書籍

我がヒスイの姫へ捧げる頌歌

ボラサッドによるあるオークの愛の詩

我が愛しき者、我が愛しき剣、我が愛しき貴婦人よ。
あなたの柄頭は、装甲手袋のように我が手にしっくりなじむ!

我らが楽しみを決して退屈なものにしないことを約束する
彼の頭蓋骨を砕いたときでも!

我が貴婦人の姿は、大理石を刻んだ像のよう、
一目見ただけで、情欲に満たされる。

我が愛の剣は、鋭くしてはならない、
カーテンの暗がりで我らが抱き締め合うときは!

あなたの切なる愛がそばにある限り、
我が心が恐怖の感触を知ることはない!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました