スポンサーリンク
書籍

シャザハの日記

黄昏の月22日

父はシャザハに見るなと言ったけど、見てしまった。

荷車一杯にカジートの死体が積まれていた。そのうち1人はこの者のために市場から飴を盗んできて、毛皮がきれいだねと言ってくれたパフズバルだった。シャザハは何と言えばいいか分からなくて、逃げてしまった。あと1つ飴が残っていたから、埋葬のため彼の手に握らせてあげたいけど、父は荷車に近づかせてくれない。

ありがとうと言えなくて残念だ。この病気がここに来ているのは悲しいけど、父と友人たちが頑張って対処している。シャザハも手伝うつもりだけど、まだ勉強中だ。

黄昏の月23日

父は恐れることはないと言うが、ニエンは誰の意見も聞かないで野菜を煮た。彼女は寝る前、シャザハに物語を聞かせてくれたし、優しかった。みんな、シャザハには分からないと思っている。シャザハはただの子猫だと。でも私には分かっている。変なことをするのは、悪いことが起きているからだ。

市場で燃えている火は、この者が炎の呪文で火傷した時のような匂いがする。それにあの火はもう何日も消えていない。

黄昏の月24日

父は今朝、金持ちの貴族の1人と話をした。みんなはシャザハが眠っていると思っていたみたいだけど、実は起きて耳を澄ましていた。金持ち貴族はこの地区の封鎖を望んでいるけど、父はまだ助けが必要な病人がいると言っている。長い間議論していた。

黄昏の月25日

父は私たちの野営地を門の近くに移した。金持ち貴族たちが帰らせてくれない。市場は全部焼かれて、人々は通りをうろついている。ものすごい数の病人。少し前、女の人がどこかの家の外で叫んで扉を叩いたけど、入れてもらえなかった。もうすぐ太陽が沈むのに、あの人が階段のそばに座っているのが見える。エデルインは彼女を助けに行ったけど、腹を立てた様子で戻ってきた。

ラネロルとソレリルの容態もよくない。父は明日、彼らを休ませることにした。

黄昏の月26日

父が一つ咳をしたけど、シャザハに水を取りに行かせてくれない。エデルインはその代わりに勉強のための新しい本を何冊かくれたけど、集中できない。空気はひどい臭いがするし、煙で息が詰まりそう。

軍隊が来るという話がある。父が薬を配るのを助けてくれるといいと思う。

ラネロルは今日の午後、父と話した後に出て行った。もう遅いのに、まだ戻ってこない。遠くの方の金持ち貴族の門の辺りで、叫び声が何度も上がった。シャザハは怖くなってきた。

黄昏の月27日

父とニエンは今朝、ソレリルを布に包んだ。彼女の皮膚は荒れて、発疹だらけだった。父の咳も悪化している。昼過ぎ、父はエデルインと話し合っていた。私の名前を口にしているのが聞こえた。

今では、通りに多くの死体が転がっている。グロソルとラリオンが前は死体を回収していたけど、やめてしまった。今、彼らは金持ち貴族たちに助けを求めに行った。

ニエンは今日、私たちのために食料を探そうともしなかった。あったのは沸騰させた肉汁だけで、この者はすごくお腹が減っているけど、残しておいたものをこっそり父にあげた。とても疲れているみたいだったから。

黄昏の月28日

ニエンがいなくなった。昨日の夜に去って行った。この者は寂しい。彼女は夜中に誰も聞いていないと思って、よく歌を歌った。でもこの者はいつも聞いていた。これでもうエデルインと父だけだ。シャザハは急に姉妹と母にすごく会いたくなった。ここはとても寂しい。みんな病気で、怒っている。今日の午後、野営地に誰かが来て、父から物を盗もうとした。エデルインはナイフで追い払わなければならなかった。

父はもうこの者に会ってくれなくなった。エデルインは、私たちが母を探すために出て行かなければならないと言う。こんな風に父を置いていくなんておかしい。具合が悪いのに!

エデルインがもう来る。残って手伝うように要求するつもり。出て行くのが運命だと父に言われても関係ない。

くだらない運命なんかより、父のほうがずっと大切だ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました