書籍

キャラクター特集 鋭い矢のエヴェリ(オルシニウム)

キャラクター特集とは、ESOの新コンテンツが配信される際に、新たに登場するキャラクターを紹介する為の、ESOの公式サイトで公開されているページです。

鋭い矢のエヴェリは「オルシニウム」に登場するキャラクターです。

***

ラズム・ダーへ

この者は、頼まれていたことを一つ終えた。
私は鋭い矢のエヴェリとして知られているウッドエルフと合流し、オルシニウムのオークの街に向かって旅している。
ウッドエルフにとって、ロスガーの荒地で運命の行く末を探すことは、これとはない冒険になる。
彼女は、私が「女王の瞳」のうちの一人で、悪名高いラズム・ダーの盟友であることを疑う由もない。
しかし、あなたは私にこの真価の問われていない未熟者について何か発見してほしいと望んでいるが、それを私が理解することはないであろう。

単調直入に言わせてもらうと、ウッドエルフは子供同然だ。
私が知る限りでは、これが彼女にとってヴァレンウッドを出る初めての旅になる。
新しく生まれたライオンがその一群のリーダーシップを奪い合うように、彼女はクログ王からの呼びかけに応えようとしている。
この者はロスガーへの国境を一度越えると、彼女は一時間と長く続かないのではないかと疑っていた。
彼女は最初に起きる予想外の出来事で向きをかえてヴァレンウッドへと引き返すか、もしくは死んでしまうか。
それ以外に他の考えは浮かばなかった。

鋭い矢のエヴェリは純粋さと未熟さを醸し出している。
彼女は何も話さないが、大きな冒険へと出て英雄になろうとしている。
タムリエル中でも最も荒涼としていて、危険な場所へと向かう隊列に従順して参加していなかったら、彼女の単純さは可愛く見えただろう。
ことが遅くなる前に、この者は彼女に家に帰るよう伝えた。
しかし私には命じられていることがあるのだから、そうであってはいけないのだ。
私は観察し、そして報告するだけだ。
しかしラズム・ダーめ!
この若いエルフがあなたの炎の中で試されるに値しない。
彼女が手下になることを望んでいるのだろうが、しかし私が見たものは、彼女は興奮が高まるとその気性のコントロールが利かなくなってしまうことだ!

***

この者は、ウッドエルフについての考え方を変えなかったが、今日私が見たものは、考慮する余地を与えた。
あなたが聞きたかった報告はこういったものではないだろうか。
オルシニウムの街に向かう食料を満載にしたキャラバン、職人、オークの農民の護衛として、ロスガーの国境を越えてまだ1日あまりだ。
今日まで、旅にはなにも起きなかった。
レッドルーク山賊が私たちを攻撃しやすいとみて襲撃してきたのだ。
私が反応する前に、エヴェリはワゴンの上に飛び乗り、矢を次々と襲撃者に向けて打ち放った。
全員が標的となり彼女の矢を受けた。
攻撃が始まったと同時にすぐに終わり、傷ついた一群は転がるように早く逃げていった。

ウッドエルフは勇敢に振る舞ったが、危険が過ぎ去るや否や、彼女は青ざめじっと座りこんでしまった。
彼女は生きた敵にむかって矢を打ち込んだことで実際に気が滅入ってしまったのだろう!
そうだとしても、彼女は私が期待していた以上の行動を見せた。
おそらくあなたの言うとおり、私が疑っていた以上に、鋭い矢のエヴィルにはもっと期待できる。
今のところ、偉大なラズム・ダーに命令されたとおり、この者は観察を続けている。

ロスガーの女王の瞳、アロズライより

***

キャラクター特集 ー 鋭い矢のエヴェリ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました