書籍

王の使者の最期

マルク卿へ

エメリック上級王の王の使者は死んだ。
移送中に起こったことだ。
壁が崩れ、使者はトロールに掴まれた。
何が起こったか把握できる前に死んでいた。

上級王がオークにオルシニウムを再建させるなど大きな嘘に思えるが、どれだけ問い詰めても使者は同じことしか言わなかった。
使者が死んだ今、我々が立派に仕事を終えられる希望はないのだろうか?

我々に希望はあるのだろうか?

永遠の警戒を
エマス卿

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました