スポンサーリンク
古遺物

デッドランドの古遺物

古遺物の手掛かり

種類手掛かり入手先
お宝キンリーヴの法杖最初から所持
お宝マインドクリーバー・クランの旗キンリーヴの法杖を発掘
お宝古代モルフォリスのノミマインドクリーバー・クランの旗を発掘
※アカウント全体で1回限り
家具デッドランドのアンティーク地図雑貨商人から1000ゴールドで購入可能
※購入するには実績「デッドランドの開拓者」が必要
家具デイゴンの熱いギブレットデッドランドを徘徊している「ハヴォクレルの死刑執行人」
帽子アイアンクラッド・サルコシュラウドデッドランドにある「奇妙な金属」を調べる
※詳細は下部に記載しています
モチーフ古代デイドラのモチーフデッドランドの宝の地図
デイドラの付呪台
(家具)
デイドラの付呪装置デッドランドのパブリックダンジョン「奉納の環礁」の最終ボス
※「奉納の環礁」はデッドランドの各地にあるポータルから入場できます
呪文で焦げた作業台ファーグレイブの金庫
不浄のルーンの書デッドランドの付呪クラフト資源

アイアンクラッド・サルコシュラウド

デッドランドの哀れなる者の尖塔の旅の祠の北東部にある「奇妙な金属」を調べると手掛かりを入手できます。

※他のプレイヤーが先に奇妙な金属を取った場合、再び出現するまで待つ必要があります。

青矢印の所に奇妙な金属があります
奇妙な金属

古遺物の書

キンリーヴの法杖

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

この長さの木は自然に発生したものじゃない。結び合わせて作った杖か何かね。おそらく、灰の森の木から作られたものよ。杖をついて歩くデイドラがそんなにいるとは思えない。しかも彼らは年を取らない。妙ね。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

杖の一種のようだな。帝国軍の百人隊長が使う、蔓の杖に似ていなくもない。ドレモラが戦闘で、規律と命令を大いに重視する。命令に背いた従者に懲罰を加えるための杖だろうか?

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

ああ、キンヴァルかキンリーヴがこれを使って部隊を指揮し、罰を与えていたんだ。だがそれだけじゃない。ここの刻みを見てくれ。このドレモラはこいつで、命令に従わない他の兵士たちの背中も叩いたようだ。ルイナクやデイドロスだろうか?大胆な奴だ!

マインドクリーバー・クランの旗

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

この紋章には見覚えがないぞ。ドレモラの作品なのは間違いないが、このクランは私の知るデイドラ学の文書に載っていない。確かにドレモラのクランは数千も存在する可能性があるとはいえ、我々はデイゴンに仕えるクランなら確実に把握していると思っていたんだがな。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

魔術師ギルドの図書館で、ディヴァイス・ファーの初期オブリビオン探索の目録を見つけました。彼はクランの紋章を数百スケッチしています。これはマインドクリーバー・クランの紋章のようですね。でも、名前以外に大した情報はありません。

アマリエン
アマリエン

マインドクリーバーについての情報不足は偶然じゃない。デイゴンの現在のお気に入りであるルインブラッドは、彼らが存在した証拠を全て消し去ったの。私が見つけたファイアスカージの巻物には、彼らが秘密警察として憎まれ、小規模クランの同盟によって引きずりおろされたと書いてあったわ!

古代モルフォリスのノミ

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

境界の橋についてのカミロンウィの論文は今でも印石に関する最先端の研究ですが、まだ分かっていないことも沢山あります。例えば、彼は印の過程を詳細に調べていますが、そもそもモルフォリスをどうやって獲得できるのかについてはほとんど言及していません。この付呪されたノミが鍵かもしれませんね。このデイドラのルーンを見て下さい。「抽出」という言葉が何度も出てくるし、この窪みは球体の加工に良さそうです。デイドラはこれを使って外来のモルフォリスを発掘していたのかもしれません!

デッドランドのアンティーク地図

遠い昔、バーンとセヴァーの探検家が協力してデッドランドの地図を作り上げた。残念ながら、そのプロジェクトを立ち上げた者の中には完成した地図を見られなかった者もいた。
レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

メエルーンズ・デイゴンの領域の地図のようだ。デイドラの領域の幅や範囲といった次元の問題は私の専門外だが、この地図が本物であることを疑う理由はない。素材のベラム紙は、控え目に言っても不気味だ。

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

ドレモラの作品ね。縁がギザギザになっているのが分かる?この皮は手荒に剥ぎ取られたのよ。何から剥がれたのかは、あまり考えたくない。わざわざこの地域を選んで地図にしたのは妙ね。ガブリエルによれば、デッドランドは理解できないほど広いそうだけど。

アマリエン
アマリエン

ガブリエルは正しいわ!知り合いのある著名なデイドラ学者によれば、デッドランドには777の要塞があるって。ここには要塞しか数個しか載っていないから、きっと特に重要なものよ!

デイゴンの熱いギブレット

恐怖は節度を守って使うべき道具だが、用いる際には適切な道具を用意しよう。例えばこの拷問器具は、見るだけでも秘密を明かしてしまう者がいるだろう。
レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

不気味だと言われそうだが、私は拷問器具が大好きなんだ。もちろん、拷問は忌まわしいことだ!しかし最悪の衝動を調べることで、文化について多くのことが学べる。デイドラの場合、これ以外の衝動はないと言っても過言ではないが。それでも興味深い。

アマリエン
アマリエン

レジナスは拷問器具が趣味なの? なるほど。まあ、ブーカ先生の悪趣味はともかく。デイドラが死を恐れないことを考えるなら、この種の絞首台は合理的ね。苦痛はどんな相手も動かす力よ。定命の者もデイドラも、同様にね!

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

こいつがデイドラに使われていたとは思えないな。絞首台の幅を見るに、様々な大きさがあったようだ。一番でかいオークから、やせ細ったウッドエルフまで。モーロッチにかけて、その気になればこいつはパフマーだって入りそうだぞ。おぞましいな。

アイアンクラッド・サルコシュラウド

学者はこの兜のデザインが掃滅王の頂で生まれたかどうかについて議論しているが、広く合意されている点はある。その恐ろしい角が、装着者と戦った者に悪夢を見せることだ。
ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

これはタムリエルのハンマーやトングで作られたものじゃない。それは確実だな。遠くからだと黒曜石に見える。目を凝らせば黒壇のように見える。だがこの金属は外来のものだ。模様があるだろう?それからこの角だ。きっとデイドラの獣から引き抜かれたんだ!

古代デイドラのモチーフ

アマリエン
アマリエン

ページが切り刻まれているわ。腹を空かせたデイドロスが、美味しそうなバネキンと見間違えたようね。でも内容は素晴らしい。この図を見て。メエルーンズのカミソリを模しているのかと思ったけど、全く違う短剣かもしれない!

肩防具

アマリエン
アマリエン

これを書いた人物は多分脱出できなかったんでしょう。悲しいわね。個人的には、私もデイドラの領域の岸壁や峡谷を探検してみたいわ! まあ、私の車椅子の車輪がすぐに燃え尽きそうだけど。冒険しなければ、何も手に入らない!

胸当て

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

この文書の大部分は汚れていて読めない。大雨の中にあったか、洪水に押し流されたようね。ずっと、デッドランドは炎が全方位に燃え広がっているだけの場所だと思っていた。どうやら、事情はもう少し複雑らしい。

手袋

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

この本は炭のように真っ黒だ。インクと灰を見分けるのが大変だが、努力を尽くす価値はありそうだ。これを書いた人物が何者であれ、かなり金持ちなダークエルフだな。この素材の品質は、初期ダークエルフの基準からすると贅沢品だ。

ベルト

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

この本はどこかの時点で燃えてしまったようだ。意外ではない。デッドランドは紙に厳しい場所だ。少しでも紙が残っているのは、ダークエルフのバインドのおかげだ。彼らは溶岩のことをよく理解している。

脚当て

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

隅に書かれたメモが読めるか? どうやらヘクソスのトレジャーハンターが一時的に持っていたらしいな。長い期間ではなかったはずだ。メモはここの、牙で穴を開けられた箇所で終わっている。オグリムかデイドロスかは分からない。どちらにせよ、致命傷だな。

ブーツ

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

この文書は興味深い。汚れのせいかもしれないが、この文字は比較的最近のダークエルフの書体よりも、チャイマーの古代文書に近いと思う。線の長さと、幅を広くとっている点が特徴だ。おそらくとても古いものだぞ。

短剣

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

少なからぬ量の血が付いている。デイドラの血か、定命の者の血かは判別しがたい。オークとドレモラの血痕は同じだし、ダークエルフもそうだ。この紙束をしまう場所には気をつけてくれ。バネキンはどんなに古くても、血の匂いを嗅ぎつけるからな。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

オグリムがこれを食卓のナプキンとして使ったようですね。文書が一部残っていてよかった。剣の設計図も無事ですね。オグリムは厄介な獣です。でも、あまり腹を立てる気にはなれません。結構可愛いと思うんですが、私だけですか? そうですか。

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

斧作りに関する論文? 興味深いわね。デッドランドで古代ダークエルフの文書が見つかるとは思わなかった。でも最近タムリエルや他のところで起きていることを考えると、驚くにはあたらないか。

戦棍

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

数百年もの間外気にさらされていたのに、この紙はどうして崩れていないのでしょうね。まあ、多少焼けているけど。でも全体としては、ほとんど新品に見える。ドレモラの宝物庫に眠っていたのかもしれないわね。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

隅にあるトリビュナルの印章を見て下さい。勇敢なエルフは、こういう紋章を付けてデッドランドを歩みます。メエルーンズ・デイゴンには多くの敵がいますが、ソーサ・シルとアルマレクシアを誰よりも憎んでいると聞いています。

アマリエン
アマリエン

これはすごいわ! 定命の者の文書がデイドラの領域に、どれだけ長い間隠されていたことか! きっとトリビュナル初期の時代にまで遡る。もし正しければ、ダークエルフの耐火羊皮紙に関する私の仮説が証明されるわ!

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

何者かが苦労してこれを隠したようですね。後でまた掘り出すつもりだったのでしょうか? 残念ながら、デッドランドの地面は長期間同じ場所に留まることがないんです。クレバスに落ちることも、溶岩で燃えることもなかったのは運がいいですね。

デイドラの付呪台

このデイドラの作業台の上で、どんな邪悪な付呪が行われたのだろうか? それ以上に不吉なものを作れるかもしれない。このクラフト台を家に置けば、付呪アイテムをクラフトできるようになる。

呪文で焦げた作業台

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

作業台のようだが、単なる工作用ではないな。ドレモラはこれをアルケインの用途に使っていたに違いない。この異様な刻み目を見てくれ。おそらく錬金術か付呪だ。この種のものはタムリエルに見られない。まあ、その方がいいんだが。

デイドラの付呪装置

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

付呪師がこれを使っていたのは間違いないと思う。この水晶の装置の配列を見て。デイドラがタムリエルで一般的な付呪の方法を使うなんて奇妙だわ。残念ながら、魔術の問題は私の専門領域から外れるけど。

不浄のルーンの書

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

これは一体?デイドラがルーン魔術を使うなんて…実に奇妙なことです。テレンジャーのルーン技術に関する論文は、ルーンストーンの起源の候補をいくつか挙げていますが、オブリビオンの領域にまで達するものはありません!ルーンがベールを超えるなんて、すごい発見です!

コメント

スポンサーリンク