書籍

マッド・ウルカズブルの氷の彫像

歴史が過去に追いやられることはない。
重要な出来事が起こるに伴い毎日作られる。
例えば、オーガの呪術師マッド・ウルカズブルの脅威について見てみよう。
このオーガの長老は残忍な獣の中で強いリーダーとして頭角を現し、ロスガー北部の荒野に小さな軍を編成した。

このいかれたオーガは屈強な仲間達を統率するだけでなく、雪と氷を操る魔法の持ち主であるという話が伝わっている。
そんな彼の目覚ましい能力の1つに、氷で自分の付呪複製を作りあげる力がある。
こうした彫像は最初子供の人形並みに小さいが、成長し、味方として戦ってくれるほど大きくなる。

現在の危機的状況を脱すれば、博物館は行事を祝うために喜んで氷の彫像を展示するだろう。
きちんと付呪する前に回収すると、彫像は小さく凍ったままになる。
ここ最近の危機的状況に対して絶好の遺物だ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました