スポンサーリンク
書籍

狩りの儀式

私は蔵書庫を守る者。デイゴン卿の知識の番人にして確信の塔の番人。

私は力を宿す。メエルーンズ・デイゴンに授けられた贈り物。知識を吸収する力。一度源を消化すれば、私の存在の一部となる。

私は源を狩る。あらゆる源を。全ての知識を。私は聡明になる。よりよい守護者となる。守るべきものを理解する。

私には代価がある。我が主は契約を好む。一度標的を定めれば他のものはない。誓いを果たすまで、私が造り出した血、魂、魔法のオーブが唯一のものとなる。それからまた他を探そう。

この代価を受け入れよう。失敗は許されない。私は全てを知り尽くす。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました