書籍

エリンヒルの繁栄

魔術師の街との取引について
ハロルド・ファーフライ著

クラグローンのある場所、文化の光が輝くと言われる場所がある。
エリンヒルの輝く街だ。

古代の魔術師の塔、エルフやヨクダがクラグローンに眼を止める前の、風変わりな異国の記念碑をみればすぐにわかるだろう。
エリンヒルは学者と魔術師が他の野生的な住民に対して、文明の力を示すために立っている。

第二紀の始まりまで、エリンヒルはもう少し野蛮で、秩序のない僻地だった。
クラグローンの大半のように、帝国の生活が合わない者達によって植民された。
そのようなので大変危険な場所であり、本当の指導力や統治の為の法律は欠けていた。
そして定期的に、山賊とアイアンオークの襲撃者から略奪の標的にされていた。

しかし第二紀の当初、クラグローンで彼らの技の修行をするために、輝かしきフェリックス「ブラックキャスター」アウグストゥスが率いる魔術師のグループが、魔術師ギルドの安定と制約から離れた。

一般的な神話によれば、ブラックキャスターと彼の魔術師たちは乱暴でモラルに問題があり、魔術師ギルドの権威に抵抗する、訓練されていない境界の魔術師以外の何者でもないことを示している。
この物語は、今でもクラグローンに残る無法な要素によって残っている。
その話を信じれば、最初にエリンヒルに入植した魔術師たちは、もはや街を定期的に襲う山賊よりも文明的な影響をもっていない。

これ以上真実から遠い話はない!
帝都の魔術師ギルドの記録を調べるだけ反証できる。
実際のところ、フェリックス・ブラックキャスターは高位のギルドメンバーだったのだ。
彼がギルドを去った理由は、規律や訓練に関する意見の相違と全く関係がない。
ギルドの範囲にない、新たな領域を求めただけである。
書簡によれば、ブラックキャスターはエリンヒルの指導者が頂きの協定に署名してから、ギルドの上官たちと10年も連絡をとっていたようだ。

この書簡はブラックキャスターやエリンヒルへ到着した他の魔術師たちの状況に十分な光を当てている。
彼らが無法な人々に、指導と保護を受け入れるよう説得した期間についても。
私は詳細を述べる気はないが、要約する。
ブラックキャスターとその魔術師たちは、その時空だった頂きの塔に興味をそそられ、以前に市長(実際には単なる軍閥の長だった)へ入る許可を求めていた。
何回も拒否されたため、彼らは失望して冒険を諦めようとした。

しかし、彼らの運はアイアンオークが山から来て街を包囲した時に変わった。
その目を見張る力を使って、ブラックキャスターと彼の魔術師たちはオークを追い払い、エリンヒルの移り気な愛を勝ち得たのだ。
彼らはブラックキャスターを新しい市長にし、そのすぐ後に頂きの協定が結ばれた。
この日に結ばれた条約は、今日まで続いている。
エリンヒルの頂きの塔の魔術師たちは、街が彼らの魔術学校の運営を支援する限り、この市を守ると宣言した。

アイアンオークの出現は、見かけ通りの出来事ではないと主張する者もいた。
彼らはブラックキャスターと魔術師がエリンヒルの人々を味方に引き入れるために、オークと取引をしたと宣言さえした。
私はこの示唆は、曖昧で侮辱的だと思っている。
このような策略はフェリックス・ブラックキャスターの人物像と評判には相応しくないし、アイアンオークは交渉や協力によって妥協しないことで悪名高いという事実には触れていない。

頂きの協定の時代から今までの真実は、エリンヒルがクラグローンの野生の中の文明の優れた中心となり、ブラックキャスターの魔術師たちの導きと保護の元で繁栄したということだ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました