スポンサーリンク
書籍

剣の魂

流血の牙の師範、ヴァラミによる瞑想

ヴリン・サクを極めるため、定まった道があるわけではない。アデプトや師範になる定まった方法は存在しない。こうしたことは熟考し、自分の道を見つけるものだ。

剣はお前の魂だ。魂はお前の剣だ。

[怒った筆跡で殴り書きされている。「このろくでなしめ! ヴァラミの魂が自分の剣で引き裂かれますように! そもそもどういう意味だ?]

こうした言葉で瞑想せよ。その瞑想は、お前にどんな意味を持つ?

[さらに怒った筆跡で。「お前が自分の弟子も訓練できない、どうしようもない無能だという意味だ。意味だと。ろくでもない!]

瞑想は道を示唆しているのか? いや、きっと違う。

[大文字でギザギザの筆跡で。「いいかげんにしろ」]

武器を手渡される前に、ヴリン・サクが何時間もかけて基本の型を習った方法で訓練する者よ。もし魂がお前の剣で、お前の剣がお前の魂なら、そもそも師範が弟子の成長を邪魔しているという意味にならないだろうか? 私はそう言わない。

[小さな手書きで。「もういい。この者はうんざりした。この者は…」]
[この巻物は唐突に終わっている。まるで注釈者が、最後のメモの下をすべて破り取ったかのようだ]

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました