クエスト

血の署名

ESOゴールドコースト > ストーリークエスト

前回クエスト

物語内容

伝えし者テレヌスと話す

アンヴィル灯台にいる、伝えし者テレヌスと会話しましょう。

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

待ち受ける仕事への準備はできているか? お前の力を闇の一党に証明し、夜母の冷たい抱擁への最初の一歩を踏み出す準備はいいか?

やるべき仕事について教えてくれ

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

インペリアルの貴族、クインタス・ジャロル卿が、黒き聖餐により死の標的となった

仕事は簡単だ。ジャロルを見つけ、始末しろ

なぜ彼が死の標的に?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

それを知る必要はない。黒き聖餐が行われたのは、彼が誰かを怒らせたためだ。それだけ聞けば十分だろう。夜母は祈りに耳を傾けた。そして、ジャロルは死ななければならない

これがお前に与える仕事だ

クインタス・ジャロル卿を始末する

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

よし。貴族の屋敷はアンヴィルの北西にある。黄金街道沿いだ

処刑をどのように行うかはお前に任せる。ただクインタス・ジャロル卿がお前の手で死ねばいい。それで闇の一党への入団は完了だ

夜母とは誰だ?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

我々の不浄なる母であり、シシスの本当の妻だ。彼女は我々の母であり、その優しく冷たい抱擁で我々を永遠に包み込んでくれる

つまり夜母が指導者なのか?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

もっと質問をしたければ仕事をこなした後にしてくれ。ただ、彼女が見ていることを忘れるな。我々と同じように、お前も彼女に愛されている

彼女を失望させるなよ

黒き聖餐とは何だ?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

黒き聖餐は闇の一党に仕事を依頼する時、顧客が行う儀式だ。顧客は標的の彫像を用いて夜母に懇願する。そして夜母は、その者の命を奪うためにアサシンを送り込む

そこには哀憐も悔恨もない

つまり闇の一党は有償のアサシン部隊か

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

簡単に言えばそうだ。我々は無実の者の命も罪人の命も同じように奪う。そしてあらゆる魂はシシスのものとなる。代価が支払われさえすればな

死は我々の仕事であり、信仰であり、取引だ。そして仕事は、今のところ上手くいっている

悲痛の短剣のことを詳しく知りたい

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

悲痛の短剣は闇の一党が用いる黒檀の短剣だ。片手武器で、然るべき者が扱えば特殊かつ強力な武器となる。兄弟や姉妹が標的を倒すために武器が必要になった時、短剣は現れ、暗殺を助けてくれる

貴族を殺しに行く前に、何か知っておくべきことは?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

賢い旅人は、分かれ道があれば道を尋ねる。入団したら遠慮せず、闇の一党の仲間達に相談しろ

貴族の屋敷で何が待っているか知りたいのだろう?

最初としてはちょうど良い

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

殺しにそれほど特別な能力は必要ない。だが標的に近づくには? そこが真の問題だ。高い壁、鍵の掛かった門、屋敷を守る武装した巡回部隊

屋敷へ入るには他の方法もある。興味があるなら教えよう

興味がある

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

ウィサードローズの地下には密売人のトンネルがあり、それが直接屋敷の中庭に繋がっている。私だったらそこを使う

それからロックピックを忘れるな。ジャロルは注意深い男だ。自分が使った後は、必ず扉の鍵をかける

ウィサードローズとは?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

ウィサードローズ? 街の外にある小さな宿だ。美しい母親と娘が切り盛りしている。だが生活は苦しいようだ

密売人のトンネルは彼女達にとって、もう一つの収入源だ。そして、お前の需要にも合致している

ジャロルの屋敷に侵入する

正面玄関か地下通路を使用して、ジャロルの屋敷に侵入しましょう。

ジャロルの屋敷
ゴールドコーストの温暖な気候により、第二帝国時代にはシロディールの貴族が別荘を建てることが流行した。そのため、この地にはインペリアルの邸宅が散在していて、一部はとても大きい。

屋敷に侵入した後、机に置かれているメモを調べましょう。

総督からの手紙

親愛なるジャロル卿へ

次に会うのを楽しみにしています。一緒に仕事をすることは常に私の喜びであり、極秘会談のために屋敷の地下にある秘密部屋の使用許可を与えてくれたことに非常に感謝しています。

我々の客は変わった方法ですぐに現地に到着します。彼らをしっかりと歓迎し、私が行くまで彼らの求めには必ず応じるようにしてください。私はもちろん、適度に遅れて到着する予定です!

それから私が到着する前に、カロラス伯爵と大司教がお互いに首を絞め合わないよう、しっかりと見張っていてください。我々には重要な取引があり、両者には目の前にある問題に集中してもらわなければなりません。彼らがお互いを絶えず中傷している様子を見ると、私には彼らがクヴァッチを一体どうしたいのか分かりません。

ああ、それと地下に来る時に、そちらの屋敷にある一番良いワインを持ってきてくれませんか? いずれにしてもその前を通るわけですし。

地方総督フォーチュナタ

請負業者のメモ

警備主任ペレタスへ

ジャロル卿に頼まれていた機械の取り付けが終わった。屋敷の階下に繋がる通路は封印し、私のやり方で鍵を掛けておいた。以下に通路の使い方を明記しておいた。信用できる者にだけこの情報を伝えてくれ。

本物にそっくりな偽物のワイン樽を3つ作った。1つが通路を隠しており、他の2つはそれを開くために使用する。

この仕掛けを解除するには、まずこの大樽を見つけなければならない。ランターンの一番近くにあるのが偽物の大樽だ。大樽を開くには、大樽を2回ずつ叩く必要がある。2つの大樽を2回ずつだ。一番頭の悪い衛兵でもこれなら覚えられるはずだ。

ここまでの手順をしっかり守れば、3つめの大樽からカチっという音が聞こえてくるはずだ。3つ目の大樽は西の壁にあり、それが古い通路を塞いでいる。しばらく開いたままになった後、自動的に閉じるようになっている。カチっという音が聞こえてこなければ、それは私の仕掛けが壊れているのではなく、お前がやり方を間違えているだけだ。

以上
発明と錠前の奇才ベルランデ

追伸。手順を覚えたらこの手紙は燃やしてくれ。前の客のように食堂には掲示するな。そんなことをすれば全部台無しだ。

偽の大樽の仕掛けを解除して、隠し通路に侵入しましょう。

探索を進めると、クインタス・ジャロル卿たちの会話が聞こえてきます。

天井部で会話しているクインタス・ジャロル卿たち
フォーチュナタ・アプドゥガル総督
フォーチュナタ・アプドゥガル総督

クインタス。会合のために安全な場所を用意してもらったのはありがたいけど、その恰好、もう少しなんとかならなかったの?

クインタス・ジャロル卿
クインタス・ジャロル卿

申し訳ありません、フォーチュナタ総督。ですが、ヴァレンの壁の南にここより安全な場所はないのです。ダニもいることですし

カロラス・アクィラリオス伯爵
カロラス・アクィラリオス伯爵

そうかな、フォーチュナタ。お前にはお似合いじゃないか

フォーチュナタ・アプドゥガル総督
フォーチュナタ・アプドゥガル総督

目上の者に対する口のきき方ではないわね、カロラス伯爵。そういえば、いつになったらクヴァッチを正当な支配者に引き渡すのかしら? あんたじゃ民衆が余りにかわいそうよ

クインタス・ジャロル卿
クインタス・ジャロル卿

お二人とも、お控えください! 我々には、より切迫した問題が!

フォーチュナタ・アプドゥガル総督
フォーチュナタ・アプドゥガル総督

控えなさい、クインタス。そんな口のきき方は許さない。でも、確かにそうね。闇の一党の勢力が強まり、私たちの築いたものを脅かしている

探索を進めると、クインタス・ジャロル卿たちの会話が聞こえてきます。

クインタス・ジャロル卿
クインタス・ジャロル卿

言い忘れておりました。大司教がよろしくと。大聖堂の件でクヴァッチを離れられないそうです。ここで決まったことは何であれ、支持すると

フォーチュナタ・アプドゥガル総督
フォーチュナタ・アプドゥガル総督

アンヴィルの手綱はしっかり握っているけど、あんたは司祭どもをクヴァッチで好き放題させてるようね

カロラス・アクィラリオス伯爵
カロラス・アクィラリオス伯爵

私は統治し、アルトリウスは信仰と大聖堂を守る時の騎士団を管理している。殺人者が捕まるまで、クヴァッチの警備を許したのだ

クインタス・ジャロル卿
クインタス・ジャロル卿

これまでの犠牲者は、闇の一党の疑いがあるのでは? 手出しせずとも、殺人犯が我々の問題を片づけてくれると思うのですが

カロラス・アクィラリオス伯爵
カロラス・アクィラリオス伯爵

自警団もどきが私の街を好き勝手にうろつくのを許すわけにはいかん。だから、アルトリウスに時の騎士団の権限拡大を許した

フォーチュナタ・アプドゥガル総督
フォーチュナタ・アプドゥガル総督

状況を分かってなければ、あんたとアルトリウスは軍隊を編成してるんだと勘繰るところよ。心配した方がいいのかしら?

探索を進めると、クインタス・ジャロル卿たちの会話が聞こえてきます。

クインタス・ジャロル卿
クインタス・ジャロル卿

カロラス伯爵、約束してください。この問題が解決し次第、騎士団は大聖堂に引き返すと

カロラス・アクィラリオス伯爵
カロラス・アクィラリオス伯爵

大司教は約束してくれた。私も約束しよう

フォーチュナタ・アプドゥガル総督
フォーチュナタ・アプドゥガル総督

で、この二人を信じるべきなのかしら? 教団が迫って来た時、そんな約束にどんな意味があるの?

カロラス・アクィラリオス伯爵
カロラス・アクィラリオス伯爵

そんなことはないぞ、フォーチュナタ。私たちはお前のように野心的で非情ではない

フォーチュナタ・アプドゥガル総督
フォーチュナタ・アプドゥガル総督

聖職者とはいえ、アルトリウスも人間よ。普通の男と同じような欲求も欲望も抱えている

コマンダー・ペレッタス
コマンダー・ペレッタス

クインタス卿! 侵入者が屋敷に入り込みました。皆様、すぐにご移動ください!

クインタス・ジャロル卿
クインタス・ジャロル卿

心配無用。どのような事態にも備えてある。指揮官、広間を封鎖しろ。誰にも後を追わせるな!

コマンダー・ペレッタス
コマンダー・ペレッタス

ハッ! 心得ております!

探索を進めると、クインタス・ジャロル卿を発見します。

クインタス・ジャロル卿
クインタス・ジャロル卿

よくやった、兵士たち! 総督と伯爵は安全に旅立った

姿を見せろ、アサシン! それともお前は闇討ちが得意な、闇の一党の臆病者なのか?

クインタス・ジャロル卿を倒しましょう。

※悲痛の短剣で暗殺するか、あるいは正面から堂々と倒すこともできます。
悲痛の短剣で暗殺した場合、クエストの報酬が増加します。

クインタス・ジャロル卿に存在を気付かれた場合

クインタス・ジャロル卿が発言します。

クインタス・ジャロル卿
クインタス・ジャロル卿

アサシンだ! 衛兵、私を守れ!

伝えし者テレヌスに報告する

クインタス・ジャロル卿を倒した後、アンヴィル灯台にいる伝えし者テレヌスに報告しましょう。

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

クインタス・ジャロルが死んだことは知っている。闇の一党はあらゆるところに目を持っている

よくやってくれた。契約は成立し、血をもって署名がなされた。姉妹よ、家族にようこそ

実力を示すためにすべきことはこれだけか?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

お前のことは長い間見てきた。貴族を殺したのは、単に契約を成立させたに過ぎん。これから、自分の兄弟や姉妹と会ってもらう

お前を聖域へ送ろう。ちょっとした隠れ家だ。故郷でもあり、追加任務が発生する場でもある

聖域はどこにある?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

遠くはない。ゴールドコーストに呼んだのはそのためだ。ここには達成すべき仕事がたくさんあって、お前は関わることになる

お前の新たな家は北方の、ヴァレンの壁の下に隠されている。そこへ行って、黒い扉を開けるのだ

黒い扉?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

黒い扉は、「恐怖はどんな味だ?」という問題を出す。それに対して「抜群だ」と答えろ。そうすれば聖域が開かれる

中に入ったらアスタラを探し出せ。彼女から説明が追加されるだろう

他にも聖域が?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

もちろんだ。闇の一党が結成されて以来、我々の影はタムリエル全土に広がり続けている。ただ、全ての聖域が上手くいったわけではないし、思うように制御できていない地域もある

理解できない

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

お前には関係ないことだ。だがヴァーデンフェルは今でも… 厄介な存在だ

それでもゴールドコーストは、我々に有益な機会を提供してくれる。ここであれば、闇の一党の新たな世代のため、確固たる地盤を作り上げられる

なぜ伝えし者と呼ばれている?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

私は夜母の声だ。夜母はその望みを聞こえし者に伝え、聞こえし者は実行するため、黒き手である四人の伝えし者の一人に伝える

黒き手?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

黒き手は媒介者だ。夜母は黒き手を通して闇の一党を治めている。聞こえし者一人と伝えし者四人で構成されている。四本の指と一本の親指だ。それ以上でも以下でもない

聖域の監視も黒き手の仕事の一つだ

椅子に座っている女性に何があった?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

大したことではない。やるべきことをやっただけだ。短剣は常に研いでおかねばならん

彼女の家族はある書類を持っていた。そこには闇の一党の汚点となるようなことが書かれていた

つまり汚点を隠蔽するために殺したのか?

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

闇の一党はそうつまらない存在ではないが、我々には果たさなければならない責務がある

彼女には最も素晴らしい贈り物、安らぎを与えた。お前がジャロル卿に送ったものと同じだ。お前は仕事を終わらせる前に、もっと贈り物を届けることになるだろう

もう一度、伝えし者テレヌスと会話しましょう。

伝えし者テレヌス
伝えし者テレヌス

聖域を見つけ、黒い扉を開け。兄弟と姉妹が両手を広げてお前を迎えるだろう

お前の成長に期待している。改めて、家族へようこそ

闇の一党の聖域に入る

闇の一党の聖域の入口を調べると、黒い扉が語りかけてきます。

黒い扉
黒い扉

恐怖はどんな味だ?

抜群だ

黒い扉
黒い扉

よくぞ戻った

闇の一党の聖域の入りましょう。

闇の一党
闇の一党の聖域内部を見た者は少ない。生き延びて語れる者はさらに少ない。

聖域にいるアスタラ・カエレリウスと会話しましょう。

アスタラ・カエレリウス
アスタラ・カエレリウス

あなたが新人ね。あなたが来ることは、伝えし者から聞いているわ

私はこの聖域の統括せし者よ。疑問を抱かずに私に従えば、きっと仲良くやっていけるわ

もちろんだ

悲痛の短剣を使用して、クインタス・ジャロル卿を倒した場合

クエスト報酬:未確認のシシスの接触の武器(紫等級)・闇の一党スキル経験値+20

アスタラ・カエレリウス
アスタラ・カエレリウス

それから、これを持っていきなさい、闇の一党が身につける暗影の鎧よ。あなたはもう家族の一員だもの。相応しい格好をした方がいい。それから、悲痛の短剣も見事に扱ったわね。これも持っていって

あなたには期待してるわ

クエストを完了する。

悲痛の短剣を使用しないで、クインタス・ジャロル卿を倒した場合

クエスト報酬:未確認のシシスの接触の武器(青等級)・闇の一党スキル経験値+10 減免の布告

アスタラ・カエレリウス
アスタラ・カエレリウス

それから、これを持っていきなさい、闇の一党が身につける暗影の鎧よ。あなたはもう家族の一員だもの。相応しい格好をした方がいい

いい働きをすれば、闇の一党の中で昇進できる。期待に応えてくれると信じているわ

クエストを完了する。

関連資料

ジャロル卿の深い考え

今夜また彼女がくるが、私的な訪問ではない。共通の問題について話す会談だ。彼女のような女性は「共通の問題」など気にする必要もないが、少なくとも私の助力を喜んで受けてくれる。

今夜は海賊のサッシュをしてくるだろうか。彼女にはとても似合う。フォーチュナタに航海の雰囲気を纏わせ、思わず手を貸して甲板を掃除したくなる(ああ、これはいいな! 次の会話で使ってみよう)。

こんな考えに囚われる時は、いつもテラスから海を眺めてやり過ごす。ワインも役目を果たしてくれる。

仕事が終わったら、フォーチュナタを少し長くとどまるよう説得して見よう。最高のヴィンテージを開け、ここに彼女を連れてきて、景色を眺めながら一緒に飲むんだ。

ウィサードローズへの手紙

親愛なるラディア

ご機嫌はいかがだろうか、我が親愛なる、麗しき婦人よ。ウィサードローズでの事業が改善したことを願っている。私はあなたの素敵な宿での戯れをいつも楽しんできたが、この地域で近頃、旅行が下火になりつつあることは理解している。かつてあなたのつつましやかな家に詰め掛けていた訪問者たちも少なくなり、さぞかし辛いことだろう。

だが、心配しないでもらいたい! もうあなたはよくご存じのことと思うが、私は約束を守る男だ。あなたのところの建物の下にあり、私の地所の地下へと通じているトンネルを引き続き使わせてもらうことと引き換えに、私はあなたにたっぷりと補助金を支払いたい。我が祖父とあなたの祖父が、かつてあのトンネルを使ってアンヴィルに品物を密輸入していたなどと、誰が知っていただろう? 我々が古い家業を続けることを決めたのは、実に幸運なことだったと思う

それと、気にしているようだといけないので言っておくと、私は総督と海賊との協定を延長したので、安心してくれたまえ。あなたがトンネルのことを秘密に保っておき、同業者たちにいつでも使えるようにしておいてくれる限り、金は入り続けるだろう。それから、クモの侵入をどうにかできないか検討を願いたい。前回通過した際、海賊たちが文句をつけてきたのだ。

それからあなたの美しい娘に、私が彼女のことを気にしていたと伝えていただきたい。ルシニアは素晴らしく魅力的な女性に成長しつつある。どうだろう。近い未来の彼女の予定について、また一つ約束を取り付けるというのは。それがいい。

クインタス・ジャロル卿

特別な指示

2日後、真夜中に鐘の音が鳴ったらお前は持ち場を離れる。そして10分経つまで戻らない。やり方を間違えるな、間違えたら大変なことになるぞ。金はいつもの場所においてある。

忘れるなよ。こうすることが皆の利益になるんだ。私との誓いを破ろうだなんて考えるなよ。お前の子供には無事でいてもらいたいんだ。

分かったな。2日後、真夜中、10分経つまでだ。計画を台無しにするなよ。

黒き手

市井の歴史家、ジョーン・アリニー著

闇の一党としてのみ知られる地下組織の詳しい調査は、長く困難なものだった。だが何年もの研究、数えきれない面談、そして幸運に恵まれて、ついに殺人教団の指導組織を突き止めた。悪名高い黒き手だ。以下の記述は理論と憶測で補強されているものの、私が作り上げた概要に基づく分析結果は、事実に基づき間違っていない。

闇の一党のアサシンに命令する力を持っているのは、黒き手と呼ばれる一団だ。一般的な手と同じく、そのグループは5人の構成員からなる。4本の指と親指だ。指に相当する構成員は伝えし者と呼ばれ、親指に相当する構成員は聞こえし者と呼ばれる。称号と位階はこの教団に入っていない人間には馬鹿げて聞こえるが、アサシンは彼らの言葉を非常に真剣に受け止めている。

ここで、より不思議な概念を説明しなければならない。信じ難く、下位のアサシンを制御するために用いられる伝説のようにも聞こえるが、私が明らかにした限り、教団はこの概念を固守している。 ほぼ神格化された影の女族長、闇の女、またの名を夜母と言われる存在が、闇の一党を率いているという。どうやら、闇の女を見た者はいないようだ。かわりに彼女は聞こえし者にささやいて命令し、聞こえし者は伝えし者を1人選んで命令を伝える。そして、ほとんどの命令は殺人に関係している。

聞こえし者は何を聞くのか? 詳細は分からないが、知識に基づいて推測すれば、顧客から闇の女に依頼された殺す対象の名前か目標だと推測できるだろう。聞こえし者はこの情報を伝えし者の1人に渡し、この伝えし者が個人の一存で実行犯となるアサシンを選ぶか、または下位の部下に情報を伝えて任務を授ける。

私が知る限り、アサシンは1ヶ所に集まらない。この教団はその構成員をヘヴン、聖域、避難所、アサシンポートなどとして知られる、小さく自給自足した集団に分けている。ここでも情報はしばしば変動し、相反することさえあるが、様々な情報の中から真実を理解するため私は最善を尽くした。特定の地域からアサシンを広く放つために作られたと見られるこうした安息所の指導者たちは、卿、統括せし者などと呼ばれる(ある文献では未亡人と呼ばれているが、私の研究の中ではこの他の呼称のほうがより一般的である)。伝えし者は部下に命令を伝え、行動を起こすアサシンを選ばせることができる。

最終的に、私はそれぞれの伝えし者が個々のアサシンに命令を下すことがあると突き止めた。おそらくは本当に特別な任務のためだと推測する。個々のアサシンが手首や指の関節といった体の一部と考えられているのかどうかははっきり言えないが、黙りし者、静かなりし者、または奪いし者という称号が与えられている可能性があることがわかった。威圧的で、馬鹿げた名前でもある。彼らは他に類を見ない最上の殺し屋と考えられている。黒き手の構成員となっているかどうかについては確証は得られず、また彼らがどのように命令を受けとるのかという情報も見つからなかった。

闇の一党。黒き手。おかしな殺し屋の教団としては芝居がかった名前だ。だが、殺し屋に変わりはない。

物語補足

宿屋「ウィサードローズ」の外にいるルシニア・ローズと話すと、宿屋について話を聞けます。

ルシニア・ローズ
ルシニア・ローズ
  • 景気は良くなってきたし、母さんも満足してる! みんなあの素敵なジャロル卿のおかげ。あの人はいつも辛抱強く、優しくしてくれる
  • 宿は戦の前みたいに忙しくはないけど、母さんとあたしでなんとかやってるわ
  • この宿は家族で何世代もやってきたの。でも続けていくのは本当に大変よ。母さんが死んだら、売ってダガーフォールに移り住むつもりよ
    やだ! 母さんには内緒にしといてよね! きっと激怒するわ

次回クエスト

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました