スポンサーリンク
書籍

適切な鞭打ちの手順

どう考えても、なぜ事態がこのようなことになったのかわからない。このメモを読んで深く反省し、上級教官からの酷評を受け入れること。このリストにある項目のいずれかでも行ったなら、教官トガラス・ヴァノのもとに出向いて再教育を受けるように。

- 授業を始める前に、対象を確実に指定された線の中でひざまずかせること。不適切に滴った血で足を滑らすことにはもう耐えられない。
- 鞭が木の幹の割れるようなピシッとした音を立てない場合は、握り方が間違っている。
- 対象に支配権を握られるのなら、お前にはデイゴン卿に仕える資格がない。
- 対象の骨が見えるようにしてしまったら、それは失敗だ。
- 最後に、鞭を使う予定があるなら、授業の後は必ず適切な場所に戻すこと。他の者をデイゴンのもとへ案内できる時に、鞭を探して時間を無駄にするのはうんざりだ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました