スポンサーリンク
クエスト

遺跡からの強奪

ESO北エルスウェア > デイリークエスト

前回クエスト

物語内容

ニスジと話す

リンメンにいるニスジと会話しましょう。

ニスジ
ニスジ
  • ニスジにはお金がある。仕事を頼まれてくれない? まっとうな支払いを得られる、まっとうな仕事よ
  • まともな仕事を探してるの? まともに見える仕事でもいい? 頼みたいことがあるの

何をすればいい?

ニスジ
ニスジ

バーン・ダルは狡猾で素早く、何より賢明であれと教えてる。賢明っていうのは、先を見通すこと。未来を覗くことにかけては、バーンダリの占い師が一番よ

月は多くのことを教えてくれるけど、月の真実を聞くには宝石や護符が必要なの

宝石や護符?

ニスジ
ニスジ

そう、魔法の小物よ! ニスジは見つかる場所を知ってるわ

不名誉の家という、アンデッドだらけの崩れた聖堂を探して。アンデッドを目覚めさせた何者かが、多くのお守りを残していった。3つくらい持ってきてくれたら、とても嬉しいわ!

わかった。魔法の小物を3つ探して持ち帰ろう

ニスジ
ニスジ
  • この者はあなたの支援に感謝するわ。分別にもね
    仕事を終えたらすぐに戻ってきて!
  • さあ、行って。急いで! 早く済めば、報酬もすぐ手に入るわよ

不名誉の家について知っていることは?

ニスジ
ニスジ

え? ほとんど知らないわ。あの遺跡は乾いた糞や酸っぱい肉の臭いがするの。めったに行くことはない

カジートは死霊術を特に嫌ってる訳じゃない。他の魔法と同じ扱いよ。でもニスジに言わせれば、死霊術って本当にゾッとする

他にそういう小物を見つけられる場所はないのか?

ニスジ
ニスジ

ないわ。他のバーンダリや馬鹿な魔術師が、古い遺跡からほとんどすべてを剥ぎ取ってしまった。つまり私たちは、危険が残る場所に行くってことよ。まあ… 行くのはあなただけども

危険だってことは、その分報酬が大きいってことでしょ?

不名誉の家で魔法の小物を探す

不名誉の家に行き、古代の壺に入っている魔法の小物を3つ収集しましょう。

古代の壺
魔法の小物

この古代の護符には埃が厚く積もり、腐食が進んでいるが、持っているだけで平和で明晰な感覚を得られる

ニスジに報告する

リンメンにいるニスジと会話しましょう。

ニスジ
ニスジ
  • お帰りなさい、歩き手! 仕事は無事終えたの?
  • 輝く月にかけて、戻ったのね!
    任務は果たせた? こっそり教えて

小物を持ってきた

ニスジ
ニスジ

ああ、ありがとう! 早くちょうだい。ずっと持ってると眠くなるわよ。ニスジはお守りをシハダおばさんから盗んだ… じゃなくて借りた時、身をもって体験したんだから

さあ、約束通りこれが報酬よ! バーン・ダルと共に歩んでね!

クエストを完了する。

クエスト報酬

  • 経験値(極大)
  • ゴールド(極大)
  • エルスウェアのデイリー報酬貴品箱
エルスウェアのデイリー報酬貴品箱

エルスウェアでデイリージョブ任務を達成したことにより、月の司祭からの報酬。

開封すると以下のアイテムの中からランダムに入手します。

  • 明滅の砂(アネクイナスタイルのクラフト材料)
  • 北エルスウェアのセット装備(墓掘りの呼び声、ダルロック・ブレイ狡猾なるアルフィク
  • クラフトモチーフ73:アネクイナ

物語補足

ニスジについて聞く

ニスジと会話しましょう。

それで、誰だって?

ニスジ
ニスジ

ああ、この者の名前はニスジよ。商人、占い師、音楽家、仕立師… 軽業師もやってる。バーンダリは、どんな職業にも楽しみを見つけるのよ!

バーンダリ?

ニスジ
ニスジ

ええ! 盗賊と亡命者の父、バーン・ダルのさすらう子供よ

カジートの多くは街や都市に安らぎを見出してるけど、私たちは違う。旅が好きなのよ。母さんが言うように、車輪のついてない家なんて高価な棺桶に過ぎないわ

荷馬車をここに止めても、ここの人々は気にしないのか?

ニスジ
ニスジ

いいえ! もちろん気にしてるわよ!

家に生まれたカジートは、私たちを見下すの。野良、放浪者、盗賊と呼ぶ。でも私たちは気にしない。ニスジが言ったように、バーン・ダルはのけ者と追放者を愛してる。その愛さえあれば、他には何も要らないの!

家に生まれたカジートとうまくやっていけないなら、なぜここにいる?

ニスジ
ニスジ

もちろん、あなたたちのためよ! 冒険者はリンメンに集まって、売り買いをするでしょう? 私のクランに仕事があった場合も、仕事をする人がいる場所に行くべきよ

これまでのところ、衛兵は私たちを放っておいてくれた。いつまで続くかは様子を見ないとね?

関連クエスト

関連リンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました