スポンサーリンク
書籍

手掛かりの回収

クインタスがかつて帝国図書館を歩くことが許されていたとは驚きだ。あいつの地所に残っていた記録の数を信じるなら、クインタスはシロディールの銀行並みに借りたら返さない奴だったらしい。相続の件を片づけた後も、誰も回収に来なかった。だから今では私のものだ。

* * *
この埃だらけの箱の山の中には、世界中のどこよりもドゥエマーについての情報があるかもしれない。本をかき回して何年でも過ごせそうだが、クインタスがヴォレンフェルへの探検以前の数ヶ月、何をしていたのか興味がある。

* * *
クインタスは本当に私がいないと何もできない奴だった。「ガーディアン・アイ」についてのメモに、私が知らないことは何も書いていない。これが最後の手掛かりだったのに。

* * *
数ヶ月クインタスの難解な考察を調べたのは、完全に無駄ではなかった。私があいつに強制して「ガーディアン・アイ」を入手させる前に、それよりもさらに歴史コミュニティを震撼させる可能性を秘めたアーティファクト、狂気の岩についての情報を集めていたのだ。

* * *
憤怒の石だ。クインタスの翻訳が雑だった。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました