スポンサーリンク
書籍

輝くサファイアトーナメント

集まれ、若者たちよ
聞くがいい!
しばしの間
諸島のあまねくところに
我らは誇りの源を手にしたのだから!

誇り高きは騎士団
3つの名がそこにある
長大な詩歌の中で称えられ
家へと伝えられる
だがこの短い詩のほうが簡潔だ!

ああ、シストレスの騎士団よ
これほど身近にいようとは
その数を数え、杯を掲げよう
我らの素敵な同胞たちに!

アルバトロスは波の上を行き
アイアンは前進突撃し
オーク騎士は古代の技を知る
どれも気品に欠けるところなし!

どうか、耳を貸してほしい
サファイアトーナメントがやって来る!
あらゆる街角から
海を越えて、あるいは徒歩で
憂いを抱く者はなし!

志願者は近くや遠くから
古きナヴィールを訪れて
槍試合と乗馬をこなし
誇りも高く歌いだす
注目の星となるために!

ああ、シストレスの騎士団よ
これほど身近にいようとは
その数を数え、杯を掲げよう
我らの素敵な同胞たちに!

アルバトロスは波の上を行き
アイアンは前進突撃し
オーク騎士は古代の技を知る
恐怖するべき力の持ち主!

誰がトーナメントに勝とうとも
最後の日になれば
卿であろうとレディだろうと
その者は名誉と共に生き
ここへの旅路に満足する

誇り高きはトーナメントの勝者!
戦いと流血で得た勝利!
君こそその人かもしれない
どうか正直に言ってくれ
だがこの短い詩はもう終わる!

ああ、シストレスの騎士団よ
これほど身近にいようとは
その数を数え、杯を掲げよう
我らの素敵な同胞たちに!

アルバトロスは波の上を行き
アイアンは前進突撃し
オーク騎士は古代の技を知る
さあところで、私の馬はどこにいった?

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました