スポンサーリンク
書籍

キャラクター特集 ナリルモル王

キャラクター特集とは、ESOの新コンテンツが配信される際に、新たに登場するキャラクターを紹介する為の、ESOの公式サイトで公開されているページです。

ナリルモル王は「マラタールの深淵」に登場するキャラクターです。

グウィリム大学の好意により提供されたチュルヘイン・フィーレによる未出版のアイレイドの王達に関する伝記から抜粋。

ガーラス・マラタールとその支配者であるナリルモル王は、アイレイド帝国内で長い間、例え話としても真実としても、西の導き手と考えられてきました。
ナリルモルは、彼の生涯と街をメリディア崇拝に捧げた、献身的なメリディアの信奉者でした。
彼の治世において、彼は、デイドラの第二王子である羽なしのウマリルのお気に入りだと考えられていました。
この主張を立証するための十分な証拠は存在しますが、その中で最も有力な証拠は、メリディアの消えることのない光によりガーラス・マラタールの上で輝き続けた大きな灯台でした。
それは導きの光として知られ、白金の塔と比較すればその大きさは少し見劣りすることもありますが、遠い距離からでも目視ができるほどの目印となるものでした。
アイレイドのキャプテンが言うところによれば、彼はヨクダからガーラス・マラタールまでその光だけで航海ができたそうです。

ナリルモル王の治世下で、ガーラス・マラタールは、国際的な港の街やアイレイド帝国の貿易拠点として栄えました。
この時代の多くの王達とは違い、「ハイウッドの洞窟」は、メリディアの法が適用されるという条件下で、恐怖心を起こさせる壁内にその隣国を迎え入れました。
ナリルモルの行為規範を破ることは重罪とされ、厳しく罰されましたが、偏見や例外無しに命令を下していたナリルモル王は、公平な支配者だと考えられてきました。
ナリルモルが下した厳正な審判に関して最も有名な例は、街に外交訪問中にメリディアに十分な敬意を示さなかった隣国の支配者に死刑判決を下したことでした。
彼のやり方には強硬な面もありましたが、全ての社会層においてその富と繁栄の恩恵を受けた国の人々によってナリルモル王は慕われ、彼の公正な協定と条約の条件は、他の国々の王達から敬意を集めました。
しかし、彼の治世の最後には、これらの協定の条約両方とも廃止されることとなりました。

アイレイド帝国の滅亡の象徴となった白金の塔の倒壊後、ナリルモル王は彼の王国の外で世界から身を隠し、国外から訪れるすべての人々に対し、ガーラス・マラタールの門は閉じられてしまいました。
残ったその他のアイレイド諸国は同盟を築き、アレッシアの反乱を抑えるというはかない希望のもとに戦争を始めましたが、ナリルモル王は口先だけで昔の仲間に賛同し、助けが必要な時に援助や避難所のどちらも貸し出すことはありませんでした。
そして多くのアイレイドの軍が彼の名を呪いながら戦争で倒れていきました。

アレッシアがこの街を破壊したためこのガーラス・マラタールの地は謎に包まれており、この困難な時代の中でガーラス・マラタールに何が起きたのかはまだ解明されていません。
壁の外に流れた情報は不安を増大させる一方であり、反乱軍に対する容赦ない鎮圧について教えてくれます。
街の破滅を起こしている包囲軍の一部によれば、ガーラス・マラタールが塵と化すまで何人たりともこの地に足を踏み入れてはならないそうです。
これが事実であれば、この街は紛争の渦中に埋もれてしまうか、破壊工作の最終局面に巻き込まれてしまうこととなります。
何が真実であろうとも、導きの光とナリルモル王の支配が消えた日から、その街の姿を見た者は誰もいません。

キャラクター特集 ー ナリルモル王

コメント

スポンサーリンク

エルダー・スクロールズ・オンライン(ESO)のクエスト

アルドメリ・ドミニオン
  • ケナーシズルースト
  • オーリドン
  • グラーウッド
  • グリーンシェイド
  • マラバル・トール
  • リーパーズ・マーチ
ダガーフォール・カバナント
  • ストロス・エムカイ
  • ベトニク
  • グレナンブラ
  • ストームヘヴン
  • リベンスパイアー
  • アリクル砂漠
  • バンコライ
エボンハート・パクト
  • ブリークロック
  • バル・フォイエン
  • ストーンフォール
  • デシャーン
  • シャドウフェン
  • イーストマーチ
  • リフト
DLC2
  • サマーセット
  • 北エルスウェア(エルスウェア)
  • 南エルスウェア(ドラゴンの大地)
  • 西スカイリム(グレイムーア)
  • マルカルス
  • ブラックウッド
  • デッドランド
タイトルとURLをコピーしました