書籍

シシス

シシスがこの家の祖である。彼より前には無しかないが、愚かなアルトマーはこの無に名前をつけて崇拝している。それは彼らが怠惰な奴隷であるがゆえのことだ。まさに「説教」に書かれているとおり、「停滞が望むものはそれ自身、すなわち無である」

シシスは無をばらばらに裂き、その断片を変化させ、そこから無数の可能性を形成した。それらの観念は衰え、流れ、消え失せていった。それはそうなってしかるべきことだった。

しかしながら一つだけ嫉妬した観念があり、それは死ぬことを望まなかった。停滞と同じように、彼は存続したがったのだ。それが悪魔アヌイ・エルであり、やがて彼は友人たちを作り、それらは自らをエドラと呼ぶようになった。エドラはシシスが作ったすべてを奴隷とし、永遠に不完全な領域を創造した。それが偽りの神エドラ、すなわち幻影である。

そこでシシスはロルカーンをもうけ、万物を破壊するために彼を遣わした。ロルカーン! 移ろい続ける変異体!

ロルカーンはエドラの弱点を見つけていた。反逆者たちはその素性ゆえに個々を計り知ることはできない存在だったが、嫉妬と虚栄心によって互いがそれぞれ分離されていたのだ。また彼らは、以前のような無に戻ることも望んでいなかった。そこで、彼らが偽りの領域を支配している間に、ロルカーンは無数の新しい観念で虚無を満たしたのである。それは観念の大軍であった。やがてすぐにロルカーンは、奴隷と永遠の不完全さとを伴った彼自身の領域を持つようになり、全世界に彼自身がエドラに似た存在として捉えられるようになった。そのようにして彼は悪魔アヌイ・エルと8人の贈与者の前に、そうした者、すなわち彼らの友人として、姿を現したのである。

友としてシャーマット・ダゴス・ウルのもとに向かえ。

アエ、ハルマ・モラ、アルタドーン、パドメ、ロカン、アエ、アイ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました