スポンサーリンク
書籍

ギルバードへのメモ

ギルバードへ

黒いローブを着た例の薄気味悪い連中を、さらに10人ベトニーに送り届けたぜ。オークたちには知られてないから安心しな。それにしても、お前さんの支払いはいいが、どうもあの連中は好きになれない。

奴らが死霊術師だってことは、誰が見たってわかる。死人を生き返らせるなんざ、まともな神経の持ち主なら嫌悪感を催すもんだが、ああいう手合いはかえって興奮するんだな。連中の1人が流行り病で全滅した一家を丸ごと掘り起こして、走りまわらせたって自慢してるのを聞いたことさえある。

こだわらないことにかけちゃ人後に落ちないつもりだが、それでも譲れない線ってもんがある。次の「荷」で最後にさせてもらうぜ。どんなに報酬が良かろうが関係ない。あいつらと目を合わせてみろ。次の瞬間にはお前さんのどてっぱらに短剣が刺さってるだろうよ。

連中をもっと呼び込みたいなら、アルドクロフトのペロクィンを当たってみな。奴なら選り好みはしないはずだ。

せいぜい気をつけな、兄弟。

- フェランド

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました