書籍

ブラックドラゴンの日記、パート2

砂時計の居留地は人が多すぎて狭すぎると思い始めた後に、ナイツグレイブの遺跡を探し当てた。多くの活気のある人々と交流する資格は私にない。死は使命以上のものになった。今や私の一部だ。この地に長居して何が悪い?

* * *
遺跡に下る階段にある像には感心した。時の騎士団の創設者は誠実な戦士だったのだ。その一員だったことに誇りを持っていた時もあった。だが今は? 分からない。今となっては分からない。

* * *
創設者か、もしくはその後にきた者は侵入者からこの場所を守ろうとしたようだ。かがり火は騎士団の道を開ける鍵か何からしい。どうにかして、この鍵を開ける方法を考えればいい。

* * *
かがり火に火を入れる順番は実に簡単だった。この聖なる地下に入る方法を見つけた者がほとんどいなかったとは驚きだ。

* * *
遺跡に入る方法が他にもあるに違いない。さもなければミノタウロスはどうやってここに入ったのか? 驚きのあまり1匹倒さなければならなかった。その後、彼らをかわすには相当苦労した。殺さなければならない訳ではない。思うに、彼らはガーディアンのようなものなのだろう。そのままにしておこう。

* * *
武器庫の少し先で、時の騎士団の最初の第一の剣のために作られた部屋を発見した。ジュスティアとの確かな関わりを感じる。彼女の武器を手にしたら、彼女は微笑みかけてくれるだろうか。

* * *
パラゴンの王冠として知られる柱の輪の中で長いこと祈った。アカトシュは私の懇願をお聞きになったのだろう。すぐに私は遺跡のより古い部分へと繋がる地下道を見つけた。騎士団はより古い時代を思い起こさせる洞窟の上に元の本拠を建てたのだろう。印象的で、敢えて言うなら洞窟を支配するアカトシュへの畏れを感じる。この場所はアレッシア教団と、彼らのアカトシュを他のすべての神の上に押し上げようとする努力の恩恵を受けているのだろうとしか思えない。散らばった檻でさえ、アルトリウス大司教とクヴァッチ大聖堂の手下が行ったのよりも暗い儀式の存在を仄めかしている。

* * *
大司教、時の騎士団、闇の一党。皆が私をこんな風にした! ここ、アカトシュのもっとも恐ろしい存在の影の中で、私の本当の姿がついに分かるかもしれない。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました