、逃走計画を立てる間だけ、中に閉じこもって見るつもりだ。

貯蔵庫で会おう。
そうしたら一緒に脱出できる。

― テレンジャー

最下層の貯蔵庫に行き、テレンジャーを捜索しましょう。

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

私のメモを読んだのはお前か?
紙にかけた魔法によると、デイドラではない誰かが文字を読んでいたようだ。

タムリエルから来た部隊の一人かな?
そうだとしたら、見せたいものがある。

何か発見できたか?

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

ここにはポータルがあり、そこからとてつもない力が放出されている。
向こう側にいる何かが、この蔵害庫にかかっている幻覚を貫こうとしているんだ。

危険なものなのか?

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

取るに足らない心配だ。
何であろうと、コールドハ一バ一の主との闘いに役立つかもしれない。
我々が手に入れられれば、この調査も無駄ではなくなる。

この力が何か分からないのか?

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

疑いはあるが、推測はしたくない。
メリディアの光の一つである可能性がある。
メリディアがホロウ・シティをコールドハーバーに投げ込んだ時、使った力の源の一つだ。

さあ、入ってもっと探ってみよう。

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

ポ一タルをくぐり、向こう側から感じられる力の源を持ってきてくれ。

なぜこれをしてほしい?

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

自分が信用しきれないのだ。
他の者を閉じ込めた幻惑からは逃れたが、デイドラの呪文の影響がまだ感じられる。

力の源を見つけて、遺跡の外にある野営地に来てくれ。
念のため、このトークンを持っていくといい。

これは何のためのトークンだ?

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

ポータルを潜るとトークンはそこに同調する。
迷子になったらトークンを使え。
ポータルに戻れる。

以前は謎に包まれた技術で、その解明が私に富みをもたらした。
今度はこの作戦に重大な役割を果たすだろう。

ポータルを通ると、黄昏の蔵書庫の上空にある浮遊石に着きます。

探索を進めると、メリディアの光を発見します。

メリディアの光を手に取ると、ラロリアラン・ダイナー王の亡霊が現れます。

ラロリアラン・ダイナー王の幻影
ラロリアラン・ダイナー王の幻影

メリディアの光によって、モラグ・バルの束縛から解放される。
探して、持って来てくれ。

お前がここから飛び降りて、下の仲間と合流するのは分かっている。
残っているわずかな力で、お前を安全に導こう。

浮遊石から飛び降りて、探検隊のキャンプに行きましょう。

探検隊のキャンプ

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

間に合ったのね!
テレンジャーが待ってる。
時間がある時に話してみるといいわ。

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

ああ、私たちを閉じ込めていた魔法から解放してくれた英雄ね!
また会えて嬉しいわ。

発明家テレンジャーと会話しましょう。

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

良く戻ったな。
見つけたか?
私は正しかったのか?
あそこで感じた力の源は、伝説のメリディアの光だったのか?

正しかった。これをータルの向こう側から拾った。

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

八大神にかけて!
そのクリスタルはメリディアの光か!
言い伝えでは、このオーブの力でメリディアは街全体をコールドハーバーに移動させたそうだ。

メリディアの密偵がこの力を制御できれば、有利に働くだろう。

クエストを完了する。

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

メリディアの光があれば、この戦争の流れを変えられる。
キレスの話だとホロウ・シティから来たようだな。
少し休んだ後、そちらへ向かおう。

助けてくれてありがとう。
昔受け持った生徒を思い出すよ。

これからどうする?

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

ホロウ・シティに入ったら、戦争を支援しようと思う。

まずはメリディアの光を試して、モラグ・バルの次元融合の仕組みを破壊する方法を調べる。
こういった作戦において、研究は常につきものだからな。

クエスト完了後、キレス・ヴァノスと会話しましょう。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

ありがとう。
一人じゃ絶対無理だったわ。
レイノーはまだ寝ているけど、起きたら装置がとてもうまく起動したことを伝えるわ。

クエスト完了後、キャンプにキャドウェルがやって来ます。

キャドウェル
キャドウェル

ああ、懐かしき蔵書庫!
ここでたくさんの本を読んだ。
絵がある奴が一番好きなんだ。

キャドウェル
キャドウェル

おお!
そこにいたのか!
管理人たちが言っていたぞ。
この愉快な楽団について話していたのかな?

彼らが生きていて本当に良かった。
生きて…いるよな?
ゾンビが嫌いなわけじゃないんだ…
あの臭いが本当に耐えられない。
苦手なんだ。
あの臭いは…ううっ

疲れているけれど、生きている。

キャドウェル
キャドウェル

ああ、蔵書庫に行って本を読んだりすると、すぐ寝てしまうのだよ。
目を開けられない。
不眠になったらちょうどいいな。

でもその話はしなくていい。
よし、我が任務として彼らを無事街へと送ることにしよう。

無事に帰るようにな。

キャドウェル
キャドウェル

問題ないぞ。
ここ数年、一緒に旅をしてきた者はほとんど五体満足で旅を終えた。
まあ、一部例外として腕や足を無くす者もいるが、それは稀な出来事だ。

関連資料

破れて捨てられたページ

…そして、それが真実だった。
今ではオスタランドが誤って導かれたのか、それとも王の幻視が誤りだったのか。
彼女は光の虹ということもあって、理解しづらい合図や前兆を時に発する。

しかし、アバガーラス人達は武器を持っていると彼は語った。
肉体から魂を剥ぎ取り、不死の悪夢の嵐を煽る強力な遺物だ。
それをモルトゥーム・ヴィヴィカスと呼んだ。
どうやら王はすでに状況に対処する計画を始めたようだが、もし残虐の王がこれを使えるようになったら…

輝く剣を持つ騎士たち

クラーノ、エグザーチ、ブライトブレード、上級王の筆頭にして、淑女に愛されしものたち。
彼女の名において、アバガーラスの街へ至急出立するようここに命ずる。
王は要請のあった部隊を許可し、お前達は次の信仰深き者達と共に、デロディールへの出発を許された。

― ラナス、ダーク・アバガーラスの前エグザーチ、新たなる者
― エンダール、プライマーチ、ブライトブレード
― ヴァラシャ、上級女司祭、サンウォーカー
― オスタランド、パラドリック・ブレード、ビホールデン

ブレード・オスタランドに同行し、彼の所持する遺物を守ってもらう。
旅の成功を確実にするためには多大な努力が払われており、店にあるすべての武器、鎧は自由に使える。
如何なる犠牲を払っても、ヴィヴィカスを破壊しなければならない!

信仰をもって、太陽を望む

― ラティーシュ

後日談

クエスト終了後、キャンプにいるレディ・ローレントと話すと、スティボンズに関する情報を得ます。

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

私が…私が伝えたかったのは…

もう!
あんまりこういうのは得意じゃないわ。
ありがとう。
助けてくれて。
本当にありがとう。

どういたしまして。

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

もう一つ、お願いしたいことがあるの。

なんだ?

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

スティボンズがまだ帰ってきてないの。
あの蔵書庫以来会ってないわ。
ここで私のために夕食を用意してないから、びっくりした。
彼はたぶん高いところに向かったのよ。
あの峠みたいに。

ホロウ・シティの〈顧問の家〉に探検隊のメンバーが集まっています。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

レイノーが戻ってきてくれて本当によかった。
彼が居なかったら私…どうしてたらいいかわからない。

彼は地図を研究して、次の機械をどうするか考えてる。
こんな当たり前の光景がとても嬉しいわ。

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

罠だったかもしれないけど、あの蔵書庫をもう少し見たかったな…
あそこには絶対多くの知識と宝が眠っていたはず。

でも、脱出する前にキレスが何冊か書物を手に入れることはできたみたいだ。
ああ、読むのが待ち遠しい!

レディ・クラリス・ローレント
レディ・クラリス・ローレント

スティボンズの奴!
見つけたら…叱ってやるわ!

消えて私を一人にするなんてね?
私は…彼を…彼を懲らしめてやるわ!
かなり厳しくね。

発明家テレンジャー
発明家テレンジャー

オブリビオンの次元の仕組みについて何年も研究を進めてきたが、未だに新しい発見一つ一つに驚いてしまう。

例えばあの蔵書庫…
あそこの呪文は、今まで見たこともないようなものだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました