書籍

星霜の書の考察

ウィンターホールド大学、セプティマス・シグナス著

最高級の布地の恵みがよく見える、波の下で暮らす生活を想像してみよ。えらを覆う布を抱き、その縦糸と横糸を吸い込み始めるだろう。植物の繊維は魂に染みわたるが、卑しいプランクトンは予言を悪臭で満たすまで布を汚すだろう。これは書が最初に起こった1つの方法だが、我々は海なのか、呼吸をするものなのか、もしくは布なのだろうか? それとも我々自体が息吹なのだろうか?

知識が流れるように我々は書を通って流れ、水になるのだろうか。それとも先端に集まる海の汚れの沼地にはまっているのだろうか?

再び想像せよ。だが今回は違う。風の流れに乗っている鳥は突風に押し上げられ、石で打ち落とされる。しかし鳥がひっくり返れば、石は天から降ってくることがある。それなら突風はどこから来たのだろうか? それにどの方向から来たのだろう? 神が石も突風も仕向けたのか、それとも鳥が自分でそれらの存在を運命づけるのだろうか?

全能の書は、相対的位置を絶対的な最高の位置に変えるような転換を生みだす。

今一度、想像せよ。今回あなたは地面の下にいる。森の善意あるエルフの乙女が遊びで植えた小さなドングリだ。育ってほしいと願う一方、どんな姿になるのか心配でもある。そして水、土、太陽を弾き飛ばし穴にこもる。だが、これは木に成長するときの息みなのである。どのようにして起こったのだろうか?

この場合、ドングリは木の卵のようなものであり、知識は水と太陽なのだ。我々は卵の中の鳥だが、土でもある。書から得る知識は、自身が完全な視界を得るためのものだ。

今までの知ったことから心を閉ざす前に、最後の想像だ。あなたは今、果てしない空虚の中で燃え盛る青い炎である。仲間を見るうちに、彼らは遠くであなたの側に沿って自ら燃え上がる。小さな細い先の海であり、記憶の集合なのだ。それぞれが明るく燃え、徐々に消えていく。空虚が思考を吸い取る腐った光で満たされないよう、2つは位置を占めるが永遠には占めない。

我々のどの心も実際は空虚である。そして書から学ぶことは精密に定められている。突き刺すような光がなければ、空虚がそれ自身気づかないようにその空虚に気がつくこともなく、私の意識は果てしない無となるだろう。しかし、この炎は危険であり、慎重に扱われ、自身の元にもたらされ、仲間へと広がらなくてはならない。

(聖蚕会の修道士クインタス・ネレベルスのメモ: 蔵書庫のルネンの書の後ろで見つかった。長くそこにあったことは間違いないが、発行日付は「第四紀195年」 となっていた。これは明らかに記述ミスと思われる)

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました