書籍

オークの古いことわざ:盾

これはオークの知恵の言葉を集めたものであり、第二紀の初めに36年間オークと暮らしたロアルド・ケンウェイによって記録されたものである。

1. 敵の盾を破壊するときは、破片に気をつけろ。

2. 肋骨が砕けるよりは盾が砕けるほうがましだ。

3. 魔導士を殴るには盾がいい。だが、こん棒ならもっといい

4. 盾に矢がたくさん刺さっても、顔に刺さるよりはましだ。

5. 盾の壁は、石の要塞のごとく動かない。

6. 斧は切るために。盾は防ぐために。

7. 戦士の剣は多くの命を奪うが、その盾は1つの命を守る。

8. 壊れた盾は守りが薄い。

9. 盾を敵の血で染めろ。

10. 強い盾は攻撃する者の心を折る。

11. 盾は皿として使いにくいし、皿も盾として使いにくい。

12. 1つ盾を持っていれば大きな価値があるが、2つ盾を持っていてもバカみたいだ。

13. 奴らは我らの盾を見て恐れるだろう。

14. 春には無傷の盾も、夏の終わりには壊れているだろう。

15. オーク戦士の愛するものは2つある。1つは剣、もう1つは盾だ。

16. 君のクランが持っている盾は、君だけだ。

17. 石塚の石の多くは、盾を持たずに戦闘に出た者だ。

18. 木製の盾でも、盾がないよりはましだ。

19. 敵が盾の後ろに隠れたら、足を切り落とせ。盾を下げたら、首を切り落とせ。

20. 盾を前に構えていれば、マラキャスがいつも味方してくれるだろう

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました