スポンサーリンク
書籍

哀しみの風

歴史家、バスティビアン・マロレ著

トール・ドライオクの力の源泉については、いくつかの物語がある。その中で頻出するのは邪悪な魔女や、復讐心に駆られ敵を倒すために闇の魔術に手を染めた族長などである。歴史記述はさまざまだが、確かなことはある。それは遠い昔、この塔に起きた何らかの出来事が痕跡を残したということだ。最も広く知られている伝説は「哀しみの風」と呼ばれている。空想的な物語ではあるが、その核心部分には一抹の真理が眠っているかもしれない。地域住民の言葉によれば、時々目の端で点滅する塵は、哀しみの風と呼ばれる、悲嘆に沈んだ恐るべき霊魂の残滓だという。

この物語によれば、小島はかつてエルフか人間の外見をした獣の住みかだった。この獣の存在は確認されたことがなく、話を面白くするための詩人の脚色かもしれない。確かなのは、小島の最初期の住民は強力な魔法使いであり、大地や海を形作ったことだ。時と共に、諸島は人間やエルフに発見され、移住が行われた。この古い住民たちが残っていたとしても、彼らは基本的に隠れて生活していた。高潔で美しい、ある女性の古代生物は、小島を吹き去るそよ風に調和しており、彼女の服や髪の毛は常に、まるで風に吹かれているかのように揺れ動いたと言われている。彼女は近くに移住してきた古代の族長と恋に落ち、諸島の秘密の場所を去って彼と共に暮らした。

物語の伝えるところでは、この古代生物は族長に子供を二人授けた。どちらも賢く美しい子だった。何年も過ぎ、彼女は自分の母親が亡くなったことを知った。それゆえ彼女は家と子供を残して自分の民のところへ帰った。旅から戻ってくると、彼女は夫が自分を捨て、別の女のもとへ行ったことを知った。その別の女は嫉妬深く、暗い心を持っていた。この女は偉大な族長の心を魔術によって曇らせたのだ。さらに悲劇的なことに、女は二人の子供を毒殺し、自分の子孫がすべてを受け継ぐように取り計らったのである。

追い出された妻は夫の裏切りに耐えたが、子供たちを失った彼女の悲しみは風を解き放った(と伝説にはある)。苦しみと悲しみのために激昂した彼女は何日もの間、自分の行くところすべてを破壊し去った。ドルイドや族長、戦士や魔女らで構成された、勇者たちの一団が彼女を抑え、凶暴な風を止めて小島を元に戻すため戦った。

トール・ドライオクが現在立っている可憐な谷は、彼らが哀しみの風と名づけた獣に対するその激烈な戦いの場だった。彼女の墓は塔に近いどこかに眠る、と伝説には言われている。物語のこのバージョンによれば、塔の周囲を舞う塵は彼女と、共に埋葬された子供たちの霊魂の顕現だという。他の物語では、彼女は敗北したが征服されることはなく、いつか帰ってきて、あらゆる岩に至るまでハイ・アイルを破壊しつくすだろうと言われている。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました