スポンサーリンク
書籍

センシャルの大火

陽の光は差しているのに
過去の闇が悲しませる。
炎が皆の息を止めた後
私は全ての死を嘆きながら立った。
そして私に何が起きたか?
それは言えない。

月が照らした時、
私は悪い道を歩くことを選んだ。
星の輝く空から、
月の寂しい輝きが死を目撃した。
そして私に何が起きたか?
あえて言わない。

生き延びなければならぬ。破壊された残酷な生を
苦しみと不正と共に
死が取り囲む中で。
だが、望みが全て消えたのに繁栄できようか?
残されたのは悲嘆と、浅い墓穴だけだ。
闇は進み続ける。
何ができる? 生き延びるだけだ。

数十年が経った。我々はどうなった?
悲惨な死の試練の後で。
高すぎる代償を払ったのか?
全てを知りながら、歩み去ることの。
そして我々に何が起きたか?
誰も言えない。

我らは生き延びた。破壊された残酷な生を
苦しみと不正と共に
死が我々を捕らえた時に。
だが、あんな代償を払って繁栄できようか?
今の我々は何者だ? あえて言わない。
闇は進み続ける。
何ができる? 我々に何が起きた?

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました