スポンサーリンク
書籍

追放の石

償いへの道はしばしば、憤怒と自己憐憫の影に飲み込まれる危険を伴う。この道はことあるごとに振り出しへ戻り、罪人に繰り返し、自らの罪に向き合うことを強いる。時と共に、苦悩するドロ・マスラは真理を受け入れ、教団の奉仕を通じて救済を求めることもあるが、多くの者は抵抗する。そうした憐れむべき者に対しては、追放が唯一の手段である。

祈りと歌、そして切り裂く剣により、我々は異なる世界をつなぐ道の安全を保っている。我々はこの仕事に大いなる名誉を見出すが、大いなる危険をもまた見出す。ナミイラが他の何にもまして、狩人の心臓を渇望していることを忘れてはならぬ。アデプトは戦争の苦い果実の奥に隠れている、平和の種を探さねばならない。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました