書籍

プロウラーの歌

ハンマーフェルから出港、
明るく輝いた朝に、
美しい船が風を浴び、
そして岸から進む。
そして岸から進む。

船長が血の誓約を誓い、
その目は真っ黒で残忍。
「海賊か私掠船員か?」
俺達は決して口にしない。
俺達は決して口にしない。

ダガーフォールの船を襲撃、
そしてブリークロックは略奪の限り、
しかし友の多くはヘヴンに、
そしてグラーウッド中に。
そしてグラーウッド中に。

船長は正直な魂。
彼女は船を見事に操る。
俺達は正直かと問われれば、
彼女は決して口にしない。
彼女は決して口にしない。

海岸沿いで盗品を収集、
それでも大丈夫だと誓う。
アイレン女王は決して文句を言わない。
まるで一度も言ったことがないように。
まるで一度も言ったことがないように。

だが俺達の財宝の場所はどこだと聞くか?
深く埋めたか、うまく隠したか?
財宝の宝箱に封じたのか?
俺は決して口にしない。
俺は決して口にしない。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました