スポンサーリンク
書籍

ファーグレイブの愚か者

(マダム・ウィムの依頼により吟遊詩人ティラシー・ミレルが執筆した隠者にまつわる歌。隠者を軽視したユーモラスな作品になるはずだったが、吟遊詩人はウィムの指示に従いながらも、この裏通りの人気者に敬意を払うため全力を尽くした)

本当に彼女を知る者はない
本人だって知りゃしない
彼女はあばら屋の隠者
このポータルと次元取引の場で

定命の者が空の手を差し出す
彼女はぼんやりと満たす
この商業の街で
利益も損も気にしない

彼女は仮面の女
解けぬパズル
隠遁の日々を送り
あなたの痛みを感じる、ファーグレイブの愚か者

本当に彼女を知る者はない
本人だって知りゃしない
彼女は裏通りの人気者
外せぬ仮面に捕らわれている

定命の者が嘆き悲しむ
彼らは飢えて苦しんでいる
彼女は支援に力を尽くす
好意もコインも求めずに

彼女は仮面の女
解けぬパズル
隠遁の日々を送り
あなたに手を差し伸べる、ファーグレイブの愚か者

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました