スポンサーリンク
書籍

新しい教団か、古代の宗教か?

新たなる月教団に関する調査
パーラッティーン学会、スレマ著

新たなる月教団の徴募官の出現は、この新興宗教に対する反応をセンシャルの人々に呼び起こしている。軽蔑するか考慮するかはそれぞれの地位と視点によって異なる。この者は異なる形でこの問題に取り組むことにした。新たなる月教団はドラゴンの怒りによる混沌から生まれた新しい教団なのだろうか。それとも、長い歴史を持つ古代の宗教が蘇ったものだろうか?

この者は徴募官と話すことができた。徴募官はその信仰の教義と信条について、生々しい詳細を喜んで教えてくれた。このカジートたちはジョーンとジョーデを認めているが、間もなく新たなる月が昇って、より明るく輝くようになると信じている。また救いへの道と力は新たなる月にあって、信仰深い者が切実に祈ったにもかかわらず、沈黙を守り距離をおく神々の崇拝にはないと信じている。

新たなる月教団は、明らかにドラゴンの出現により悪化している現在の困難な状況に苦しむ者たちに訴えかけようとしている。このため、彼らは主に貧しい者や住処を失った者を教団に引きつけてきた。この者の見るところ、教団は偽の約束と恐怖を勧誘の戦術として使っている。またドラゴンと戦うことよりも、ドラゴンを宥めることに熱心なようだ。とても興味深い。

この者は古代に活発だった、類似の集団に言及している資料を見つけた。そこでそもそもの疑問に立ち返る。新たなる月教団は最近組織された教団なのか、それとも復活の機会を待っていた、古代の宗教が復興したのだろうか? それを判断するためには、さらなる研究と調査が必要になるだろう

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました