書籍

偵察報告書:隠れ家

ファレン・ダー―

プロとしての仕事は毎日目にできるものではない。
隠れ家を巡回している「悪漢」はそうした例外だ。

ここの宝物を追っているのなら、何より重要なのは気づかれないことだ。
絶対に。
侵入者の気配がしただけでも、占有者は品をさっと運び出すだろう。

すなわち、秘密の通路を活用することだ。
そこの警護は緩めで、状況がヤバくなったら「時期をうかがう」には良い場所だから。

―O

コメント

タイトルとURLをコピーしました