書籍

アッバ・アールの説話:太った母

ある朝、アッバ・アールは子供たちに尋ねた。
「我々の両親、太った母を知っているか?」

子供たちは首を振り、
「ううん。太った母のことは知らない。
アッバ、彼女のことを教えてくれる?」

アッバは頷いて話を始めた。

「人々が農耕を始める前、彼らは草原の動物を狩り、肉だけを食べていた。
しかしある朝、狩人達は狩りに出かけたが、動物を一匹も見つけられなかった。
そして、族長は彼らにこう言った。
「我々は全ての動物を殺してしまったので、獲物がいなくなった。
だからこの場所を去り、新たに獲物がいる場所を探さねばならない」

「そして、人々は荷物をまとめると、食料を求めて旅に出た。
この旅の一団の中に、オルサと呼ばれる者がいた。
彼女は人々から避けられていた。
彼らは太っていて、見た目が醜いからという理由で仲間外れにした」

「ある日、人々は高い山の麓にたどりついた。
そして、こう嘆き出した。
"腹が減って仕方がない!
すぐに何か食べなければ、きっと飢え死にしてしまう。
食う物もなしに、こんな山に登れるか!"」

「これを聞いて、オルサが前に進み出た。
"皆は私を仲間外れにするけれど、私はまだ皆を愛しているわ。
こっちに来て、私の左の乳房からお乳を飲んで。
そうしたら、山に登る力が沸いて来るかもしれないわ"。
人々はとても喜んで、お腹いっぱいになるまでお乳を飲んだ。
腹がお乳で満たされると、人々は山を登り始め、死ぬこともなかった。
そうであったにも関わらず、彼らはオルサを惨めに扱った」

「そして月日は流れ、人々は川に行き当たった。
するとまたこう言って嘆き出した。
"腹が減って仕方がない!
すぐに何か食べられなければ、きっと飢え死にしてしまう。
食べる物もなしに、こんな川を渡れるか!"」

「するとオルサが言った。
"私はまだ仲間外れだけれど、皆を愛しているわ。
こっちに来て、私の右の乳房からお乳を飲んで。
そうしたら川を渡る力が沸いて来るかもしれない"。
もう一度、人々は貪欲に腹を満たした。
彼らは泳いで川を渡り、1人も死ぬことはなかった。
このことがあってからも、人々はオルサと仲間のように交流しなかった」

「さらに月日が流れ、人々は広大な砂漠の端にやってきた。
もう一度、人々は嘆いた。
"腹が減って仕方がない!
すぐに何か食べなければ、きっと飢え死にしてしまう。
食べる物もなしに、こんな砂漠を歩けるか!"」

「人々はオルサを見て、助けを求めた。
"また乳を飲ませてくれないか、太った女よ?"。
こう尋ねた」

「"できないわ"とオルサは言った。
"あなた達は山の麓で私の左の乳を飲み、川の岸で右の乳を飲んだ。
これ以上はお乳が出ないわ"」

「人々はとても動揺し、がっくりと膝を落として泣きだした」

「その夜、オルサは星に祈った。
"ああ、お星様、私はどうすればいいですか?
もうこれ以上人々にあげるお乳はない。
私たちは、食べる物がなければ飢え死にするでしょう"」

「すると星はオルサにこう言った。
"オルサ、なぜあの人達のために泣くの?
彼らはあなたを仲間外れにして、ひどい冗談で笑い者にするでしょう?
彼らが死ねば、彼らと共に生きる苦しみから解放される。
そのほうがいいでしょう"」

「"いいえ"とオルサは言った。
"私は太っていて、見た目もよくないから、夫がいないの。
私には自分の子供がいないわ。
でもこの人達が私の子供になってくれた、だから何があっても子供達の世話をしなければ"」

「星は、これを聞いて不憫に思った。
"オルサ、あなたがその子供達の世話をする手助けをして、多くの子供を授けてあげましょう。
その代わり、約束をしてください"」

「"はい、どんなことでも!"
と、オルサは叫んだ」

「星はこう答えた。
"もしその人達があなたを一瞬でも惨めに扱ったら、あなたは彼らに必ず攻撃すること。
彼らにあなたをきちんと扱うことを教えてやりなさい"」

「"約束します"とオルサは答えた」

「それから、星は最も強い魔法を使って、オルサをとても太った蜂に変えた。
人々は彼女の巣からハチミツを取って食べることを覚え、生きて砂漠を越えた先にある彼らの新たな土地を見た。
けれど太った母は約束を守り続けた。
もし人々が彼女をきちんと扱わなかったら、オルサとその子供達が彼らを刺して、彼らの幸運を思い出させた。
そうして、太った母さんは我々と一緒にいるんだよ」

アッバが話を終えると、子供達はにっこりと笑って、アッバに太った母さんのハチミツをおねだりした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました